N-ONEと美魔女の共通点!?

 ’11年12月に登場したN─BOXでホンダの新たな軽自動車シリーズとして誕生したNシリーズ。’14年12月22日には第5弾となる『N─BOXスラッシュ』が登場し、この1月中にもシリーズ累計100万台を達成するという。いやいや、スマッシュヒットであります!!

 そんなNシリーズのイメージリーダー的存在ともいえるのがN─ONEだ。デザインコンセプトは’67年日本で市販を開始した、ホンダ初の軽乗用車N360をモチーフとしたので全高1610㎜は、ハイトワゴンが主流となる軽自動車マーケットにおいて異彩を放つとともに、いかにもホンダらしい個性あふれるものとなる。

 そんなN─ONEをベースにホンダ純正パーツを開発、販売するホンダアクセスが独自のカスタマイズコンセプトカーとして提案するのが。この写真の「N─ONE NATURAL Concept」

インパネもノーマルとはずいぶんと印象が変わっている。ルーバー状のパネルがシンプルな印象
インパネもノーマルとはずいぶんと印象が変わっている。ルーバー状のパネルがシンプルな印象
後席シートバック、荷室フロアには天然木の踏み板木材を使用することで汚れやキズなどに気兼ねなく使える
後席シートバック、荷室フロアには天然木の踏み板木材を使用することで汚れやキズなどに気兼ねなく使える

 ボディ外装はフロントグリル中央の「H」マークやバックドアのエンブレム類まで生成一色。ホンダではこの色を「グリーンベージュパール」と呼んでいるけれど、マットな質感はまさにナチュラルテイスト。シルバーメッキを廃したことで「素」のシンプルさが感じられる。


 室内に目を移すとキャビンフロアや荷室床は天然木を敷き詰め、前席シートバックを有孔ボードとすることで、ユーザーがフックを引っかけたり自由自在にカスタマイズできるようになっている。ノーマルN─ONEにはないキャンバストップ仕様。

 こいつが時まさに「美魔女コンテスト」で盛り上がる2014年12月21日の虎ノ門ヒルズに現われて、クリスマス前の休日、街行く人々の目を惹いていたのだが、なぜに美魔女とN─ONE!? うむむ……、なるほど、年齢を重ねても美しさを保つ美魔女の皆さんに共通するのが「自然体のライフスタイル」。シンプルな美しさこそ、美の本質なのだなと解釈をしたBCなのでした。

3
エントリーナンバー19番の箕輪玖美さん43歳が国民的美魔女グランプリを獲得。

 ちなみにホンダアクセスによると「NATURAL Conceptは我々の新たな提案。これがそのまま発売されるということではありませんが、こうした提案を通じていろいろな方と意見の交換をして、今後のコンセプト提案、市販車作りへ活かしていきたいです」とのことでありました。

今回のモデルはあくまでもコンセプトカーという位置づけで、このまま市販するというこではないというものの、もちろん、評判によっては市販に向けた動きにつながるだろう。期待したい!!
今回のモデルはあくまでもコンセプトカーという位置づけで、このまま市販するというこではないというものの、もちろん、評判によっては市販に向けた動きにつながるだろう。期待したい!!

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ