アルファード/ヴェルファイア中古車戦線が熱い!! 一気に高騰中で狙い目はどれ?


中古相場に隠れた驚くべき真実

 現行型アルファード/ヴェルファイアは2015年1月に登場し、2017年12月にマイナーチェンジを行った(発売は2018年1月)。

ヴェルファイア(2015年発売時)

 そして2018年10月に一部改良を行い安全装備の標準装備化を行っている。すなわち2015年~2017年式を前期型、2017年式以降を後期型と区別することができる。

 そのように分けて中古車相場を調べてみた。

前期型と後期型で分けて相場をみると

 その結果、後期型で安全装備が充実した2018年式以降のアルファードの平均価格は3カ月前が約465万円。

 今月も約465万円と横這いとなっているが、ヴェルファイアは3カ月前の約408万円に対して今月は443万円と35万円も値上がりしているのだ。

 同じ後期型でも2017~2018年式は約453万円から約450万円とほぼ横這いなので、一気に価格差が縮まっている。

 確かに3カ月前の相場が安すぎたとも考えられるが、平均走行距離はほとんど変化していないこと、そして流通台数が減少していることから考えると、お買い時な中古車が市場から姿を消してしまったということになる。

 それでは、流通台数が豊富な前期型の中古車相場はどうなっているのだろうか。

アルファード(2015年発売時)

 アルファードは3カ月前が約382万円に対して今月は約386万円。そしてヴェルファイアは約365万から約368万円と両モデルともにわずかならが値上がり傾向となっている。

 さすが、人気モデルだけに中古車相場をどのように調べてみても盤石となっているのだ。今回ばかりは値落ちしているグレードはないかと細かく調べてみると、ようやく発見!

次ページは : 購入するなら、このグレードがオススメ!!