【画像ギャラリー】総勢26台! 晴れて(?)地味セダンなる称号を得た歴代セダンたちをギャラリーでチェック!!!

記事に戻る│【かつての「主役」】駆け寄って抱きしめたい愛すべき地味セダン列伝

■トヨタ プラッツ(1999~2005年)

■トヨタ コルサセダン(1978年-1999年)

トヨタ初のFF車として1978年に登場。以来4代にわたって地味な歴史を紡いだ

■スズキ カルタスエスティーム(1989年-1995年)

2代目カルタスのセダンタイプがエスティーム(尊重の意)。3代目はクレセント(三日月)。車名がステキ~!

■ダイハツ シャレードソシアル(1989年-1994年)

3代目シャレード(1987年~)の4ドアセダン。その名はソシアル。社交界を連想させる。でも地味なんだよね

■ホンダ フィットアリア(2002年-2009年)

初代フィットのタイ製セダン版。アジアでは「シティ」

■スズキ エリオセダン(2001年-2007年)

エリオ自体が地味だったが、そのセダンはさらに地味! しかも超希少! 最高!

■日産 ラティオ(2012年-2016年 *日本仕様)

2012年に発売されたタイ製小型セダン。見ただけで涙

■マツダ 2代目センティア(1995~2000年)

1995年に登場。経営危機のためエレガントだった初代から一転、トヨタ製高級車のような押出し感を強調したスタイルに方向転換。窓際感のカタマリとなりました!

■日産 4代目レパード(1996年-2000年)

1996年登場。波乱万丈の経緯をたどったレパードは、日産の経営危機で土俵際へ。セド/グロの兄弟車としてひっそり車生を終えたのでした

■スズキ キザシ(2009年-2015年)

2009年、突如彗星の如く現われたスズキ初の大型セダン。なぜスズキがこういうクルマを作ろうとしたのか、理由はいまだよくわかってない

■ホンダ 現行レジェンド(2015年-)

このデザインはまさに末期症状。次はあるのだろうか……

■日産 現行シーマ(2012年-)

日産のブランドイメージを上げるために復活したそうです。それを聞いただけで涙が出ます

■いすゞ フローリアン(1967年-1983年)

登場当初はこんないかつい顔じゃなく、初代ジェミニみたいなヨーロピアンな雰囲気だった。つまりフローリアンは、最後(1977年以降)にシーラカンスとして完成したのですネ!

■三菱 初代デボネア(1964年-1986年)

外国といえばアメリカ、ガイシャと言えばアメ車だった時代に誕生し、そのまま22歳まで生きました

■ユーノス500(1992年-1996年)

マツダバブルセダンを代表する一台。デザインが超スタイリッシュだった

■トヨタ プロナード(2000~2004年)

現在でもトヨタブランドのセダンとして史上最大級の広さを誇るが、「広いだけ」ってのが逆に地味だった。前列3人、定員6名のモデルもあったけど

■ホンダ 現行インサイト(2018年-)

流浪のモデル・インサイトは、北米で中型(日本ではかなり大型)セダンとしてリボーン、日本市場にも投入! シビックとアコードの中間サイズという細かい刻みが、なんとも地味 

■スバル 現行レガシィB4(2014年-)

スバルの売り上げの7割は北米市場につき、レガシィも完全に北米向けモデルに肥大化。国内ではレガシィB4の名前で売られているが、存在感は実に薄い。伝統あるモデルなんだけど

■日産 3代目マキシマ(1988年-1994年)

日産が「4ドアスポーツカー」と称した3代目マキシマ。米「カー・アンド・ドライバー」誌の「10ベストカー」にも選出。

■トヨタ セプター(1992年-1996年)

北米カムリを日本に持ってくると、ただうすらデカいだけのセダンになりました

■トヨタ アバロン(1995年-1999年)

大味な雰囲気がものめずらしかったけれど、日本ではまったく売れなかった

■トヨタ キャバリエ(1996年-2000年)

日米貿易摩擦緩和のため、シボレー・キャバリエをトヨタブランドで販売するも撃沈

■日産 サンタナ(1984~1990年)

2代目パサートのセダン版。中国や南米、そして日本などで販売され、なかでも中国では20世紀中は最量販車! 日本では地味な存在で終わりましたが、私の心には深く刻まれました

■ホンダ コンチェルト(1988年-1992年)

ホンダが当時提携していたオースチン・ローバーと共同開発したセダン。ヨーロピアンスタイルが地味にオシャレさん

■三菱 カリスマ(1996年-2001年)

オランダ・ネッドカーで生産された中型セダン。いかにも欧州車的なしっかりした乗り味だったけど、日本では理解されず

■トヨタ 2代目アベンシス(2003年-2009年)

トヨタのイギリス工場から逆輸入された。走りはまさに欧州車。ワゴンは多少売れたが、セダンはウルトラ希少&超地味。 続く3代目はワゴンのみが日本でも発売された

記事に戻る│【かつての「主役」】駆け寄って抱きしめたい愛すべき地味セダン列伝

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ