ホンダの新型バイク「クロスカブ」が相当カッコいいぞ

■スーパーカブのレジャー用兄弟車! 価格もお手頃!!

「スーパーカブ」のレジャーユース用として開発された初代クロスカブ(2013〜2017年)が、このたびフルモデルチェンジして2月23日より全国のホンダ2輪販売店にて発売する(プラットフォームはスーパーカブと共用)。

 従来の110ccモデル(「クロスカブ110」)に加え、50ccモデル(「クロスカブ50」)も新設定。

クロスカブ110
クロスカブ110

 新型は、よりアクティブなイメージを高める外観デザインに一新。

 レッグシールドを廃止することで軽快感を演出するとともに、新たに採用したLEDヘッドライトを囲む特徴的なヘッドライトガードや、スリット入りのマフラーガード、マットブラック塗装のホイールリムにセミブロックタイプのタイヤを採用するなど、堅牢な雰囲気をより高めている。
 また、新たにタンデムステップを装備することで、2人乗りにも対応。

多彩なボディカラーもクロスカブの魅力のひとつ
多彩なボディカラーもクロスカブの魅力のひとつ

 エンジンは、スーパーカブ110に搭載されている、タフネス性、静粛性に優れ、上質な変速フィールを実現した空冷・4ストローク・単気筒エンジンを採用。
「クロスカブ110」のカラーリングは、カラフルなパールシャイニングイエローとマグナレッドに加え、アウトドアシーンに映えるカムフラージュグリーンの3色のバリエーションとしている。

 いっぽう「クロスカブ50」は、クロスカブ110同様のスタイリングに、取り回しやすさに寄与する小径14インチタイヤと、足つき性の良さに配慮した形状のシートを採用することで、より身近でフレンドリーなモデルとして用意。
 エンジンは、スーパーカブ50に搭載されている、優れたタフネス性と静粛性、上質な変速フィールを実現した空冷・4ストローク・単気筒エンジンを採用。
 カラーリングは、鮮やかなマグナレッドと落ち着きのあるクラシカルホワイトの2色のバリエーションとしている。

 ちなみに燃費は、国土交通省届出値定地燃費値でプリウスも真っ青の94.0km/L(クロスカブ50/1人乗車時)。クロスカブ110だと61.0km/Lだそうです。さすが世界のカブ。

こちらは新設定された「クロスカブ50」
こちらは新設定された「クロスカブ50」

 以下、公式リリースより引用。

●販売計画台数(国内・年間)
シリーズ合計    5,200台

●メーカー希望小売価格(税込)
クロスカブ50 291,600円
クロスカブ110 334,800円

=クロスカブ50/クロスカブ110の主な特徴=
●スタイリング
・幅広でゆったりとしたアップライトポジションのハンドル
・レッグシールドを廃止し、Hondaロゴを強調したフレームカバーを採用
・ボディー両サイドに取り外し可能なサイドカバーを採用。右サイドカバー内側のボディーにECUなどの電装系部品を配置しメンテナンスのしやすさに配慮。左サイドカバー内側はメンテナンスノートなどの収納スペースを確保
・省エネルギーで長寿命なLEDを採用した丸形のヘッドライトに、堅牢な雰囲気を一層際立たせるヘッドライトガードを組み合わせて装備
・タフな印象を演出する、スリット入りのマフラーガード
・遊び心のあるカムフラージュ柄をあしらったメーターパネル
・被視認性に配慮した、丸みのある縦長タイプのテールランプ

●エンジン
・高効率の空冷・4ストローク・単気筒エンジンを搭載
・さらなるタフネス性と低フリクションを追求したピストンおよびシリンダーの採用
・新たに交換式オイルフィルターを追加したほか、ドレンボルト部にスクリーンフィルターを配置。オイルレベルゲージは挿入ガイド部を設けた形状に変更するなど、オイル交換時の優れたメンテナンス性を実現
・冷間始動時の静粛性をより高めたカムチェーンラインの採用
・シフトドラムの回転軸をニードルベアリングで支持することで、より滑らかで軽く、節度感のある変速フィーリングを実現
・2段キャタライザー式エキゾーストマフラーの採用などにより、平成28年排出ガス規制に対応

=クロスカブ110の専用装備=
・タンデムステップを新たに装備し、2人乗りにも対応
・オフロードイメージを演出する、可倒式ステップを採用
・水や泥はねなどの影響を抑えるリアマッドガードを装備
・ドライブチェーンを従来のものからサイズアップし、さらなる耐久性と長寿命化に配慮
・足回りを引き締めるマットブラック塗装を施したホイールリムとハブ、17インチのセミブロックタイヤを採用
・快適な乗り心地にこだわった座面の広い厚手のシートを採用

=クロスカブ50の専用装備=
・軽快感のあるメッキリムに、優れた取り回しに寄与する小径14インチタイヤを採用
・足つき性の良さに配慮した形状のシートを採用

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ