ホンダの小型セダン 新型アメイズが世界初公開 日本導入熱望!!

 2018年2月7日、インドで開催されている「デリーオートエキスポ 2018」にて、ホンダが、新型アメイズを世界初公開!! 2代目となる新型アメイズは、2018年度中にインドで発売予定であることも明らかとなった。


新プラットフォーム採用で全長4m以下

デリーオートショーで公開された新型アメイズと八郷社長
デリーオートショーで公開された新型アメイズとホンダ八郷隆弘社長

 2代目となる新型アメイズは、インド市場における1クラス上のプレミアムセダンの特長を備えたコンパクトセダンとして開発。

 新開発のプラットフォームを採用し、全長4m以下とコンパクトな車体サイズながら、「空力にも配慮した洗練されたセダンスタイルに、ゆとりある広々とした室内空間と十分なトランクスペースを兼ね備えた」という。

 また、最新の安全技術を採用していることも明らかにされた。

キビキビ走る小型セダンに期待

現行型よりボリューム感が増した新型アメイズ
現行型よりボリューム感が増した新型アメイズ

 今回発表されたアメイズは冒頭で触れたとおり、2代目となるフルモデルチェンジ車。

 ホンダはインドを始めとした新興国市場向けに、フィットよりひと回り小さいブリオを販売している。ブリオは、全長3.6m級のコンパクトハッチで、これをセダン化したモデルがアメイズだ。

 現行型アメイズは、全長3990×全幅1680mmと日本の5ナンバー枠に収まるサイズ。「新型も全長4m以下」をホンダが公言していることから、サイズ的にはほぼ据え置きとなる見込み。

 アメイズはこれまで日本未導入。新型も日本導入の予定はないが、組み合わせるエンジン次第では、“キビキビ走るコンパクトセダン”となる可能性も秘めている。今後の展開に期待したい。

最新号

ベストカー最新号

【2021年新型Z登場!!】日産怒涛の新車戦略|ベストカー8月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、日産が2023年度までに国内投入する新型車10モデル最新情報ををお届け。  そのほか、2Lエンジン搭載カローラ、レクサスLCコンバーチブル、プジョー208など注目車種の情報から、2020年1/2ベ…

カタログ