アルファード/ヴェルファイア中古車戦線が熱い!! 一気に高騰中で狙い目はどれ?

 今や日本国内だけでなく、中国をはじめとしたアジア圏において車両価格が1000万円を超える高級車ながら、圧倒的な人気を誇るアルファード/ヴェルファイア。

 2015年1月に販売開始して以来、高級ミニバンのカテゴリーにおいて大きなシェアを占めている。

 しかし、2019年10月8日に東京モーターショーに出展されるモデルとしてアルファード/ヴェルファイアを超える高級ミニバングランエースが公開された。

 ハイエースの後継車と思われていたが、全長5mを超える海外仕様のハイエースをベースに、豪華装備を満載した贅を尽くしたモデルとなっている。

 そういったニュースが流れたことで、一体現行モデルのアルファード/ヴェルファイアの中古車相場はどう動くのかを早速調べてみた。激変かそれとも盤石か一体どちらなのか。

 文:萩原文博、写真:トヨタ、ベストカー編集部

 【画像ギャラリー】トヨタが誇る高級ミニバンたち


高級ミニバンの中古車市場はいかに? 

 約半年前の2019年4月頃、現行型アルファードの中古車の平均価格は約407万円で値落ち傾向だった。

 いっぽうヴェルファイアの平均価格は約385万円で横這いとなっており、アルファードが買いのタイミングだった。

現行型アルファード

 では、最新の中古車相場はどうかと見てみると、現行型アルファードの中古車の流通台数は約1320台。3カ月前が約1180台だったので、中古車の流通台数は増加している。

 そして、中古車の平均走行距離を見てみると、3カ月前が約1.5万kmだったに対して、今月は約1.3万kmへと減少し、全体的に走行距離の少ない中古車が増加していると示した。

 その結果、平均価格は3カ月前の約410万円から約419万円へ値上がりしているのだ。

ヴェルファイアの中古車相場をみると

現行型ヴェルファイア

 続いてはヴェルファイアの中古車事情を見てみると、流通台数は3カ月前の約1370台から一時減少したものの、約1370台と同じ水準まで戻してきた。

 平均走行距離は3カ月前が約2.2万kmで今月は約2.3万kmと若干増えたものの横這いといえるレベルだ。気になる平均価格だが、3カ月前が約380万円で、今月が約386万円とアルファード同様に値上がり基調となっているのだ。

 現在のところグランエース登場による影響は皆無ということになっている。しかし、より詳しく調べてみると驚くべき事実がわかった。

中古相場に隠れた驚くべき真実

 現行型アルファード/ヴェルファイアは2015年1月に登場し、2017年12月にマイナーチェンジを行った(発売は2018年1月)。

ヴェルファイア(2015年発売時)

 そして2018年10月に一部改良を行い安全装備の標準装備化を行っている。すなわち2015年~2017年式を前期型、2017年式以降を後期型と区別することができる。

 そのように分けて中古車相場を調べてみた。

前期型と後期型で分けて相場をみると

 その結果、後期型で安全装備が充実した2018年式以降のアルファードの平均価格は3カ月前が約465万円。

 今月も約465万円と横這いとなっているが、ヴェルファイアは3カ月前の約408万円に対して今月は443万円と35万円も値上がりしているのだ。

 同じ後期型でも2017~2018年式は約453万円から約450万円とほぼ横這いなので、一気に価格差が縮まっている。

 確かに3カ月前の相場が安すぎたとも考えられるが、平均走行距離はほとんど変化していないこと、そして流通台数が減少していることから考えると、お買い時な中古車が市場から姿を消してしまったということになる。

 それでは、流通台数が豊富な前期型の中古車相場はどうなっているのだろうか。

アルファード(2015年発売時)

 アルファードは3カ月前が約382万円に対して今月は約386万円。そしてヴェルファイアは約365万から約368万円と両モデルともにわずかならが値上がり傾向となっている。

 さすが、人気モデルだけに中古車相場をどのように調べてみても盤石となっているのだ。今回ばかりは値落ちしているグレードはないかと細かく調べてみると、ようやく発見!

購入するなら、このグレードがオススメ!!

 人気のアルファード/ヴェルファイアでも税金の高い大排気量グレードはやや敬遠されるのか、前期型アルファードの3.5エグゼクティブラウンジが3カ月前約490万円だった平均価格は約468万円と約22万円の値落ちを記録。

アルファード エグゼクティブラウンジ室内
約22万円値落ちしているという

 いっぽう、前期型のヴェルファイアは2WD車の3.5エグゼクティブラウンジは約5万円の値落ちに留まっているが、4WD車は3カ月前の約515万円から今月は約470万円へと大幅ダウン。

 値落ちしている車種の流通台数は少ないが、動くリビングルームとも言える贅沢な空間を実現した最上級モデルのエグゼクティブラウンジが今狙い目となっている。

 そのほかでは標準モデルはほぼ横這い、エアロ系モデルは値上がりと強気な相場となっている。

今後のアル/ヴェルの中古車相場の行方

 こうした背景はやはりアジア圏での人気の高さが影響している。国内で値下げして売らなくても海外へ輸出をすれば、アルファード/ヴェルファイアの中古車は高く売れることがわかっているからだ。

 このような流通システムが確立していることを考えると、今後もアルファード/ヴェルファイアの中古車に関しては大幅な値落ちは期待薄かもしれない。

 【画像ギャラリー】トヨタが誇る高級ミニバンたち

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rファイナル登場か!?】ガソリンエンジンの逆襲!!|ベストカー 2020年1月10号

 ベストカーの最新刊が本日発売!    最新号では、 巻頭スクープで『ガソリンエンジンの逆襲』と題し、GT-Rファイナルエディション、レクサスLC Fなど注目車の存在をキャッチ。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。  そ…

カタログ