フィットがビッグマイナーチェンジで巻き返し! ガソリン車が1.5Lへ HVも14馬力向上! つ、ついに1.5RSが追加!

フィットがビッグマイナーチェンジで巻き返し! ガソリン車が1.5Lへ HVも14馬力向上! つ、ついに1.5RSが追加!

 ホンダは2020年2月に登場したフィットが大がかりなマイナーチェンジを行い、10月6日に発表、10月7日から発売する。

 販売が苦境を伝えられるだけに、今回のマイナーチェンジによって巻き返しが図れるのか注目される。

 さて、フィットのマイナーチェンジの内容と、今回新たに追加されたRS(ロードセーリング)について解説する。

文/ベストカーweb編集部
写真/ホンダ

【画像ギャラリー】マイナーチェンジしたフィットのMC前MC後の写真を徹底チェック!(22枚)画像ギャラリー

■2年8ヵ月を経て大がかりなマイナーチェンジ

マイナーチェンジ前のフィットHOME
マイナーチェンジ前のフィットHOME
マイナーチェンジ後のフィットHOME
マイナーチェンジ後のフィットHOME

 2002年(初代)、2008年(2代目)に年間販売台数NO.1となるなど、ホンダのベストセラー車といえばフィットだった。しかし、2020年2月に登場した現行フィットは販売不振にあえいでいる。

 2022年1月~8月のデータを見ると、累計販売台数は4万1227台、平均月販台数は約5153台。月販台数の順位は、7月に最高5位にランクインしたものの、7位~11位を行ったり来たり。対するヤリス(ヤリスクロス含む)は月販台数1位~3位、累計販売台数は11万4300台、平均月販台数は1万4288台。

 今回のマイナーチェンジで不振を挽回できるか、さっそくマイナーチェンジの内容を見ていこう。

■NESSを廃止し、RSを追加

MC前フィットNESSは今回廃止。毎日の通勤時間を気持ちのよいスタートに変える。健康的で快活なフィットネスライフを送る人のために設定された
MC前フィットNESSは今回廃止。毎日の通勤時間を気持ちのよいスタートに変える。健康的で快活なフィットネスライフを送る人のために設定された

 グレード体系は、NESSが廃止され、RSが追加。BASIC、HOME、LUXE、CROSSTAR、RSの5タイプのラインナップとなった。 今回のマイナーモデルチェンジは発売以来初の大がかりな改良となり、BASIC、HOME、LUXEはより端正な新デザインに、 CROSSTAR はよりクロスオーバーらしさを強調したデザインとしている。各グレードの特徴は以下の通り。

■BASIC(ベーシック):シンプルで自分らしさが光る基本のタイプ
■HOME(ホーム):生活になじむデザインと快適性を備えたタイプ
■LUXE(リュクス):洗練と上質を兼ね備えたスタイリッシュなタイプ
 フロントノーズをすっきり見えるように形状を変更、アッパーグリルの位置を上げ、HOME/LUXEはその上部にメッキ加飾のラインを水平に通すことで、より端正なデザインに進化
■CROSSTAR(クロスター):週末に出かけたくなるアクティブライフに応えるタイプ
 CROSSTAR専用エクステリアとなるフロント、サイド、リアのガーニッシュをシルバー色に変更。タフギアらしいデザインにすることで、よりクロスオーバーらしさを強調
■RS:デザイン、走りの質にさらにこだわったタイプ
 専用のフロントグリル、フロントバンパー、サイドシルガーニッシュ、リアバンパー、リアスポイラー、アルミホイールの採用でスポーティさを強調
■ガソリン、e:HEVともに1.5リッターエンジンを採用

マイナーチェンジ後のフィットLUXE
マイナーチェンジ後のフィットLUXE

 今回の最大のポイントは、ガソリン車のエンジンが1.3Lから1.5Lに変更されたことだろう。低速域から高速域までトルクフルなパフォーマンスを発揮し、日常のさまざまなシーンでゆとりある走りを楽しむことができるようになったという。

 マイナーチェンジ前の1.3Lガソリン車のスペックは98ps/12.0kgm、WLTCモード燃費が19.4~20.4km/L(FF)。

 一方、マイナーチェンジ後の1.5Lガソリン車は118ps/14.5kgm、WLTCモード燃費が17.6~18.7km/L(FF)。マイナーチェンジ前の1.3LのHOME(FF)を例に挙げると、WLTCモードは20.3km/L、マイナーチェンジ後の1.5LのHOME(FF)は18.5km/L。。

 1.5Lの2モーターハイブリッドシステムのe:HEVモデルは、モーター出力14psアップの123psへ向上、低速域でアクセルを踏み込んだ瞬間から電気自動車のように力強くスムーズに走り出し、気持ち良く伸びる加速感が味わえるという。

 RS含めe:HEVのパワートレインのスペックは、エンジンが106ps/13.0kgm、モーターが123ps/25.8kgm。

 WLTCモード燃費は、マイナーチェンジ前は27.2~29.4km/Lだったが、マイナーチェンジ後は27.1~30.2km/Lと、e:HEV BASICの燃費が0.8km/L向上している(すべてFF)。

マイナーチェンジ前のフィットCROSSTAR
マイナーチェンジ前のフィットCROSSTAR
MC後e:HEVクロスター。CROSSTAR専用エクステリアとなるフロント、サイド、リアのガーニッシュをシルバー色に変更。タフギアらしいデザインにすることで、よりクロスオーバーらしさを強調
MC後e:HEVクロスター。CROSSTAR専用エクステリアとなるフロント、サイド、リアのガーニッシュをシルバー色に変更。タフギアらしいデザインにすることで、よりクロスオーバーらしさを強調

■安心・安全領域も進化

 進化した安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダセンシング)」※2を全グレードに標準装備。従来の機能に加えて、トラフィックジャムアシスト(渋滞運転支援機能)、急アクセル抑制機能が新たに標準設定された。またブラインドスポットインフォメーション、後退出庫サポートも新たに追加、タイプ別設定としている。

1:衝突軽減ブレーキ<CMBS>
2:誤発進抑制機能
3:後方誤発進抑制機能
4:近距離衝突軽減ブレーキ
5:歩行者事故低減ステアリング
6:路外逸脱抑制機能
7:渋滞追従機能付アダプティブクルーズコントロール<ACC>
8:車線維持支援システム<LKAS>
9:先行車発進お知らせ機能
10:標識認識機能
11:オートハイビーム
12:ブラインドスポットインフォメーション
13:トラフィックジャムアシスト(渋滞運転支援機能)
14:急アクセル抑制機能
15:パーキングセンサーシステム
16:後退出庫サポート

 ボディカラーはRS・CROSSTARに専用設定されたHonda新色のスレートグレー・パールを含む全13色を用意。また、2トーンカラーはCROSSTAR専用色とした。

次ページは : ■価格はe:HEV BASICが価格据え置き、CROSSTARが13万4200円アップ

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

GR86の4ドアモデル、出る!! 三菱トライトンを雪上初テスト! 注目情報を満タンでお届け「ベストカー3月10日号」

新型スズキスイフト、レクサスLBXなど注目の新型車が続々登場! 「ベストカー3月10日号」! 今年も名物企画「雪上テスト」開催! 三菱トライトンの実力をいち早く丸裸にしたぞ!