無人運転トラックを10年以内に商用化! ダイムラーが自動運転技術の開発を加速

無人運転トラックを10年以内に商用化! ダイムラーが自動運転技術の開発を加速

 ダイムラートラックは商用車の開発では世界をリードするグループで、2018年発表のメルセデス・ベンツ「アクトロス」新型車は、世界初のSAEレベル2自動運転機能を搭載する量産型大型トラックとなった。

 ダイムラーは3年前に米国のテクノロジー企業、トルク・ロボティクスを買収し、SAEレベル4の完全自動運転に向けた開発と実験を続けているが、この度、トルクとダイムラー、そして物流企業などからなる「自動運転アドバイザリー協議会」の設立が発表された。

 実際の物流現場に即した自動運転技術の開発に加えて、実験範囲を高速道路の外にまで拡大した。貨物輸送のファースト/ラスト・マイルのみを人間が担い、それ以外を自動運転が担うというシナリオを想定する。

 ダイムラートラックは「事故のないドライビング」というビジョンの実現に向けて、レベル4自動運転トラックを10年以内に商用化することを目指している。

文/トラックマガジン「フルロード」編集部、写真/Daimler Truck & Torc Robotics

【画像ギャラリー】フレイトライナー「カスケイディア」ベースの自動運転トラック(4枚)画像ギャラリー

自動運転トラックを10年以内に商用化へ

 ダイムラーAG(旧ダイムラーグループ)は、2021年に乗用車のメルセデス・ベンツ・グループと、商用車のダイムラー・トラックに分離したが、依然として商用車では世界をリードするグループだ。

 その子会社である北米のダイムラー・トラックス・ノース・アメリカ(DTNA)は米国のテクノロジー企業、トルク・ロボティクス(Torc Robotics)を傘下に持ち、冗長安全性を備えた自動運転トラックを開発している。

 大手トラックメーカーの中では、SAEレベル4(L4)の「特定条件下での完全自動運転」=無人運転トラックにもっとも近いメーカーといえる。自動運転システムを開発するトルク社とのパートナーシップのもと、北米大陸では公道を使った試験を日々(安全に)行なっている。

 解発の次のステップとして、トルクは北米の大手物流企業と提携し、実際の物流現場で自動運転トラックを活用しようと考えている。

 この目的のために「トルク自動運転アドバイザリー協議会」(TAAC / Torc Autonomous Advisory Council)が設立された。協議会にはDTNAの他に、物流、リース(トラックレンタル)、3PLプロバイダーなど、トラック運送に関連する有名企業が名を連ねる。

無人運転トラックを10年以内に商用化! ダイムラーが自動運転技術の開発を加速
フレイトライナー「カスケイディア」をベースにトルクが開発する自動運転トラックとTAACのロゴ

 貨物ネットワークを統合し、高速道路での自動運転を超えた挑戦を行なう際に、メンバー企業はトルクに戦略的な提言を行なう。自動運転は、顧客企業との「共創」を通じてビジネスモデルを共に作って行くという、新たなステージに入る。

 ダイムラートラックとトルクは、そうした自動運転トラックを実現し、10年以内に商用化することができると固く信じている。

次ページは : L4=無人運転の長距離トラック

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ