アルファード/ヴェルファイア中古車戦線が熱い!! 一気に高騰中で狙い目はどれ?


 今や日本国内だけでなく、中国をはじめとしたアジア圏において車両価格が1000万円を超える高級車ながら、圧倒的な人気を誇るアルファード/ヴェルファイア。

 2015年1月に販売開始して以来、高級ミニバンのカテゴリーにおいて大きなシェアを占めている。

 しかし、2019年10月8日に東京モーターショーに出展されるモデルとしてアルファード/ヴェルファイアを超える高級ミニバングランエースが公開された。

 ハイエースの後継車と思われていたが、全長5mを超える海外仕様のハイエースをベースに、豪華装備を満載した贅を尽くしたモデルとなっている。

 そういったニュースが流れたことで、一体現行モデルのアルファード/ヴェルファイアの中古車相場はどう動くのかを早速調べてみた。激変かそれとも盤石か一体どちらなのか。

 文:萩原文博、写真:トヨタ、ベストカー編集部

 【画像ギャラリー】トヨタが誇る高級ミニバンたち


高級ミニバンの中古車市場はいかに? 

 約半年前の2019年4月頃、現行型アルファードの中古車の平均価格は約407万円で値落ち傾向だった。

 いっぽうヴェルファイアの平均価格は約385万円で横這いとなっており、アルファードが買いのタイミングだった。

現行型アルファード

 では、最新の中古車相場はどうかと見てみると、現行型アルファードの中古車の流通台数は約1320台。3カ月前が約1180台だったので、中古車の流通台数は増加している。

 そして、中古車の平均走行距離を見てみると、3カ月前が約1.5万kmだったに対して、今月は約1.3万kmへと減少し、全体的に走行距離の少ない中古車が増加していると示した。

 その結果、平均価格は3カ月前の約410万円から約419万円へ値上がりしているのだ。

ヴェルファイアの中古車相場をみると

現行型ヴェルファイア

 続いてはヴェルファイアの中古車事情を見てみると、流通台数は3カ月前の約1370台から一時減少したものの、約1370台と同じ水準まで戻してきた。

 平均走行距離は3カ月前が約2.2万kmで今月は約2.3万kmと若干増えたものの横這いといえるレベルだ。気になる平均価格だが、3カ月前が約380万円で、今月が約386万円とアルファード同様に値上がり基調となっているのだ。

 現在のところグランエース登場による影響は皆無ということになっている。しかし、より詳しく調べてみると驚くべき事実がわかった。

次ページは : 中古相場に隠れた驚くべき真実

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ