近藤真彦監督が提言 「クルマ離れを食い止めろ!!」 日産自動車大学校がスーパーGTに進出

 近藤真彦監督が率いるKONDOレーシングが、2019年からニュルブルクリンク24時間耐久レースへの参戦を2018年10月1日に発表した。その会場でもうひとつの電撃的ともいえる発表があった。

 それが日産が誇る自動車整備士養成学校、日産自動車大学校とのコラボが現在のスーパー耐久から2019年よりスーパーGT、GT300クラスへステップアップするというもの。

 「ひとりでも多くの若者をクルマ好きにしたい」。3年前の取材開始時に近藤監督がベストカーに語った思いは変わらない。GT300クラス参戦への道のり、そして学生プロジェクトに迫ります。

文:ベストカーWeb編集部/写真:塩川雅人


■延べ1万人が体感!! 日産自動車大学校とのコラボ

 KONDOレーシングが日産自動車大学校とのコラボを始めたのが2012年。

 スーパー耐久(S耐)にてGT-R GT3を走らせることになり、そこに日産系列の自動車整備士学校である日産自動車大学校の学生を送り込んだ。これが通称「S耐プロジェクト」だ。

 目的はレースという緊張感のなかで、プロのメカニックたちの「早くて確実な仕事」を目の当たりにするというもの。

KONDOレーシングがS耐で走らせるマシンはGT300でも走るGT3マシン。2016年にはシリーズチャンピオンを獲得するなど学生たちの貢献も大きい

 学生の役割も実際にピットで作業をしたり、広報、ゲストの応対など作業は多岐にわたる。このプロジェクト、今でこそ一定の評価を得ているがスタート当時は違った。

 近藤監督自身も当時を振り返って懐かしいエピソードを話してくれる。

「あの頃は”日産自動車大学校”って書いた服を着た子どもたちがウロウロしているってよく言われて(笑)。なにをやっているかも周りはわからない状態でした」。

2018年9月に行われたスーパー耐久もてぎ戦でも学生を奮起させた近藤監督。いつもはフレンドリーな監督だが、いざレースが始まると学生に対しても厳しい言葉をかける

 それだけアウェーの中で始まったプロジェクト。ベストカーも2015年から密着取材をしているのだが、当時は「学生が遊びに来ている」などという関係者も少なからずいた。

 しかし2016年に転機を迎える。この年、日産自動車大学校チームはシリーズチャンピオンを飾ったのだ。

 その時から明らかに空気感が変わってきた。他のチームからも「学生の社会科見学」なんて見方がなくなり、チームに学生たちは欠かせない存在になっている。

 7年間、実際にサーキットで学んだ学生、日産自動車大学校の校舎でこのプロジェクトに関わった学生、延べ1万人もの学生が社会に巣立っていった。

 ディーラーでの勤務だけでなく、日産の開発現場にも多くの人材を輩出している。今後の日産、そして自動車業界を担う多くの才能を生み出す可能性に満ちている。

■S耐からGT300へ より緊張感を高める体験を

 そして2019年、プログラムの実施カテゴリーがS耐からスーパーGT、GT300にステップアップする旨の発表が2018年10月1日にあった。

 「格上げ」という表現をするメディアもあるが、それは違う。

 そもそもがアマチュアメインとはいえ日本随一の耐久レースであるS耐と、スプリントレースの違いがある(観客動員数などはたしかにGTのほうが格上だが)。

 それはさておき、7年間このプログラムに関わる藤井誠暢(ふじい・とものぶ)選手に来年のGT300へのステップアップについて聞いてみた。

レース後の「終礼」ではドライバーからのコメントを学生たちは聞く。ドライバーたちは表彰台に上っても喜ばない時もあり、学生たちはその時にドライバーのプロ意識を強く感じるようだ

「緊張感という意味ではGT300のほうがより強くなると思います。7年間このプロジェクトに関わってきましたが、個人的にはとても嬉しいですよ。

学生にとってもプラスになることは間違いないですし、より多くの体験ができるはずです。瞬く間に成長していく学生たちの活躍が楽しみです」。

 なんとなく授業を受けて整備士になるよりも、モータースポーツという極限の舞台で学びを得ることは必ず糧になるはずだ。

学生と善戦を期待してハイタッチをする近藤監督。「マッチ」とは違う顔をサーキットでは見せてくれる。真剣にアツい。そのことに学生たちも気づくのだ

 お客さんにとってもクルマ好きの整備士のほうが、信頼してクルマを預けることができるはずだ。ましてや時間にも制約のあるモータースポーツの世界で、確実に仕事をこなすプロの技を見た彼らはひと味違うはず。

 近藤監督のモットーは「継続は力」。S耐プロジェクトでは7年間の継続をしてきた。来季のスーパーGTではGT500とGT300のダブル参戦となるが、きっと学生プロジェクトはこの先も続いていくだろう。

■長年の夢だったニュル24時間にも参戦

 当日は2019年のニュル24時間レースへの参戦も発表された。ドライバーは松田次生、高星明誠、藤井誠暢、トム・コロネルという4人。

 日産のエース(松田)、若手のホープ(高星)、GT3を知りつくす男(藤井)、そして日本での活躍も記憶に新しいトムという人選は感動的ですらある。

2019年のニュル24時間に参戦するGT-R GT3を前にサムズアップをする近藤監督。オレンジにも近いレッドとブラックのラインが斬新だ

 単年でのチャレンジではなく複数年のチャレンジになるという。松田選手はベストカーに次のように語ってくれた。

「ニュルにはクルマ好きとして憧れを持っていました。まさに”聖地”ですよね。けれど危険なコースでもあり、現役中には難しいかなとも思っていたんです。

そうしたら近藤さんからお誘いがあって。これを逃すわけにはいかない、と思って決めました。2018モデルのGT-R GT3も速さがありますし、ニュルとの相性もいいはずです。

若くて速さのある高星選手、そして輸入車のGT3を知り尽くしている藤井選手がいるのは頼もしいです。

トムさんとは実は1998年にフォーミュラ・ニッポンで代役で出場で組んだことがありまして。それ以来なので20年ぶりのタッグですね(笑)」。

いまや日産のエースドライバーである松田次生選手(左)。無類のGT-R好きだけにこのレースへかける思いも強い。右はアドバイザーのミハエル・クルム氏

 タイヤはもちろんヨコハマタイヤ。近藤監督の夢が叶うが、舞台はニュルブルクリン、そしてライバルたちは百戦錬磨のヨーロッパ勢。

日産の若手のホープの高星選手(右)と、GT3マシンを知り尽くす藤井選手。藤井選手はGT-R開発の聖地であるニュルでGT-Rで戦えることを大いに楽しみにしているようだ

「GT-Rは日本が誇る名車です。だからかっこよくないとダメなんです。日本代表で、強いGT-Rを世界に見せつけるつもりでやってきます!!」と近藤監督。

 2019年はKONDOレーシングから目が離せない!!

最新号

ベストカー最新号

【祝・創刊1000号!!】日本の新車SCOOPモーターショー開催|ベストカー9月10号

 ベストカーの最新刊が本日発売!   1978年1月に創刊号を発行し、1985年7月26日号から月2回刊に移行。自動車雑誌「ベストカー」は、本日発売の9月10日号で創刊1000号を迎えました。  1000号までお付き合いくださった皆さまには…

カタログ