※配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、ベストカーWebが取材・執筆した記事ではありません。
お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

アストンマーティン、DB12 Volanteを発表

配信元:PRTIMES
アストンマーティン、DB12 Volanteを発表



 2023年8月14日、ゲイドン(英国):

 アストンマーティンは、新型DB12 Volanteを発表します。先日発表したDB12 Coupeに続き、次世代スポーツカーで初となるこのオープントップモデルは、壮観なスーパーツアラーのパフォーマンスとオープントップドライビングの魅力的なスリルを兼ね備えています。

 

 このクラスの新たな規範となる比類ない優雅さとスポーティなキャラクターを有するDB12 Volanteは、アストンマーティンの高性能コンバーチブルの輝かしい伝統に加わった最新のモデルです。最先端のテクノロジーとエンジニアリングにより、質の高いスタイルと匠の技が時を超えて甦り、ドライビング・エクスペリエンスを最大限に研ぎ澄まします。

 

 アストンマーティンの最高経営責任者であるアメデオ・フェリーサは、次のように述べています。

 「多くの顧客にとって、オープントップドライビングは、至極の楽しみとなっています。アストンマーティンのVolanteは、こうした喜びを生み出すため、60年以上にわたり独自のスタイルで表現し続けてきました。新しいDB12 Volanteでは、やや発想を変え、DB12 Coupeの純粋さと傑出したスポーティさをそのまま活かすことで、このような喜びを強調する車を生み出しました。あらゆる点で本物かつ希少なスポーティング・コンバーチブルであるDB12 Volanteは、先入観を覆し、新世代の顧客層にアプローチします。」

 

 クーペ・モデルと並行して開発されたDB12 Volanteは、アストンマーティンを象徴するDBシリーズの最新モデルとして、革新的なデザイン、エンジニアリング、先進的なテクノロジーを取り入れています。そしてクラス最高のパワーとパフォーマンス、スポーツカーの純粋なダイナミクスにより、革新的な変化をもたらします。DB12 Volanteは何よりも真のドライバーズカーであると同時に、ドライバーズであることを最重視して開発されました。

 

 妥協のないパフォーマンスとハンドリングは、極めて剛性が高いDB12の接着アルミニウム構造を基盤として生み出されます。このテクノロジーは、DB12 Coupeのダイナミクスを新たなレベルに高めただけでなく、他に匹敵するもののないドライビング・エクスペリエンスをDB12 Volanteにもたらしました。

 

 このボディ構造がもたらす基本性能を引き出すため、Volanteのアンダーボディは、細部のエンジニアリングやスペックについて徹底的に検証が行われました。リアサスペンションのアッパーマウンティングポイント、横方向の連結などの重要な構造要素や、エンジン・クロスブレースなどによるパフォーマンス強化により、DB12 Volanteの全体的なねじり剛性を5%近く向上させました。

 

 車両の剛性やダイナミックなパフォーマンスの向上と同じくらい重要なポイントとして、すべてのサスペンション取付部の横剛性を大幅にアップグレードしたことが挙げられます(フロント車軸で140%)。

 

 DB12 Coupeの開発と並行して行われたこれらの変更によって、ノンアイソレイテッド・ステアリング・コラムとこれを補完するステアリング・システムの採用が可能になり、さらにはダンパーを調整することで、正確なオンおよびオフ・センター・ステアリングのフィーリングを、このクラス随一のリアリティ溢れるレスポンスとともに実現しました。

 

 エンジン・クロスブレースを含むアンダーボディコンポーネントを変更したため、DB12 Volanteでは、横剛性の改善によってサスペンションのパフォーマンスと洗練度を高めるとともに、全体的なねじり剛性が3.7%向上しました。ノンアイソレイテッド・ステアリング・コラムとフロント車軸の剛性向上(140%)は、オンおよびオフセンターのステアリングフィールとドライバーとの一体感の向上に貢献します。

 

 Volanteの優れたパフォーマンスは、そのスペックに明確に表れています。4.0ツインターボV8エンジンが生み出すクラストップの性能は、DB12 Volanteに圧倒的なパフォーマンスとともに、素晴らしいサウンドトラックをもたらします。アストンマーティンのエンジニアがチューンナップし、クラス最高の680PS/671bhp@6000rpm、800Nm/590lb ft@2750-6000rpmを発揮するハンドビルドエンジンは、カムプロファイルの変更、圧縮率の最適化、ターボの大型化、冷却の強化により、DB11と比べて出力が34%増加しました。0-100km/hを3.7秒で加速し、325km/hの最高速度を誇るDB12 Volanteのパフォーマンスは、まさに驚異的です。

 

 DB12 Coupe 同様、DB12 Volanteの駆動力はZF 8速オートマチック・トランスミッションによって伝えられ、ダイナミックドライビングモードに応じてシフトプラグラムは様々に変化します。また、Volanteでも同じ最終減速比を用いることで、同一ギア内の加速感を強調するとともに、電子制御ディファレンシャル(E-Diff)との連携により、必要に応じてアジリティを改善することも、スタビリティを向上させることもできます。さらに、 DB12 Volante は4段階に調整可能なエレクトロニック・スタビリティ・コントロール(ESC)とあらかじめ設定された5つのダイナミックモードにより、ドライバーがその挙動を厳密に調整することができます。

 

 その他のハイライトとして、新世代インテリジェント・アダプティブダンパーがあります。これは、従来型と比較して減衰力の可変幅を500%増加させ、クラス内の競合車種を大きく上回る幅広いダイナミック能力とキャラクターをDB12 Volanteに与えています。なお、DB12 CoupeとDB12 Volanteの主な違いは、リアスプリングレートの細かな変更と専用のダンパーセッティングのみです。

 

 ノンアイソレイテッド・ステアリング・コラムと13.09:1の固定レシオを備えた電動パワーアシスト・ステアリングシステム(EPAS)は、俊敏でありながら自然なレスポンスにより、洗練された感覚をもたらします。標準装備の21インチ鍛造アロイ・ホイールは、アストンマーティンの厳密な要件に沿って開発され、「AML」コードが与えられたミシュランPilot S 5タイヤを装備しています。ブレーキは、400 mmフロントディスク、360 mmリアディスクが標準で、オプションのカーボンセラミック・ブレーキ(CCB)システムは、ブレーキ性能を強化するとともにフェード現象を抑制し、くわえてバネ下重量を27 kg削減します。

 

 アストンマーティンの最高技術責任者であるロベルト・フェデリは、新型DB12 Volanteについて次のように述べています。

 「DB12 Volanteは、DB12 Coupeに与えられたスーパーツアラーの特徴をすべて有しています。クラス最高のパフォーマンスとハンドリングを維持するため、DB12の卓越したプラットフォームと優れたパワートレインやシャシーを基盤としながら、これをオープントップバージョンで活かすべく努力をしました。DB12 Volanteは、「よりソフト」な選択肢ではなく、独自の喜びや満足感とともに本物のスポーツカーならではの刺激をもたらしてくれます。これは、アストンマーティンのコンバーティブルだからこそできることです。」

 

 幅広い機能を備えたコンバーチブルカーが誕生しました。高いパフォーマンスと正確なハンドリングは、オープントップドライビングの楽しさや、最新のコネクテッドテクノロジー、豪華なサラウンドサウンド・オーディオシステムと相まって、期待値の高いドライバーをも魅了します。まさに現代のオーナーシップ・エクスペリエンスを提供するものといえるでしょう。すべてについて最高のレベルを提供するDB12 Volanteは、新時代のウルトラ・ラグジュアリーを体現しています。

 

 DB12 Volanteならではの体験は、電子制御される「Kフォールド」ルーフを中心としています。2段階の折りたたみプロセスにより、折りたたまれたルーフの高さをクラス最小の260mmに留めたKフォールドは、優れたパッケージングソリューション、最大限の積載スペース、迅速な操作、そして驚くべき美しさを兼ね備えています。

 

 8層の遮音素材を採用したファブリック製ルーフキャノピーは、静粛性を改善し、キャビンの快適性を高めます。ルーフを閉じると、美しいルーフラインがDB12の完璧なプロポーションを描き出します。ルーフを開けると、Kフォールドのメカニズムはトノカバーの下に収容され、優雅で美しいテールのデザインを作り出します。

 

 ルーフ操作は、開けるのに14秒、閉じるのに16秒しかからず、50km/hまでの車速でも、向かい風が吹いていても使用できます。さらに、便利で楽しい機能として、車から2メートルの範囲であればリモートキーでルーフを開閉できることが挙げられます。

 

 ソフトトップのカラーは、4色の中から選べます。標準はブラックで、レッド、ブルー、「ブラック&シルバー」がオプションとして用意されています。このカラーパレットにより、さまざまなカスタマイズが可能となり、ボディやインテリアのカラーとともにほぼ無限に組み合わせを実現しています。

 

 DB12 Volanteの外観は、大胆なCoupeのエクステリアデザインに印象的なキャラクターを加えます。アストンマーティンのデザインチームは、斬新なKフォールドのルーフメカニズムによって実現した高さが抑えられたパッケージングを利用して、ルーフを閉じたときも開けたときも印象的に映る流麗で躍動感あふれるフォルムを獲得しました。張りのあるファブリック製フードは、折りたたみ式の金属ルーフを装備したコンバーチブルにはない独特の外観をもたらします。ルーフが開いてトノカバーに隠れると、Volanteの本領が発揮されます。流麗で連続したベルトラインは贅沢なインテリアへの期待をかき立て、しなやかで力強いテールを形作り、パッケージングで妥協したライバルたちを遙かに凌駕します。

 

 DB12 Volanteはハイパフォーマンスと最新のファッション性だけでなく、並外れた快適性、品質、クラフツマンシップも備えています。さらに魅力的なディテールがVolanteをCoupeと差別化します。それはシートバックの木製ベニヤまたはカーボンファイバーパネルがドアトリムインレイと同色とされていることで、ルーフを開けたときに見た目に楽しく贅沢な印象を加えます。

 

 このウルトラ・ラグジュアリーなキャビンは、ドライバーとパッセンジャーにありとあらゆるエクスペリエンスを提供します。クリーンな最新デザインと最高の素材がアストンマーティンならではのイメージを生み出し、DB12のために専用開発されたインフォテインメントであるBowers & Wilkinsサラウンドサウンドhi-fiシステムが、完璧なコネクテッド環境により最先端のエクスペリエンスをもたらします。

 

 DB12は、アストンマーティンの次世代インフォテインメントシステムを装備する初めてのモデルレンジです。完全な専用品として、ハードウェア、UI、UX、オーディオシステムの大手サプライヤーと共同で白紙から開発されたもので、アストンマーティン初の社内開発システムとなりました。新しいアストンマーティン・カスタマー接続アプリも提供されます。これはiOSおよびAndroid向けに開発されたもので、パーソナルデバイス経由で通信することにより、DB12をコントロールできるほか、フィードバックを返すこともできます。

 

 この新システムは、完全なオンライン接続機能を備えた一体型マルチスクリーンシステムであり、静電式のシングルフィンガーまたはマルチフィンガー・ジェスチャーコントロールが可能な10.25インチ・ピュアブラック・タッチスクリーン技術を使用して表示されます。タッチスクリーンのコマンドと物理スイッチの感触を良好なバランスとするため、ギアセレクト、ドライブモード切り替え、エアコン操作などはプッシュボタン式とされました。シャシー、ESP、エキゾースト、レーンアシスト、パーク・ディスタンス・コントロールのオーバーライドスイッチも配置されており、最もよく使うコントロール手段についてはいつでも手が届くようになっています。

 

 新開発されたDB12のナビゲーションシステムは、よりスマートかつ迅速なインフォテイメント体験を実現するため、オンラインのコネクテッド機能を備えています。新しい3Dマップは、直感的で分かりやすいレーン案内、そしてリアルタイムの交通情報を表示します。オンラインを用いたリルート機能により不要な遅延が生じることがなくなるほか、リアルタイムにダウンロードしたサテライトビューにより、周囲の状況を詳細に確認することもできます。世界中のどこでもピンポイントで検索できるようにするため、DB12のナビゲーションシステムと新しいアストンマーティン・コネクテッド・アプリは、WHAT3WORDSを用いた行き先入力に対応しています。Wireless Apple CarPlayとAndroid Autoにより、乗車しながら自分のデバイスアプリにシームレスに接続することもできます。

 

 DB12 Volanteは、アストンマーティンのオーディオシステムに関する新しいパートナーであるBowers & Wilkinsとの協力により、新たな音楽体験も提供します。標準装備の390w 11スピーカー・オーディオシステムはサラウンド・サウンド・モードやQuantumLogic®サウンド・プロセッシングを内蔵しており、DB12と完璧にマッチした音像ならびにオーディオ・パフォーマンスを実現しています。そして真のオーディオファンのため、世界最高峰のHi-Fi技術を備えたBowers & Wilkinsのテクノロジーとイノベーションを活用したオプションのヘイロ・システムもアストンマーティンは開発しました。

 

 DB12の室内容積と形状に合わせて音響学的に設計された15スピーカー・ダブルアンプリファイド1,170Wサラウンドサウンドシステムは、アルミニウム・ダブルドーム・トゥイーター、Continuum®ミッドレンジ・スピーカー、専用3Dヘッドライン・スピーカー、パワフルなサブウーファーなどの高性能ラウドスピーカーを装備し、お気に入りの音楽に没入させてくれます。

 

 アストンマーティンの最高クリエイティブ責任者であるマレク・ライヒマンは、次のように述べています。

 「ドライバーのためのオープン・エア・パフォーマンス・マシンを生み出すことは、アストンマーティンにとって常に特別な意味をもってきました。これまでも、そしてこれからも、DB12は私たちにとってデザインの道標であり続けるでしょう。」

 

 「DB12 Volanteは、(クルマ自身が)ドライブされたいと願っている思いを表現した、エモーショナルなことで知られるアストンマーティンの新たなデザインです。私たちは、類まれなるパフォーマンスを反映する優美で筋肉質なエクステリア・シェイプを、極めて高度な構造要素に据え、クリーンでコンテンポラリーなインテリアとともにデザインしました。パフォーマンスデザインによって作り上げられた新型DB12 Volanteは、オープンエアで冒険する喜びと幸福を分かち合うべく、アストンマーティンの歴史に華を添え爽快な体験を提供する1台です。」

 

 豪華なパーソナライゼーションサービスであるQ by Aston Martinを用いれば、DB12 Volanteにオーナー自身の個性を盛り込むことができます。Qのデザイナーと職人の技によって、小規模でも特徴的な1つのディテールから、完全にビスポークな部品を用いたフルスケール設計および生産まで、あらゆる作業を含むワンオフのパーソナルオーダーを行うことができます。Q by Aston Martinを利用すれば、お客さまが目指す究極のDB12を実現することも可能で、その可能性は無限大です。

 

 DB12 Volanteは、 今週カリフォルニアで開かれるモントレー・カー・ウィークでグローバルなデビューを果たし、金曜日のザ・クエイル・モータースポーツ・ギャザリングで初展示されるほか、週末にペブルビーチ・コンクール・デレガンスの会員制クラブハウスであるアストンマーティン・クラブ1913で展示されます。

 

 DB12 Volanteの生産は2023年第3四半期に開始される予定であり、最初の納車は2023年第4四半期に始まる見通しです。

詳細はこちらのリンクよりご覧ください。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000121164.html

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

株式会社 PR TIMES

所在地

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します