220系クラウン覆面パトカー&交通用パトカー!! 外装の見分けポイントは?


 2022年3月ですでに受注を終了し、まもなく5月にはフルモデルチェンジが予想されているクラウン。新型は伝統のFRから一転、FFで4WDという前例のない仕様と言われているほか、スポーツワゴンタイプなどのラインナップも予想されている。

違反車両を追跡開始する大阪府警察の220系クラウン覆面。16インチのアルミホイールを履く姿は、初期型の2.0Bの様相だが、グリルには「RS」エンブレムが!!

 一方で、220系クラウンパトカーは一般市販向けクラウンの生産終了とは関係なく、2021年12月頃から200系クラウンパトカーなどの後継として、まずは警ら用のパトカーが全国に配備され始めた。そして今年の1月頃からは覆面パトカーと交通用パトカーも配備・活躍をはじめたのである! そう、これからが「旬」なのだ。その220系パトカーの詳細をお届けしよう!

文・写真/有村拓真

【画像ギャラリー】ついに出た!!220系クラウン覆面パトカー&交通用パトカー!!(7枚)画像ギャラリー

220系クラウン覆面&交通パトカーは何台導入された? どこに配備される? そしておいくら?

 今回ご紹介する220系クラウンパトカーは、正式名称が交通取締用四輪車(※白黒パトカー)と交通取締用四輪車(反転灯)(※覆面パトカー)となっている。

 2021年度に国の予算で一括購入されており、白黒パトカーが240台とされる。1台あたりの価格は約449万円となる。また、覆面パトカーは107台で、こちらの1台あたりの価格は約432万円となっている。

 全国ほとんどの都道府県に配備され、これにより前任車である200系クラウンや210系クラウンアスリート、高速隊などで使用する130系マークX覆面も引退したところが多い。210系クラウンアスリートの更新は予想外だが、一部の県の高速隊などでは走行距離が大幅に多く、耐用年数より早いタイミングで更新対象となったようだ。

ここが覆面パトの見破りポイントだ!!

 220系覆面パトカーに採用されているボディーカラーはホワイト、シルバー、ブラックと三色あるが、ブラックが配備された県は少数なので、見かけたらよりラッキー(?) かもしれない。足回りに関しては、16インチのアルミを履いており、2WDの警ら用や交通パトと全く同じ仕様となる。

 全体的なエクステリアは、220系クラウンがデビューした2018年当時の廉価グレードである2.0Bをほぼそのまま使用している雰囲気である。これはドアノブもボディーと同色なのが特徴の一つだ。

 しかしながら、フロントグリルとリアにはRSのグレードエンブレムが付いている。本来、RSグレードならばアルミは18インチであるが、210系アスリートなどと違ってこのあたりのものは採用されず、結果として16インチのアルミを履く2.0BグレードにRSエンブレムが付いた「ヘンな仕様」となってしまった。


総理の警護任務に借り出された広島県警察の覆面。警護任務のためにアンテナが増設されている。ベースが2.0Bの低グレードのため、廉価さが目立つ

 またトランク部分にはスポイラーが備わっており、フロントバンパーはRS系などに見られるメッキ装飾が施されている。この部分に関しては警ら用を含む白黒パトカーにも装備されている。

車体色はシルバー、ホワイト、ブラックが現時点では確認されている。ウインカーは「RS」グレードではシーケンシャル式となるのだが、覆面仕様ではい一般的な点滅式

 さらに、市販のRSグレードならばシーケンシャルウインカーとなるが、こちらも採用されていないため通常の点滅タイプのウインカーとなっており、いかにも市販の仕様とは違うチグハグな警察車両らしい専用装備の数々がパトカーマニアの探究心をくすぐる。

 また、ほとんどの県でボディー上の警察無線アンテナレス化が進んでおり、車内のリアダッシュボードなどに設置されていることが多く、秘匿性が増している。

次ページは : 交機隊員に聞く!! 異例の排気量がゆえにパワー不足⁉

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ