「すぐ市販してくれ!!」東京オートサロンで見つけたカーライフを楽しくする秀逸アイデア4選

「すぐ市販してくれ!!」東京オートサロンで見つけたカーライフを楽しくする秀逸アイデア4選

 自動車メーカーの展示をみることができるモーターショーでは、華々しい新型車の発表だけでなく、見たことがないGOODなアイディアを見かけることもある。今回の東京オートサロン2023でも、「これは良い!!」と感じたアイディアがいくつもあった。なかでも、筆者が特に「欲しい!!」と感じた、GOODなアイディアを4つご紹介しよう。

文:吉川賢一
写真:DAIHATSU、TOYOTA、エムスリープロダクション

ルーフにボート!!? 「ダイハツ アトレー ワイルドレンジャー」

 一見、ハイルーフにみえる「ダイハツ アトレー ワイルドレンジャー」。実はこれ、逆さまにしたボートが載せられている。ルーフの横についているのはスコップではなくて船のオールだ。

 このクルマのコンセプトは「あと一歩奥まで」。レジャーをしに遊びに行った先で、ボートを下ろして、水辺で釣りや探検に使う、というアイディアだそう。また、水害の際などには、レスキュー用途としても使えるという。

 開発担当者によると、実際にこのボートを浮かべようと出かけた先で、ワカサギ釣りをしていたレジャー客に見てもらったところ、「ぜひ欲しい」と大反響だったそう。ボートを使う方はボートの置き場に困っているとのことで、普段からクルマに積んでおきたいと思っているという。そんな課題のひとつの答えとして、大いにアリなアイディアだと感じた。

ダイハツブースにあったアトレー ワイルドレンジャー。ルーフは2重構造になっており、逆さまにしたボートが載せられている
ダイハツブースにあったアトレー ワイルドレンジャー。ルーフは2重構造になっており、逆さまにしたボートが載せられている

アクションカメラを装着できる!! フェンダーモールフック 「スバル クロストレックBOOST GEARコンセプト」

 スバルブースでひときわ注目を浴びていた、スバル クロストレックBOOST GEARコンセプトには、様々なアイディアグッズが仕込まれていた。なかでも筆者が注目したのは、フェンダーにつけられたグリップだ。

 コンセプトカーではアクションカメラが備え付けられていたが、走行シーンやキャンプシーンなどの記録を残すための台座として利用することができる。ドアモールも開閉式で、停車中にちょっとしたグッズを乗せたり、リアフェンダーにつけたマグネットにアウトドア工具をつけて置いたりと、アウトドアで活用するアイディアが仕込まれていた。

 この「BOOST」は、アクティブライフを楽しむユーザーの後押しをしたい、というのがコンセプトだという。差し色で使われているターコイズカラーは、BOOST商品のコンセプトカラーだそう。「BOOST」は、今後の反応をみて、国内展開をしていこうと検討中とのこと。アウトドア好きにはたまらない商品となりそうだ。

スバル クロストレックBOOST GEARのフェンダー上部についていたグリップ。展示車にはアクションカメラが付けられており、オフロードシーンを走るという、大迫力な映像を収めることができる
スバル クロストレックBOOST GEARのフェンダー上部についていたグリップ。展示車にはアクションカメラが付けられており、オフロードシーンを走るという、大迫力な映像を収めることができる

次ページは : スイッチひとつで後席窓がすりガラスに!! 「日産 ROOX SUITE CONCEPT」

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ