【ハリアーに続き走りのSUV設定!!】絶好調RAV4にGRスポーツ開発情報入荷!!!

「日本で一番売れているSUV」に待望のスポーティモデルが登場へ!

 今や身内のC-HRやホンダのヴェゼルを越え、SUV販売No.1モデルに躍り出たのがトヨタ RAV4。

 2019年4月に、日本市場へ約2年8ヵ月ぶりに“復活”を遂げると、出だしから売れに売れ、2019年5月に6817台、6月に7822台、7月に8646台、8月に6277台を販売。

 目下、4ヵ月連続で上記2台を越え、SUV販売No.1の座をがっちり固めつつある。

 そんな絶好調RAV4とあって、スペシャルな追加モデルに関する動きも活発。SUVでは現在のところハリアーだけに設定されている「GRスポーツ」を、RAV4にも設定するとの情報を入手した!!

 ベースモデルもプラットフォームを一新し、基本性能は高いだけに、より注目なRAV4 GRスポーツは得意のオフロードだけでなく、オンロードのフットワークも大幅に高まる! 

文/CG:ベストカー編集部
ベストカー 2019年9月26日号

【画像ギャラリー】全12車が発売中!! トヨタの精鋭GRシリーズ


トヨタのスポーツモデル「GR」の次の一手はRAV4に!

2017年9月、従来の「G’s」に替わる形で登場したハリアー GRスポーツ。価格は339万8760円

 GRブランドの強化を推し進めているトヨタ。

 ご承知のとおりGRとは「GAZOO Racing(ガズーレーシング)」の頭文字で、トヨタ自動車本体にある社内カンパニーのひとつ。モータースポーツ活動と、それとリンクしたスポーツ性の高いモデルの開発を担う社内カンパニーだ。

「86GR」や「GRMNヴィッツ」に代表される、既存のトヨタ車をベースに独自の手法でスポーツ性能を高めるチューニングを施すワークスチューニングのイメージが強いかもしれないが、GRの本質はそこではない。

 例えば新型スープラは販売上の名称が「GRスープラ」とされ、GRカンパニーが企画開発の主体となったモデルである。スープラそのものがGRモデルであり、そうしたGRブランド独自のニューモデル開発にも取り組んでいるのがGRカンパニーなのだ。

RAV4 GRスポーツ量産に向けて開発に着手!

こちらがGR次の一手として開発が進むRAV4 GRスポーツ(予想グラフィック)。ベースモデル以上に迫力あるルックスとなる

 前置きが長くなってしまったが、そうしたスポーツモデル開発の高いノウハウを蓄積したGR開発陣が今開発に取り組んでいるのが「RAV4 GRスポーツ」だ。

 GRモデルとしては最もスポーツ性能への特化を抑えながら、手軽に、しかし本格的なスポーツチューンドの走りを味わえる「GRスポーツ」は、エンジンやトランスミッションなどに手を入れることはなく、ボディの補強やサスペンションのチューニングでオンロードでの走行性能を高めるのが狙い。

 カムリやレクサス ESと基本は同じTNGAプラットフォームを採用するRAV4の基本性能はとても高い。特にフロント周りのボディ剛性は高く、チューニングに対する懐はとても深いという。

こちらはベースモデルのRAV4

 現行型RAV4はオフロード性能の高さをアピールしているが、GRスポーツではあえてオフロード性能を犠牲にしてもオンロードでのフットワークを高めることでノーマルシリーズとの差別化を明確にする。

 最低地上高はあえて下げ、オフロードイメージのブラックのフェンダーモールは、ボディ同色のオーバーフェンダーのようなデザインとすることで大きく外観の雰囲気は変わる。

 GRカンパニーではすでに開発に着手しているという情報で、再来年の2021年にも市場投入を目指しているという。

 一方、日本国内では2019年3月にデビューしたばかりだが、北米では2018年12月より発売されていて、2022年秋にはマイチェンが予定されている。

 現在RAV4は販売的には好調ということもあり、トヨタ本体ではマイチェン後のモデルにGRスポーツを設定するべきであるという意見もあり、そうなるとGRスポーツ投入時期が若干後になる可能性もある。今後の情報を注視していきたいと思う。

【画像ギャラリー】全12車が発売中!! トヨタの精鋭GRシリーズ

最新号

ベストカー最新号

【次期フェアレディZ誕生へ】日本車 2020年期待の星|ベストカー12月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、伝統のある日本車のビックネームであるフェアレディZとパジェロの次期型情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、日本車2020年期待の星、GR SPO…

カタログ