レクサスの新エース IS500 Fスポーツパフォーマンスの衝撃度


 レクサスは2021年2月22日、北米市場専用モデルとして、レクサスIS500 Fスポーツパフォーマンスを発表した。クルマ好きならば、レクサスのFスポーツパフォーマンスは、これまでなかったグレードだと気が付いたはずだ。

 レクサスのFは、国際サーキットの富士スピードウェイの頭文字がその由来とされ、モータースポーツ仕込みの「走りを究めたモデル」として生まれたモデルである。

 これまでのFといえば、2007年12月に登場したIS F、Fシリーズの頂点としてデビューしたLFA、IS Fに代わり登場したRC FとGS F、そして日常からサーキットまで、誰もがシームレスに走りを楽しめるという「F」のフィロソフィーを幅広く展開するためにレクサス各車種にラインナップされたFスポーツがある。

 こうしたなかで、今回発表されたIS500 Fスポーツパフォーマンスとはいかなるモデルなのか? これまでのFとFスポーツの間という位置づけになるのか、考察していきたい。

文/遠藤徹、写真/ベストカー編集部、レクサス

【画像ギャラリー】レクサス「F」シリーズの歴史とIS500 Fスポーツパフォーマンスを画像でチェック!


■2020年11月にビッグマイナーチェンジしたIS

IS350 Fスポーツ。Fスポーツは前後異サイズの19インチホイールを専用設定。スタビライザーやEPSなどを専用チューニングして走りを磨いている

 IS Fスポーツを紹介する前に、マイナーチェンジしたレクサスISの販売状況を報告しておこう。

 2020年11月5日、レクサスISはビッグマイナーチェンジし発売された。絶好調の滑り出しを見せ、多数のバックオーダーを抱えている状況にある。2021年3月上旬現在、納車待ちがノーマルのカタログモデルでは6ヵ月、特別仕様車の「Fスポーツモードブラック」は9ヵ月となっている。

 当面の生産枠では供給が間に合わないことから、一時受注をストップさせているほどの人気ぶりである。売れ筋の中心になっているのは「Fスポーツ」であり、受注構成比はカタログモデルで40%、特別仕様車を含めると半分以上となっている。

 2021年1~2月の登録累計は2077台で前年同期の193台に比べて、10倍以上の急増ぶりとなっている。このうちハイブリッドの350hが1513台で全体の72.8%を占めている。

特別仕様車の「Fスポーツモードブラック」。ブラックを基調としたカラーコーディネートで、精悍さを際立たせている

 特別仕様車の「Fスポーツモードブラック」は、2リッターターボの300Fスポーツと3500ガソリンNAの350Fスポーツをベースに仕立てている。

 足回り強化をはじめ、専用鍛造アルミホイール、ドアミラー専用ブラック塗装、専用アッシュ&本革ステアリング、オーナメントパネル(パワーウインドウスイッチベース部)、専用本革スポーツシート、専用8インチTFT液晶式メーターなどを特別装備している。

 車両本体価格はIS300が585万円、IS350が700万円で、それぞれベース車に対して50万円高となっているが、実際は約100万円分のコストアップだが、実質50万円も安い勘定になるという。

■新型IS Fスポーツパフォーマンスは初代IS Fの再来なのか?

レクサスIS Fは2007年12月から販売開始。全長4660(+80)×全幅1815(+20)×全高1415(-20)mm、車重は1690(+90)kg(※カッコ内はIS350比)
IS Fの2UR-GSE型V8DOHCエンジンは4968ccの排気量から、最高出力423ps/51.5kgmを発生
LFAは2010年12月に第1号車を生産開始。1日に1台のペースで生産され、限定台数の500台を生産した

 Fの称号が最初に与えられたのは初代IS F(2007年~2014年)だった。サーキットで鍛えられた足回り、フロントが225/40R19、リアが255/35R19というタイヤを収めるために広げられた前後のブリスターフェンダー、そしてなんといっても注目すべきは新開発の5L、V8自然吸気エンジンだ。

 筒内直接噴射とポート噴射を併用するD-4Sや電動連続可変バブルタイミング(VVT-iE)などの先進技術を採用し、423ps/505Nmを発生した。

RC Fは2020年9月に改良を行って、スマートフォンとマルチメディアシステムとの連携などで利便性を向上させている

 続いて2010年12月、世界超一級レベルの運動性能と超一流の感性と官能を持ち合わせるスーパーカーとして世に送り出すべく開発された、レクサス初のスーパーカー、LFA(レクサス Fスポーツ アペックス/限定500台生産)。

 Fシリーズの頂点として、独創的なスタイルと、3750万円という価格もさることながら、560ps/480Nmの4.8L、V10の性能にも驚かされた。

 これに続くFの称号が与えられたのは、レクサスの戦略により、3代目ISではなく、2014年10月に登場した2ドアクーペのRC Fだった。発売当初搭載された2UR-GSE型5L、V8は477ps/530Nm。2019年10月の一部改良では、約20kgの軽量化と、5L、V8エンジンは481ps/535Nmに向上した。

GS Fはセダンでありながらサーキット走行も楽しめるFシリーズの高性能モデルとして、2015年11月に登場した

 2015年11月にはGS Fもデビューしたが、2020年9月にGSとともに生産が終了したため、現行モデルのFは、RC Fのみとなっている。

 これまでFシリーズの頂点としてLFAがあり、プレミアムスポーツとしてのFモデル、そしてモータースポーツのエンジニアリングに根ざした専用設計が特徴で、サーキット走行から日常の市街地ドライブまでシームレスにスポーツドライビングが堪能できるモデルのFスポーツを各車種にラインナップしてきた。

次ページは : ■北米レクサスがIS500 Fスポーツパフォーマンスを発表!

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ