【画像ギャラリー】世界のマニアから愛され続ける大きな理由~ スバルが世に登場させた独自技術と初搭載車~

水平対向エンジン

記事に戻る|走りの良いハイブリッド!? スバルのe-BOXERの評判がいい理由

第1世代/1966~1994年 初搭載はスバル1000
第2世代/1989年~ EJ初搭載は初代レガシィシリーズ
第3世代/2010年~ FB初搭載は3代目フォレスター

シンメトリカルAWD

1972年レオーネ4WDエステートバンに初搭載
1990年代から始めたWRCのワークス活動により大きく進化

アイサイト

2008年レガシィにver.1が初搭載、2010年ver.2 、2013年ver.3、2017年ツーリングアシスト追加

e-BOXER

2018年5代目フォレスターADVANCEに初搭載

ECVT(電子制御クラッチ式無段変速機)

1984年ジャスティに電子制御クラッチ式無段変速機を世界初搭載

SEEC-T(排ガス浄化装置)

排ガス浄化装置の開発に世界で初めて成功し、1971年初代レオーネに搭載

歩行者保護エアバッグ

2016年10月デビューの5代目インプレッサに日本メーカーとして初搭載
歩行者の衝突被害が大きく軽減される

記事に戻る|走りの良いハイブリッド!? スバルのe-BOXERの評判がいい理由

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ