新型VWポロいよいよ日本発売!! 8年ぶりの新型で国産超強豪勢に挑む

■ライバルはアクア、フィット、ノート、デミオ、スイフト

 フォルクスワーゲングループジャパンは、2018年3月20日、VW「ポロ」を約8年ぶりにフルモデルチェンジし、本日から全国のVW正規ディーラーで販売する。ポロは、1975年に欧州で初代が発売されて以降、40年以上にわたり1400万台以上が生産されている世界的なベストセラーカーで、日本では1996年に導入を開始。

 累計25万台以上が輸入・販売されており、毎年輸入車販売台数上位をキープする人気モデル。

 新型「Polo」のモデルラインアップと価格は下記の通り。

ポロTSIトレンドライン 209万8000円
ポロTSIコンフォートライン 229万9000円
ポロTSIハイライン 265万円
(今回導入されたのは1.0Lガソリンエンジン+7速DSGモデルのみで、装備が違う3グレードを用意)

 新型ポロのサイズは全長4060✕全幅1750✕全高1450mm。これはトヨタのアクア(全長4050✕全幅1695✕全高1455mm)とほぼ同サイズ。

 新型ポロのパワートレインは、新開発の3気筒1.0L TSI エンジンで、95ps(5000~5500rpm)を発生。先代型の1.2L TSIエンジンよりもパワフルな設計となっている。 最大トルクは175Nm(2000〜3500rpm)で必要十分。これに乾式の7速 DSGを組み合わせている。

 日本のコンパクトカークラスといえば、トヨタがアクア&ヴィッツ、日産がノート&マーチ&キューブ、ホンダはフィット、マツダがデミオ、スズキはスイフトと、各メーカー、エース級をズラリと揃える超激戦区。このカテゴリーに殴り込んでくるかたちとなる欧州伝統のVW、果たして勝機はあるのか。

 走行性能にかなりの自信があるようなので、試乗が楽しみだ。

 

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ