【令和初のコンパクト車ガチ勝負!!!】 新型ヤリスvsフィット 再対決秒読み!

 1999年1月にデビューしたトヨタのヴィッツ。安定した質の高さと手頃な価格、なにより愛嬌たっぷりの外観で、瞬く間に新時代の国民車の座へと上り詰めた。

 さて、そんなヴィッツの地位を脅かし続けたのが、2001年6月、こちらも初代がデビューしたホンダのフィットだ。発売からその年12月までの6ヶ月間で累計販売台数10万台を達成。翌2002年にはそれまで33年間国内販売1位を守り続けてきたカローラを抜き、国内の登録車販売で首位に立った。

 時は経ち、ヴィッツは「ヤリス」と名前を変え2020年2月にデビューが、新型フィットは間もなく開幕する「東京モーターショー2019」でのワールドプレミアが確実とされている。

 ヴィッツの登場から数えれば、奇しくもちょうど20年の時を経て再び合目見える2台。令和最初の覇権を握るのは、果たしてどちらだろう?

※本稿は2019年8月のものです
文:ベストカー編集部/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年9月10日号


■火花を散らし合うこと確実の2台!

●トヨタ ヤリス(2020年2月デビュー)

スポーティな外観が予想されるヤリス。全モデルが3気筒エンジンになるヤリス。シャシーが「TNGA」になることで、スポーティな乗り味を実現する。GRは1.5Lターボを、GRMNは最高出力=250psの1.6Lターボを搭載すると予想されている。下はGRスポーツだ(いずれもベストカー予想CG)

 ヤリスは現行モデルの登場が2010年ということで、年内の登場が予想されていたが、どうやらデビューは来年にずれ込むもよう。

 TNGAコンセプトに基づいた新シャシーに搭載されるエンジンは、1Lと1.3Lの直3。出力的には目立つものではないが、シャシー性能が大きく向上することで、スポーティな乗り味を実現しているという。

 当然、GR、GRMNモデルの設定も視野に入れているはずだ。

画像はベストカー予想CG

 一方のフィットは、今回の東京モーターショーでのワールドプレミアが確実。

 すでに国内でもカモフラージュを施した車両がテストを行っているのが目撃されており、デビュー間近を感じさせる。

■画像ギャラリー…現行型ヴィッツ・フィットと予想CGを比較!

●ホンダ フィット(2019年11月デビュー)

ボディサイズに大きな変更はなく、優れたユーティリティなど、長所はそのまま継承される4代目フィット。タイプRの設定も噂されており、搭載する1.5Lターボは220ps/25.0kgm程度の出力になるだろうと予想されている(画像はベストカー予想CG)

 搭載されるパワーユニットだが、ハイブリッドは現在のi-DCDに代わり2モーターのi-MMDが採用される。

 ホンダはこれまで、2Lと1.5Lエンジンをベースにしたi-MMDを送り出してきたが、新型フィットに搭載されるものは、コンパクトカーにマッチさせた新しいものになるという。期待したい。

 また新型フィットは開発初期から「タイプR」を想定したシャシー設計が行われているとの情報もある。リトルダイナマイトの登場も期待できる。

読者から投稿された新型フィットのテスト風景。スポーティな現行型に比べると、初代に近いフレンドリーな外観となる

◎ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

最新号

ベストカー最新号

【次期フェアレディZ誕生へ】日本車 2020年期待の星|ベストカー12月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、伝統のある日本車のビックネームであるフェアレディZとパジェロの次期型情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、日本車2020年期待の星、GR SPO…

カタログ