【スクープ】トヨタSUV戦線異常あり!? |ベストカー9月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、トヨタの次期型ランドクルーザーと人気SUVであるRAV4の追加モデルの重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。

 そのほか、カテゴリー別日本の歴代ベストカーを紹介する特集や、公道試乗で判定したマツダ3の実力と、注目車種の情報や独自の企画とともに盛りだくさんの内容でお送りする。

ランクル300のデザイン判明!!

 ランドクルーザーは現行型の「ランクル200」がデビューしたのが2007年ということで、すでに12年が経過している。

 比較的モデルサイクルの長いランクルでも、さすがに最長寿の部類となり、数年前から後続モデル、つまり「ランクル300」へのモデルチェンジに関する情報がスクープ班には寄せられていたが、気になるエクステリアデザインについてはなかなか確定的な情報に行き当たらなかった。

 今回、ついにランクル300の最終デザインをスクープ班が入手することが出来たのだ。デビュー時期は来年秋ごろであり、待望のハイブリット搭載されるという。

 さらに販売絶好調である人気SUVのRAV4にGRスポーツモデルが追加されることになった。トヨタ自動車本体にある社内カンパニーのひとつであるGAZOO Racingの開発陣がRAV4 GRスポーツの開発に着手しているという。

 今号では、ランクル300、RAV4 GRスポーツの予想グラフィックを交えながら、スペック・デザイン等を詳しく紹介していく。

カテゴリー別日本の歴代ベストカーはこれだ!! 

 国産自動車第一号とされる山羽虎夫氏が製作した蒸気自動車誕生から110年以上。その間に生まれた膨大な数の全乗用自動車を対象に「ベスト」のモデルを探していく。

スバル360は選ばれるのか? 

 無謀ともいえるこの試みを少しでも進めやすくするため今回、カテゴリーを「セダン&ハッチバック」、「スポーツセダン」、「クーペ&オープン」、「SUV」等の10に分けた。

 ちなみに本企画における「ベスト」の意味だが、性能だけではなく、存在意義、後のモデルに与えた影響など、自動車評論家陣には多角的に判断してもらい、各カテゴリーから厳選して2台を選出していただいた。わずか2台ということで、その選出には評論家陣もさぞかし悩んだと思われる。

 さて、自動車評論家たちは、どのクルマを選んだのかをご覧いただきたい。

「1989年誕生車、30年後の現在地」ほか独自企画を多数掲載

 今から30年前の1989年、平成元年は日本のクルマ界にとって綺羅星のごとくエポックメイキングなモデルが続々とデビューした未曽有のヴィンテージイヤーだった。

 時を経て令和元年の今、1989年生まれのクルマを思いっきりクローズアップしてみた。日本車奇跡の年を振り返る企画である。初代レガシィ、R32スカイラインGT-R、初代セルシオらが登場する。

 そのほか「テストドライバー VS 自動車評論家 人気SUV4台 評価対決」、「みんな大好き! チョロQ大百科」など、独自企画を豊富に展開するベストカー9月26日号は、本日より全国の書店・コンビニエンスストアで絶賛発売中!

ベストカー9月26日号目次

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ