CX-5が順調な伸び マツダの11月生産・販売状況が発表

■国内生産はCX-5の孤軍奮闘が目立つ

マツダが2017年11月の販売台数、生産台数を発表した。国内生産ではCX-5が前年同月比でかなりの台数を伸ばしているものの、アクセラやCX-3についてはかなりの苦戦が見られる。

1.国内生産/海外生産

国内生産は乗用車と商用車がともに減となり、前年同月実績を下回りました(-0.2%)。

【国内生産 主要車種実績】
「CX-5」    :    4万4084台    (前年同月比+45.1%)
「アクセラ」:    1万4117台    (同-30.7%)
「CX-3」    :    1万2690台 (同+30.0%)
 
海外生産は乗用車と商用車がともに増となり、前年同月実績を上回りました(+0.3%)。

【海外生産 主要車種実績】
「アクセラ」 :    2万6032台    (前年同月比-1.7%)
「デミオ」  :    9789台    (同+24.9%)
「CX-4」     :     7577台 (同+8.5%)

2.国内販売

乗用車と商用車がともに減となり、前年同月実績を下回りました(-19.3%)。シェアは、登録車が3.9%(前年同月差-1.0ポイント)、軽自動車が2.0%(同±0.0ポイント)、総合計は3.2%(同-0.7ポイント)でした。

【主要車種実績】
「CX-5」    :    3151台    (前年同月比+181.6%)
「デミオ」   :    1831台    (同-63.7%)
「アクセラ」 :    1510台    (同-34.2%)

3.輸出

北米、オセアニアなどの増により、前年同月実績を上回りました(+2.1%)。

【主要車種実績】
「CX-5」    :  3万8586台 (前年同月比+36.2%)
「アクセラ」:  1万2619台    (同-24.7%)
「CX-3」    :  1万394台 (同+40.5%)

 

 

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rファイナル登場か!?】ガソリンエンジンの逆襲!!|ベストカー 2020年1月10号

 ベストカーの最新刊が本日発売!    最新号では、 巻頭スクープで『ガソリンエンジンの逆襲』と題し、GT-Rファイナルエディション、レクサスLC Fなど注目車の存在をキャッチ。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。  そ…

カタログ