フェラーリとランボルギーニのオーナーは客層が違うワケ

フェラーリとランボルギーニのオーナーは客層が違うワケ

 フェラーリとランボルギーニは、どちらも高級スーパーカーブランドとして世界にその名を馳せているのは言うまでもない。どちらも長い歴史を紡いできているのだが、奇妙なことに特に日本ではそのオーナー像がかなり違っているのだという。

 ベストカー本誌での連載「プリウス武井のスーパーカー劇場」の取材で、両ブランドのオーナーたちに広く顔がきく武井氏にその傾向をまとめてもらった。

文/武井寛史
写真/奥隅圭之、中島仁菜、平野 学、雨田芳明

【画像ギャラリー】ランボルギーニとフェラーリの特徴的な車両たちをチェック!(10枚)画像ギャラリー

■そもそもの根本的な違いとは何か?

 普段、クルマで走っていると、運転のしかたに属性があることに気づく。面白いもので、メーカーや車種による特長みたないモノがある。正確に統計を取ったわけではないけど、長年、強く感じていることだ。

 もちろん同じ車種に乗っている人がすべて同類ではないけど、例えば、とあるメーカーのクルマを選ぶ人は、交通の流れを考えずに「Going My way」でやたらゆっくり走っているのに、信号待ちで先頭に立つとGPのスタートよろしく青になった瞬間、フル加速したかと思うとまたゆっくり走る。いったい何がしたいのか理解できない。

 また、高速を走行中、前方がクリアなのに法定速度で追い越し車線を永遠と走り続け、走行車線で並びかけたクルマが現れると加速して抜かれないように運転したり……。さらにプリウスなんかも無法者ドライバーのレッテルが張られていて、SNS上では「今日のプリウス」というスレッドが立ち上がっているほどだ。普段、プリウスに乗っている私は間違いなくターゲットになっていることは否めない。

 実は、こうした属性はスーパーカーにも当てはまる。スーパーカーの代表といえば「フェラーリ」と「ランボルギーニ」だ。このふたつのメーカーに乗るオーナーにも根本的に違いがある。

■「フェラーリ」と「ランボルギーニ」に貼られるレッテルとは

スーパーカーを何台も所有している大富豪オーナーさんは、だいたい両メーカーの車両を持っている。フェラーリ、ランボルギーニとも、どちらも魅力的なモデルは買うというのは実に羨ましい
スーパーカーを何台も所有している大富豪オーナーさんは、だいたい両メーカーの車両を持っている。フェラーリ、ランボルギーニとも、どちらも魅力的なモデルは買うというのは実に羨ましい
ここではフェラーリとランボルギーニを好んで所有するオーナーの属性に焦点をあて、長年、スーパーカーオーナーに接してきた筆者ならではの主観で綴られる
ここではフェラーリとランボルギーニを好んで所有するオーナーの属性に焦点をあて、長年、スーパーカーオーナーに接してきた筆者ならではの主観で綴られる

 基本、スーパーカーを何台も所有している大富豪オーナーさんは、だいたい両メーカーの車両を持っている。フェラーリ、ランボルギーニとも、どちらも魅力的なモデルは買うという実に羨ましい方々だ。その人たちは今回の話題である属性とは少し違うステージにいる。

 また、投資目的でスーパーカーを購入する層も意外に多く、とりあえず限定モデルはすべて買い、プレミアがついた頃を見計らって売却して利益を得る。今はクルマは絵画や美術品と同様、投資物として世界的に認知されている。クルマは模倣品がないから優良な投資物件というわけだ。こうしたオーナーも今回、話す属性には当てはまらない。

 ここではフェラーリとランボルギーニを好んで所有するオーナーの属性に焦点をあて、長年、スーパーカーオーナーに接してきた私だから見える分析を個人的主観でお話ししたい。

 その前に、私を知らない方がほとんどだと思うので、私の立ち位置を解説しておこう。ベストカー本誌でも月イチ連載中のスーパーカー劇場を担当させていただいている。そのため、富裕層に接する機会がやたらと多い。スーパーカーを何台も買える途方もない大金持ちからサラリーマンオーナーさんまでさまざまだ。

次ページは : ■奥ゆかしいフェラーリ

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ