データシステムのドライブレコーダーも4K時代へ!


■東京オートサロンで今夏発売予定の新型機を展示

2019年東京オートサロンのデータシステムブースは「ドライブレコーダーも4K時代へ」をテーマに、今夏発売予定のドライブレコーダー2機種を公開。さらに安全運転をサポートするカメラ関連の新製品も出展。ひとつのカメラでクルマの周囲を確認できる、ユニークなスカイトップビューカメラや、小型・丸形180°カメラを採用したエンブレムフロントカメラキットなど興味深い新製品が揃った。デモカーのロードスターも同社の新型エアロパーツを装着した。

■4Kの高画質ドライブレコーダーDVR3400

最高レベルの4K(3840×2160)の高画質を実現したのがデータシステムのDVR3400だ。フルハイビジョンの4倍も高精細な美しい映像を記録できるスーパーハイクオリティドライブレコーダーの映像をハイビジョンと比較展示。信号などを含めて周囲の状況を余さず記録するので、もしもの時にも心強い。

業界最高レベルの4K(3840×2160)の高画質撮影が可能な新製品DVR3400

次ページは : ■WQHDの高画質で2カメラにも対応するDVR3200

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ