トヨタ 新型プリウスPHEVに最強モデル「GRMN」投入計画!! 登場は1年後!?

トヨタ 新型プリウスPHEVに最強モデル「GRMN」投入計画!! 登場は1年後!?

 2022年11月にワールドプレミアされたトヨタ 新型プリウス。PHEVモデルの発売は2023年春とのことだが、発売を待たずしてベストカースクープ班はプリウスのPHEVにスポーツモデルのGRMNが投入される計画があるという情報をキャッチ!! 

 登場当初から「スポーツカーみたい!」との声が多かった新型プリウスだけに、期待は高まるばかりだ!!

※本稿は2022年12月のものです
文・予想CG/ベストカー編集部、写真/ベストカー編集部、トヨタ、トヨタカスタマイジング&ディベロップメント
初出:『ベストカー』2023年1月26日号

■PHEV初の本格スポーツモデル登場!?

スポーツカールックになった新型プリウスはGRMNがよく似合う。ベースは2Lハイブリッドではなく、PHEVになるのが新しい(画像はベストカーによる予想CG)
スポーツカールックになった新型プリウスはGRMNがよく似合う。ベースは2Lハイブリッドではなく、PHEVになるのが新しい(画像はベストカーによる予想CG)

 トヨタでは気になる情報が入っている。発表されたばかりの新型プリウスにGRMN仕様が計画されているというものだ。実現すれば、国内では初めてのPHEVによる本格スポーツモデルということになる。

 既報のとおり、新型プリウスはPHEVをスポーティなパワーユニットとしてアピールしている。2Lハイブリッド(THSII)のシステム出力が196psで0~100km/h加速が7.5秒なのに対し、2L PHEVはそれぞれ223ps、6.7秒。

 燃費ももちろんハイブリッドを上回るだろうが、それ以上に“速さ”をアピールポイントとしているのだ。

 つまり、GRMNのベース車によりふさわしいということ。従来のやり方なら、PHEVは環境重視でGRMNとは別のところにあるはずだったが、新型は逆。三菱のアウトランダーPHEVも本格スポーツのラリーアート仕様を開発中とあって、ハイブリッドも新時代が来ていることを実感させられる。

■パワーユニットはどうなる!?

写真は新型プリウスのインテリア。GRMNは専用アイテムを豊富に用意
写真は新型プリウスのインテリア。GRMNは専用アイテムを豊富に用意

 では、プリウスPHEV GRMNはどんなクルマになるか。スポット溶接の増し打ち、構造用接着剤の延長使用などでボディ剛性を向上し、サスペンション、ブレーキを徹底的に強化。また、インテリアも専用アイテムが奢られ、ノーマルとは一線を画す仕上がりとする。

 ここまでは従来のGRMN仕様に則った定番メニューだが、パワーユニットをどうするかが注目ポイント。事情通によるとモーターのパワーアップは難しく、できるとしたらベースとなる2Lエンジンのチューニングではないかと言う。

 エンジンスペックは12月16日現在未発表で予想は難しいが、パワーアップもさることながら、レスポンスやサウンドなど感性に訴える部分の改良がメインになるのではないかと言う。

 登場は約1年後の2023年末から2024年春先と予想。GRMNこそ新型プリウスが目指す“真の姿”となるはずだ。

【画像ギャラリー】新型プリウスGRMN予想CG&ノーマルとの比較を画像でチェック!!(17枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

Rebirthスズキカプチーノ! 「注目新車三人が斬る」の人気企画だけでなく、今号は「あぶない刑事」のスペシャルインタビュー、そしてポスターも付属! ベストカー6月26日号