知る人ぞ知るスズキの屋台骨、新型「エルティガ」デビュー

■世界で大好評のコンパクトミニバン

 2018年4月19日、スズキはインドネシアで販売している7人乗り3列シートのコンパクトミニバン「エルティガ」を全面改良(フルモデルチェンジ)した、と発表しました。

1.5Lガソリンエンジンを搭載する3列シート7人乗りのミニバン「エルティガ」
1.5Lガソリンエンジンを搭載する3列シート7人乗りのミニバン「エルティガ」

 エルティガは2012年1月、インドの「ニューデリーオートエキスポ」にて初代が発表され、同年4月からインドおよびインドネシアで発売された。両国および世界70以上の国と地域で販売され、今年2月末までで累計68万台以上を売る、スズキの隠れた屋台骨のひとつ。

 今回発表された新型エルティガは、スズキの新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」を採用し、全長を130mm延長したことで、広い室内空間と荷室スペースを実現。エンジンは新開発の1.5Lガソリンエンジンを搭載している。

 現在、日本国内では日産セレナのOEMである「ランディ」以外に3列シート7人乗りのラインアップを持たないスズキ。ぜひこの「エルティガ」を国内導入してみてはいかがだろうか。逆輸入、待ってます!

最新号

ベストカー最新号

国産8メーカー 2020年までの新車スケジュール ベストカー9月10日号

 自動車総合誌「ベストカー」最新号が、2018年8月10日に発売。今号の巻頭では、2020年までに登場する国産8メーカーのニューカースケジュールを完全網羅。また大人気、ジムニーとN-VANの試乗記も掲載している。内容盛りだくさんの9月10日…

カタログ