メルセデスベンツ新型Bクラス発表! 4つの武器で日本市場を席捲?! 敵なしか??


 2019年6月6日、メルセデスベンツ日本は、東京・南青山にある SHARE GREEN南青山において、メルセデスベンツのマルチパーパスコンパクト、新型Bクラスを発表、予約注文の受付を開始した。

 新型Bクラスは先代に比べ、どれほど進化したのか? 同門のAクラスと比べどう違うのか? またライバル車と比較チェックしてみた。

PHOTO&REPORT/ベストカーWEB小野正樹


野暮ったさがなくなりスポーティに

メルセデスベンツ日本の上野金太郎社長とアンベールを手伝ってくれた子供たち
Bクラスは初代モデルが2006年にデビューし、2012年に2代目がデビューし、今回7年ぶりにフルモデルチェンジし、3代目となった

 まず、新型Bクラスのプロポーションを見てほしい。ワイド&ローのスポーティなフォルムで、背の高さがあまり目立たず、歴代モデルのなかで最もスポーティだ。

 しかも、ボディサイドのデザインがすっきりしている。これはダイムラーAGのチーフデザイナー、ゴードン・ワゴナーが生み出した、メルセデスベンツの新しいデザイン言語「Sensual Purity(官能的純粋さ)」という哲学に基づくもので、ボディサイドのプレスラインを極力減らしている。

2代目Bクラスは背の高さが目立っていてボディサイドのプレスサインも凝ったもの

 新型Bクラスのボディサイズを見ると、全長4419(4426)×全幅1796×全高1562(1541)mmで、 先代Bクラスに比べ、全長が54mm長く、全幅が11mmワイド、全高が12mm背が高くなり、ホイールベースは30mm長くなった2729mmだ。
※カッコ内はAMGライン。数値はすべて欧州仕様参考値

2分割型リアコンビネーションランプは横に長くなっていてロー&ワイドな印象を与えている。写真はAMGライン。前後225/45R18タイヤに18インチAMG5ツインスポークアルミホイールを装着

 いっぽう、2018年10月に発売された、Aクラスのボディサイズは全長4420×全幅1796×全高1440mm、ホイールベースが2729mm。新型BクラスはAクラスに比べ、全長と全幅はほぼ同じ、全高は122mm高くなっている。

 細かいことをあえていうと、全幅を1800mmに抑えているのは褒めたいが、全高が先代の1540mmから1562mm(AMGラインは1541mm)になっているので、1550mm以内という制限がある多くの機械式駐車場に入らないという点は惜しい。ちなみにライバルであるBMW2シリーズアクティブツアラーは1550mmだ。

全高1440mmと背の低いAクラス。ちなみに現行ゴルフの全高は1480mm

 メルセデスベンツ日本の上野金太郎社長は「新型Bクラスには、乗員とクルマが自然なコミュニケーションをとれる大変楽しいクルマに仕上がっています。荷物がたくさん詰めて、人もたくさん乗れるので、ドライブ中の会話もとても楽しいものになるでしょう」とコメント。

メルセデスベンツ日本の上野金太郎社長とBクラスの商品企画を担当した、同社営業企画部商品企画2課の中山玲さん

 先代Bクラスに続いて新型Bクラスの商品企画を担当した、メルセデスベンツ日本の営業企画部商品企画2課の中山玲さんは、

 「新型Bクラスは、デザイン、ユーティリティ、対話型インフォテイメントシステム・MBUX(メルセデスベンツユーザーエクスペリエンス)、Sクラスと同等の最新の安全運転支援システム、という4つの魅力をひとつも妥協しないであきらめることなく採用しています」と自信を覗かせる。

Bクラスならではの広い室内空間

サポート性の高いフロントシート
広々としているリアシート。ヘッドクリアランスが特にゆとりがある

 エクステリアデザインを追求した結果、室内の居住性が狭くなった、ということはよくあることだが、Bクラスはどうなのだろうか?

 室内空間は、新型Bクラスになり、全幅が11mm、全高が5mm、ホイールベースが 30mm 拡大した恩恵を受けて、大幅に拡大している。

 前席の室内幅は1456mm(+33mm)、フロントのヘッドルームも1052mm(+5mm)に拡大し、歴代モデルで最も広い室内空間となった。

 実際に身長180cmの担当が後席に座ってみたが、頭上空間にこぶし1つ、前席との間にこぶし2つ入るほど広々としており、これはBクラスの最大のウリだと実感した。

 また、リアシートのバックレストは4:2:4分割可倒式を採用し、さエッジまざま使い方に柔軟に対応する。 ラゲッジ容量は通常の5人乗車時の455Lから最大1540Lまで拡大する。

次ページは : ラインアップは2グレード