【画像ギャラリー】セダンイノベーション2020!!! 厳選7台の徹底評価をギャラリーでチェック!!!

記事に戻る│堂々登場!! 新型BMW2シリーズグランクーペが「セダンイノベーション」を巻き起こす!!

■トヨタ カローラセダン(価格帯 193.6万~294.8万円)

グレード:ハイブリッドS、全長×全幅×全高:4495×1745×1435mm、ホイールベース:2640mm、エンジン:直4DOHCハイブリッド、1797cc、最高出力:98ps/5200rrpm、最大トルク:14.5kgm/3600rpm、モーター出力/トルク:72ps/16.6kgm、WLTCモード燃費:29.0km/L、価格:257万4000円

 現行型は全幅拡大で3ナンバーサイズに拡大しながらも後席は狭くなったが、今でもセダンではコンパクトで運転しやすい部類に入る。先代型に比べると、走行安定性、乗り心地、内装の質は大幅に向上した。1.8Lエンジンは、実用回転域の駆動力に余裕があって運転しやすい。機能、装備、質感に対して価格は割安に抑えた。

■採点表
・ドライビングポジション:7
・後席居住性:5
・後席乗降性:6
・トランク容量:6
・安全装備充実度:7
・動力性能:6
・運転の楽しさ:6
・所有満足度:6
・コストパフォーマンス:8
※採点チェックは10点満点

■マツダ マツダ3セダン(価格帯 251.5741万~361.6963万円)

グレード:20Sプロアクティブ ツーリングセレクション、全長×全幅×全高:4660×1795×1445mm、ホイールベース:2725mm、エンジン:直4DOHC、1997cc、最高出力:156ps/6000rpm、最大トルク:20.3kgm/4000rpm、モーター出力/トルク:─、WLTCモード燃費:15.8km/L、価格:263万6741円

 ボディサイズのわりに後席が狭く、ファストバックほどではないが、後方視界もよくない。新開発エンジンのSKYACTIV-Xは価格が割高だが、1.8Lクリーンディーゼルターボは動力性能に余裕があって価格も妥当。峠道では車両の向きを変えやすく、運転を楽しめる。安全装備は後方の車両を検知する機能も含めて充実させた。

■採点表
・ドライビングポジション:8
・後席居住性:5
・後席乗降性:5
・トランク容量:7
・安全装備充実度:9
・動力性能:8
・運転の楽しさ:8
・所有満足度:6
・コストパフォーマンス:6
※採点チェックは10点満点

■ホンダ シビックセダン(価格帯 276.1万円)

グレード:セダン、全長×全幅×全高:4650×1800×1415mm、ホイールベース:2700mm
エンジン:直4DOHCターボ、1496cc、最高出力:173ps/5500rpm、最大トルク:22.4kgm/1700-5500rpm、モーター出力/トルク:─、WLTCモード燃費:19.4km/L(JC08モード)、価格:276万1000円

 全幅は1800mmとワイドで、空間効率も高いから、ミッドサイズセダンでは後席が広い。1.5Lターボは、実用域の駆動力に余裕を持たせ、動力性能は2.2Lのノーマルエンジン並み。走行安定性は後輪の接地性を高める余地を残すが、カーブを曲がる時には車両の向きが軽快に変わって運転を楽しめる。地味だがホンダの個性を感じる。

■採点表
・ドライビングポジション:8
・後席居住性:7
・後席乗降性:7
・トランク容量:8
・安全装備充実度:7
・動力性能:7
・運転の楽しさ:7
・所有満足度:7
・コストパフォーマンス:6
※採点チェックは10点満点

■ホンダ インサイト(価格帯 332.2万~369.6万円)

グレード:EX、全長×全幅×全高:4675×1820×1410mm、ホイールベース:2700mm、エンジン:直4DOHC、1496cc、最高出力:109ps/6000rpm、最大トルク:13.7kgm/5000rpm、モーター出力/トルク:131ps/27.2kgm、WLTCモード燃費:25.6km/L、価格:356万4000円

 ボディの基本設計はシビックセダンと同じだが、ハイブリッドを搭載。1.5Lエンジンは主に発電機を作動させ、駆動はモーターが受け持つ。従って加速は滑らかでノイズも小さい。実用燃費も優れ、市街地と高速道路を普通に走って約29km/Lに達した。乗り心地も快適だ。内外装を含めて、シビックセダンより上質感が伴う。

■採点表
・ドライビングポジション:8
・後席居住性:7
・後席乗降性:7
・トランク容量:8
・安全装備充実度:7
・動力性能:8
・運転の楽しさ:7
・所有満足度:8
・コストパフォーマンス:7
※採点チェックは10点満点

■スバル インプレッサG4(価格帯 200.2万~270.6万円)

グレード:2.0i-Sアイサイト、全長×全幅×全高:4640×1775×1455mm、ホイールベース:2670mm、エンジン:水平対向4DOHC、1995cc、最高出力:154ps/6000rpm、最大トルク:20.0kgm/4000rpm、モーター出力/トルク:─、WLTCモード燃費:16.0km/L(JC08モード)、価格:248万6000円

 空間効率が優れ、後席の足元空間は、ここで取り上げた7車種の中では最も広い。大人4名が快適に乗車できて、乗降性もいい。外観は水平基調で後方視界が優れ、縦列駐車もしやすい。動力性能は2Lエンジンを搭載するわりに大人しいが、安定性は満足できる。内外装の雰囲気は地味だが、実用性は高く、各部を上質に仕上げた。

■採点表
・ドライビングポジション:6
・後席居住性:8
・後席乗降性:8
・トランク容量:7
・安全装備充実度:7
・動力性能:6
・運転の楽しさ:5
・所有満足度:6
・コストパフォーマンス:8
※採点チェックは10点満点

■メルセデス・ベンツ Aクラスセダン(価格帯/347万~644万円)

グレード:A180Styleセダン、全長×全幅×全高:4550×1800×1430mm、ホイールベース:2730mm、エンジン:直列4気筒DOHCターボ、1331cc、最高出力:136ps/5500rpm、最大トルク:20.4kgm/1460-4060rpm、モーター出力/トルク:─、WLTCモード燃費:15.7km/L、価格:390万円

 セダンだが全高が1430mmだから、後席は広くない。運転感覚はメルセデスベンツとしては軽快で、アクセルペダルを少し戻すことにより、車両を内側へ向けやすい面もある。どっしりと安定したC/Eクラスセダンとは違う楽しさを味わえる。インパネを始めとする内装と前席の座り心地は上質で、メルセデスベンツらしさも実感できる。

■採点表
・ドライビングポジション:8
・後席居住性:6
・後席乗降性:7
・トランク容量:6
・安全装備充実度:8
・動力性能:7
・運転の楽しさ:7
・所有満足度:9
・コストパフォーマンス:6
※採点チェックは10点満点

■BMW 2シリーズグランクーペ(価格帯 369万~665万円)

グレード:218iグランクーペ Play、全長×全幅×全高:4535×1800×1430mm、ホイールベース:2670mm、エンジン:直3DOHCターボ、1498cc、最高出力:140ps/4600rpm、最大トルク:22.4kgm/1480-4200rpm、モーター出力/トルク:─、WLTCモード燃費:─、価格:410万円

 一般的にプレミアムブランドはデザインの統一性を大切にするが、2シリーズグランクーペの後ろ姿は個性的。BMWとはわかりにくい。運転感覚も3/5シリーズに比べると軽快で、速度域の低い峠道などで楽しく遊べることも考慮されている。BMWのセダンは伝統的な欧州車だが、2シリーズグランクーペは価格を含めて馴染みやすい。

■採点表
・ドライビングポジション:8
・後席居住性:4
・後席乗降性:6
・トランク容量:6
・安全装備充実度:8
・動力性能:9
・運転の楽しさ:8
・所有満足度:9
・コストパフォーマンス:5
※採点チェックは10点満点

記事に戻る│堂々登場!! 新型BMW2シリーズグランクーペが「セダンイノベーション」を巻き起こす!!