アルファード/ヴェルファイア中古車戦線が熱い!! 一気に高騰中で狙い目はどれ?

 今や日本国内だけでなく、中国をはじめとしたアジア圏において車両価格が1000万円を超える高級車ながら、圧倒的な人気を誇るアルファード/ヴェルファイア。

 2015年1月に販売開始して以来、高級ミニバンのカテゴリーにおいて大きなシェアを占めている。

 しかし、2019年10月8日に東京モーターショーに出展されるモデルとしてアルファード/ヴェルファイアを超える高級ミニバングランエースが公開された。

 ハイエースの後継車と思われていたが、全長5mを超える海外仕様のハイエースをベースに、豪華装備を満載した贅を尽くしたモデルとなっている。

 そういったニュースが流れたことで、一体現行モデルのアルファード/ヴェルファイアの中古車相場はどう動くのかを早速調べてみた。激変かそれとも盤石か一体どちらなのか。

 文:萩原文博、写真:トヨタ、ベストカー編集部

 【画像ギャラリー】トヨタが誇る高級ミニバンたち


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ