新型ハリアー 早くも「最高にカッコいいハリアー」が新設定!!

■新車ディーラーで装着できる!

 2020年6月17日、トヨタ自動車は4代目となる新型ハリアーを発売。新型車紹介記事は異例のPVを挙げ、デビュー直後に各ディーラーでは早くも5か月待ちとなり、(全国での販売系列統合から第一弾の新型車だということもあって)早くも販売が過熱している。

【画像ギャラリー】最も美しいSUV「新型ハリアー」をさらにカッコよくしたドレスアップバージョンずらり

 そして同日、この新型ハリアーに早くもTRDバージョンとモデリスタバージョンのドレスアップパーツが発売された。これがちょっ驚くほどかっこいい。

GRエアロパーツセット 413,600円(税込)
GRリヤバンパースポイラー& GRスポーツマフラーのみだと251,900円(税込)。なお20インチアルミホイールセットは244,750円(税込)

 上記TRDバージョンはエアロパーツとアルミホイールの組み合わせであり、たとえば「本家GR SPORTS」のような、足回りのセッティングなどは施されていない。それでもこのカッコよさは、先行するG`sのモデルや他のSUVと比べても、頭ひとつリードしているように見える。

「GRAN BLAZE STYLE」LED付きフロントスポイラーは(パノラミックビューモニター付き、塗装済みで)107,800円、サイドスカート82,500円、リアスカート74,800円(いずれも塗装済み)
「AVANT EMOTIONAL STYLE」LED付きフロントスポイラーは(パノラミックビューモニター付き、塗装済みで)103,400円、サイドスカート77,000円、リアスカート62,700円(いずれも塗装済み)

 また同日(6/17)にはモデリスタバージョンも発表。こちらは大胆なメッキ加飾を施してプレミアム感を演出した「GRAN BLAZE STYLE(グランブレイズスタイル)」と、LEDで都会的な先進感を演出した「AVANT EMOTIONAL STYLE(アバンエモーショナルスタイル)」の2タイプのコンセプトを用意。ことらもハリアー独特のフォルムを活かしたドレスアップパーツとなっている。

 近年、新車ディーラーで注文し装着できる純正ドレスアップパーツを望むユーザーは増えているという。後付けでひとつひとつパーツを買い足していくよりも、新車購入時にローンに組み込んで一気に付けたほうが、支払いも楽だし完成度が高く、下取り価格も高価になるからだという。

 注目の新型車でもあるし、せっかくスタイリッシュなSUVなのだから、よりお洒落に乗りたいというユーザーも多いだろう。そういう時に、やや奮発する余裕のある方は、このTRDバージョンやモデリスタバージョンを選択肢に入れてみると、よりわくわくできるのではないか。

【画像ギャラリー】最も美しいSUV「新型ハリアー」をさらにカッコよくしたドレスアップバージョンずらり

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ