※配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、ベストカーWebが取材・執筆した記事ではありません。
お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

-タイでの幸せの量産に向け、エネルギー・モビリティ・データの3領域での取り組みを実行-

配信元:TOYOTA
-タイでの幸せの量産に向け、エネルギー・モビリティ・データの3領域での取り組みを実行-
Charoen Pokphand Group
トヨタ自動車株式会社
Commercial Japan Partnership Technologies株式会社

 Charoen Pokphand Group(以下、CP)とトヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ)、Commercial Japan Partnership Technologies株式会社(以下、CJPT)は、タイにおけるカーボンニュートラルの実現に向けた協業を進めるべく、基本合意書を締結いたしました。

 CPとトヨタ、CJPTは、CP上級会長Dhanin Chearavanontとトヨタ社長(当時)豊田 章男の深い信頼関係のもとで築かれた昨年12月の合意に基づき、タイ国民6,700万人の幸せに向けてどのような貢献ができるのか、「想いを同じくする仲間とみんなで、今すぐできることをする」を合言葉に、年内に社会実装の成果を出すことを目標としてきました。養鶏場のバイオガスから水素を製造、カーボンニュートラルモビリティ試乗会を開催し、この度、さらに協業範囲を広げ、エネルギー、データ、モビリティの3領域で、タイの資源を活かし、タイならではのカーボンニュートラルへの取り組みを進めていくことで合意に至りました。

 

 上記領域に「今すぐ取り組む」ために、タイの経済特区において、エネルギーを「つくる」・「はこぶ」・「つかう」自立循環型の社会実装を実施し、効果を検証、他の地域にも展開できる原単位を作ることに取り組みます。また、実際に協業を通じて削減できたCO2 量をもとに、タイ全土に広げた際の効果を算出し、カーボンニュートラルへの取り組みを可視化することにも挑戦していきます。

写真左から 小木曽 聡 日野自動車株式会社 代表取締役社長 CEO、片山 正則 いすゞ自動車株式会社 代表取締役 取締役会長 CEO、中嶋 裕樹 CJPT 代表取締役社長、佐藤 恒治 トヨタ 社長 兼 CEO、Dhanin Chearavanont CP 上級会長、Soopakij Chearavanont CP 会長、Kachorn Chiaravanont True Leasing Co., Ltd. 社長 兼 CP 執行役員、Narong Chearavanont CP 上級副会長、Supachai Chearavanont CP CEO
写真左から 小木曽 聡 日野自動車株式会社 代表取締役社長 CEO、
片山 正則 いすゞ自動車株式会社 代表取締役 取締役会長 CEO、

中嶋 裕樹 CJPT 代表取締役社長、
佐藤 恒治 トヨタ 社長 兼 CEO、
Dhanin Chearavanont CP 上級会長、
Soopakij Chearavanont CP 会長、
Kachorn Chiaravanont True Leasing Co., Ltd. 社長 兼 CP 執行役員、

Narong Chearavanont CP 上級副会長、
Supachai Chearavanont CP CEO

 CPの会長であるSoopakij Chearavanontは、「タイに恩返ししたいという強い想いで進めてきた検討が順調に進展していることを大変心強く思っています。今回合意したプロジェクトを着実に実行に移すとともに、今後も志を同じくする仲間がいれば、オープンな姿勢で協力していきたいと考えています」と述べました。

 トヨタの社長である佐藤 恒治は、「昨年12月にCP、トヨタのトップが合意して以降、『今すぐできることをみんなでしよう』という協業の原点を大切にしながら検討を進めてきました。前回公表から4カ月にも満たないタイミングで協業を次のステージに進められることを、大変うれしく思います。『あらゆる選択肢』を通じ、タイの実情に合ったカーボンニュートラルへの『山の上り方』を皆様とともに考え、タイ国民の皆さまに幸せをお届けしていくべく、取り組んでまいります」との想いを語りました。

 CJPTの社長である中嶋 裕樹は、「CJPTは今回の協業を通じ、タイの人流・物流を改革しながら、今すぐできるCO2 削減に、様々な仲間とともに取り組んでいきます。タイ社会への感謝の気持ちを大切にしながら、人々の生活の質の向上に貢献していきたいと考えています」と話しました。

 今回の協業は、CPの交通サービス事業を担うTrue Leasing Co., Ltd.の参画のもと、進めてまいります。今回の合意書締結に加わったCJPTは、トヨタのほか、いすゞ自動車株式会社、スズキ株式会社、ダイハツ工業株式会社が資本出資しており、物流効率化と電動化を軸とした取り組みを推進しております。

 今回の協業を含め、アジアでのCJPTのカーボンニュートラルへの取り組みをさらに加速させるべく、必要な手続や準備が整い次第、タイに新会社「CJPT-Asia」(仮称)を設立します。なお、今回の協業には、CJPTのアジアの取り組みとして、日野自動車株式会社も参画して検討を進めております。

 カーボンニュートラルは全産業・全国民が一体となって取り組むべきものであることから、さらに想いを共有する仲間と広く協力してまいりたいと考えております。

  • 養鶏場のバイオガス(CP)
  • 水素を試験製造(北海道)
  • FCEVに水素を充填(タイ)
養鶏場のバイオガスから水素を試験製造(タイ→北海道鹿追町→タイ)
  • カーボンニュートラルモビリティ試乗会を実施(タイ)
  • カーボンニュートラルモビリティ試乗会を実施(タイ)
カーボンニュートラルモビリティ試乗会を実施(タイ)

 以上

 
BEYOND ZERO

~マイナスからゼロへ、ゼロを超えた新たな価値を~

 トヨタは、「地球という美しい故郷(Home Planet)を次世代に引き継ぐ」ために、社会や個人が抱える様々な課題の解決(マイナスをゼロにする)に取り組むだけではなく、ゼロを超えた新たな価値の創出・提供を目指し、「回答のない未来へ弛まぬ挑戦」を続けていきます。

BEYOND ZERO
https://global.toyota/jp/mobility/beyond-zero/
 
Sustainable Development Goals

 トヨタは、革新的で安全かつ高品質なモノづくりやサービスの提供を通じ「幸せを量産する」ことに取り組んでいます。1937年の創業以来80年あまり、「豊田綱領」のもと、お客様、パートナー、従業員、そして地域社会の皆さまの幸せをサポートすることが、企業の成長にも繋がると考え、安全で、環境に優しく、誰もが参画できる住みやすい社会の実現を目指してきました。

 現在トヨタは、コネクティッド・自動化・電動化などの新しい技術分野にも一層力を入れ、モビリティカンパニーへと生まれ変わろうとしています。この変革の中において、引き続き創業の精神および国連が定めたSDGsを尊重し、すべての人が自由に移動できるより良いモビリティ社会の実現に向けて努力してまいります。

SDGsへの取り組み
https://global.toyota/jp/sustainability/sdgs/
 

今回の取り組みを通じて特に貢献可能なSDGsの目標

  • エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 住み続けられるまちづくりを
  • 気候変動に具体的な対策を
  • パートナーシップで目標を達成しよう
 

 

詳細はこちらのリンクよりご覧ください。
https://global.toyota/jp/newsroom/corporate/39033192.html

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

トヨタ自動車株式会社

所在地
愛知県豊田市トヨタ町1番地

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!