「おかわり」キター! S660がまさかの650台追加生産決定!!!

「おかわり」キター! S660がまさかの650台追加生産決定!!!

 生産終了が発表され特別なチューニングが施された最終特別仕様車が登場する。スポーツカーの王道ともいえる花道だが、軽ミドシップスポーツのホンダS660も例にもれず華々しい有終の美を飾った。

 2021年3月12日に最終特別仕様車のModulo X Version Zを発表し、標準車も2022年3月に生産終了となることを発表した。

 ところがどっこい、19日後の3月31日にはVersion Zも標準車も完売。すでに中古車市場ではほぼ新車の最終仕様車にプレミア価格もついており、本当にS660が欲しかったのに購入ができなかったオーナーからは不満も多発した。

 それを見てホンダが奮起したのかどうかは知らないがなんと「おかわり」の生産が決定した。ホンダやるじゃん!!! としか言いようがない超グッジョブな追加生産。今回はその詳細に迫っていこう。

文:ベストカーWeb編集部/写真:ホンダ、ベストカーWeb編集部

【画像ギャラリー】本当に最後!! 蔵出し写真でS660の雄姿を目に焼き付けろ(6枚)画像ギャラリー

■生産終了からの追加生産は名車の証!?

2021年に生産終了がアナウンスされたS660。まさかまさかの追加生産決だ
2021年に生産終了がアナウンスされたS660。まさかまさかの追加生産決だ

 S660は2022年3月に生産を終了することがその1年前となる2021年3月にアナウンスされていたが、その発表から販売店にはオーダーが殺到。当然のごとく「瞬殺」レベルで特別仕様車も標準車も完売した。軽自動車でミドシップ。世界に類を見ない名車として駆け込み需要も多くあったようだ。

 さらに完売直後から中古車市場は高騰。なんと今や500万円オーバーのプライスタグをつけたModuloXもあったりと、すっかりプレミアがついてしまった状況だ。そんななか、突如として2021年11月1日、ホンダから「S660を追加生産するよ」という感動的なアナウンスが届いた。

 とは言え、生産ラインのキャパシティもあるから「何台でもOK」ではなく、最後のS660は650台限定となる。これぞまさに最後の最後。今買わないと二度と新車は買えない。

 実はこの流れ、2002年に生産が終了したR34スカイラインGT-Rでも同じ事態が起こった。生産終了前に最終特別仕様車として「M Spec Nür」と「V Spec II Nür」をそれぞれ300台限定で生産すると発表があった。

名車の証ともいえる「おかわり」の追加生産。R34 GT-Rでも同じようなケースがあったのを思い出す
名車の証ともいえる「おかわり」の追加生産。R34 GT-Rでも同じようなケースがあったのを思い出す

 しかし「最後のRB26」という情報が自動車媒体から流れていたこと、そして「スカイラインGT-R」の終焉とあって、とてつもない数の問い合わせが殺到。まずは500台への増産が決まり、最終的には各1000台へ増産するという異例の事態となった。

 国産車でこのような「おかわり」がおこるのは異例中の異例で、やはりGT-Rにしろ、S660にしろ、多くのファンから愛された名車だったことがうかがい知れる。

次ページは : ■追加生産は価格は据え置きで標準車のみ

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ