【画像ギャラリー】初代タフトと新型ハスラーの詳細写真

初代タフト、12月下旬に発売される新型ハスラー

元記事に戻る【東京オートサロン2020】ダイハツ新型タフト世界初公開!! 市販化間違いなし!! 

1974年8月にデビューしたダイハツタフト。エンジンは当初、1Lのガソリンエンジンのみだったが、後にダイハツ製2.5Lディーゼル、トヨタとの業務提携により1.6Lガソリンエンジンを追加し、最終モデルでは2.8Lにまで拡大された。1980年にはブリザードの名でトヨタにOEM供給。1984年にフルモデルチェンジしラガーに車名変更
2020年1月10日から始まる東京オートサロンで発表されるダイハツタフトコンセプト
2019年12月下旬に発表される新型ハスラー
先代ハスラーよりも四角いスタイルが特徴
まるで時計・Gショックが3つ並んだようなデザインのハスラーのコクピット
中央の枠の中はナビやエアコンの操作系
一番左側はコンソールボックス
通常状態のラゲッジが広くなり、使い勝手がよくなった
MTBやサーフボードなど長尺物の積載も難なくこなす新型ハスラー

元記事に戻る【東京オートサロン2020】ダイハツ新型タフト世界初公開!! 市販化間違いなし!!

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】セリカ復活も!? トヨタのスポーツ&電動化戦略が加速する!!|ベストカー3月26日号

 ベストカー3月26日号が、本日発売。今号のベストカー、巻頭を飾るスクープは、トヨタのスポーツモデル戦略を追います。  高評価を受けるGRヤリス搭載の1.6L、直3ターボ。272ps/37.7kgmを発生するこのエンジンを次に積むモデルは、…

カタログ