【画像ギャラリー】セダンイノベーション2020!!! 厳選7台の徹底評価をギャラリーでチェック!!!


記事に戻る│堂々登場!! 新型BMW2シリーズグランクーペが「セダンイノベーション」を巻き起こす!!

■トヨタ カローラセダン(価格帯 193.6万~294.8万円)

グレード:ハイブリッドS、全長×全幅×全高:4495×1745×1435mm、ホイールベース:2640mm、エンジン:直4DOHCハイブリッド、1797cc、最高出力:98ps/5200rrpm、最大トルク:14.5kgm/3600rpm、モーター出力/トルク:72ps/16.6kgm、WLTCモード燃費:29.0km/L、価格:257万4000円

 現行型は全幅拡大で3ナンバーサイズに拡大しながらも後席は狭くなったが、今でもセダンではコンパクトで運転しやすい部類に入る。先代型に比べると、走行安定性、乗り心地、内装の質は大幅に向上した。1.8Lエンジンは、実用回転域の駆動力に余裕があって運転しやすい。機能、装備、質感に対して価格は割安に抑えた。

■採点表
・ドライビングポジション:7
・後席居住性:5
・後席乗降性:6
・トランク容量:6
・安全装備充実度:7
・動力性能:6
・運転の楽しさ:6
・所有満足度:6
・コストパフォーマンス:8
※採点チェックは10点満点

■マツダ マツダ3セダン(価格帯 251.5741万~361.6963万円)

グレード:20Sプロアクティブ ツーリングセレクション、全長×全幅×全高:4660×1795×1445mm、ホイールベース:2725mm、エンジン:直4DOHC、1997cc、最高出力:156ps/6000rpm、最大トルク:20.3kgm/4000rpm、モーター出力/トルク:─、WLTCモード燃費:15.8km/L、価格:263万6741円

 ボディサイズのわりに後席が狭く、ファストバックほどではないが、後方視界もよくない。新開発エンジンのSKYACTIV-Xは価格が割高だが、1.8Lクリーンディーゼルターボは動力性能に余裕があって価格も妥当。峠道では車両の向きを変えやすく、運転を楽しめる。安全装備は後方の車両を検知する機能も含めて充実させた。

■採点表
・ドライビングポジション:8
・後席居住性:5
・後席乗降性:5
・トランク容量:7
・安全装備充実度:9
・動力性能:8
・運転の楽しさ:8
・所有満足度:6
・コストパフォーマンス:6
※採点チェックは10点満点

次ページは : ■ホンダ シビックセダン(価格帯 276.1万円)

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ