※配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、ベストカーWebが取材・執筆した記事ではありません。
お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

【ウェブクルー、“雨天時の運転・メンテナンスの実態調査”を実施】自分で車をメンテナンスしている人のうち、梅雨に備えたメンテナンスを実施している割合は57.4%。

配信元:PRTIMES

株式会社ウェブクルー

 「ズバット」を中心とした比較サイトを展開する株式会社ウェブクルー(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:藤島義琢)は、2022年6月に「ズバット 車買取比較」「ズバット 引越し比較」「保険スクエアbang! 自動車保険」利用者において『雨天時の運転・メンテナンスの実態調査』を実施いたしました。関東甲信では6月27日に過去最速での梅雨明けが発表された一方で、7月には「戻り梅雨」の懸念もあることから、本調査からわかった雨天時の運転ポイントやメンテナンス方法を日々のカーライフにお役立てください。

調査結果トピックス

・アンケート回答者2,928人へ「普段の運転頻度」を質問したところ、最も多かったのは「毎日運転する(33.6%)」、続いて「週に1~2回運転する(24.0%)」という回答になりました。

・普段車を運転する機会があると回答した人のうち、普段運転する車について自身でメンテナンスを行っていると回答した人は49.6%となりました。さらにそのうち、梅雨の時期が来る前に、雨天時に備えたメンテナンスを行っている割合に関しては、「毎年欠かさずメンテナンスを行う(20.0%)」「気が向いたらメンテナンスを行う(37.4%)」と、合計で57.4%の人が梅雨時期前のメンテナンスへの意識を持ち、実施していると回答しました。

・梅雨時期前に具体的に行うメンテナンス内容を質問したところ「ワイパーブレード・ワイパーゴムのチェックや交換(74.5%)」「ウォッシャー液の補充(64.1%)」「タイヤのチェックや交換(54.3%)」 が上位結果となりました。

・また、雨天時に運転する際、いつもより気をつけていることに関しては、「スピードを出しすぎないように注意する(81.8%)」「車間距離を十分に空ける(71.9%)」「急ブレーキ・急発進・急ハンドルを避ける(67.2%)」「歩行者や自転車の動きに注意する(63.3%)」「窓が曇らないようにエアコン・デフロスターなどを使用する(62.4%)」という回答が6割以上を超える結果となりました。

・「雨天時に運転する際に役立つグッズや、おすすめのアイテム」を問う質問では、雨天時は水滴やガラスの曇りなどの影響で視界が悪くなりやすいことから、「ガラスやミラーの撥水・曇り止め・油膜取りのスプレー」などのグッズ・アイテムを回答する人が多く見られました。

調査結果詳細

 ウェブクルーの比較サイト「ズバット 車買取比較」「ズバット 引越し比較」「保険スクエアbang! 自動車保険」の過去利用者にアンケートを行った結果、「あなたは普段、車を運転しますか?運転の頻度を教えてください。」という質問に対し、最も多かったのは「毎日運転する(33.6%)」、続いて「週に1~2回運転する(24.0%)」という回答になりました。

Q. あなたは普段、車を運転しますか?運転の頻度を教えてください。

 

 普段車を運転する機会があると回答した人のうち、普段運転する車について、自身で車のメンテナンスを行っていると回答した人は49.6%でした。

Q. 普段運転する車について、ご自身でメンテナンスをしていますか?

 さらに「普段運転する車を自分でメンテナンスしている」と回答した人へ、梅雨の時期が来る前に、雨天時に備えたメンテナンスを行うか質問したところ、「毎年欠かさずメンテナンスを行う(20.0%)」「気が向いたらメンテナンスを行う(37.4%)」となり、合計で57.4%の人が梅雨時期前のメンテナンスへの意識を持ち、実施していることがわかりました。

Q. 梅雨の時期が来る前に、雨天時に備えたメンテナンスを行いますか?

 続いて、梅雨の時期が来る前に、雨天時に備えて「毎年欠かさずメンテナンスを行う」「気が向いたらメンテナンスを行う」と回答した人へ、具体的に行うメンテナンス内容を質問したところ「ワイパーブレード・ワイパーゴムのチェックや交換(74.5%)」「ウォッシャー液の補充(64.1%)」「タイヤのチェックと交換(54.3%)」 が上位結果となりました。

Q.梅雨や雨天時に備えたメンテナンス内容は、具体的にどのようなものですか?当てはまるものをすべてお選びください。(複数回答)

 

 また、普段車を運転する機会があると回答した人へ「雨天時に運転する際、いつもより気をつけていることはあるか」を質問したところ「スピードを出しすぎないように注意する(81.8%)」「車間距離を十分に空ける(71.9%)」「急ブレーキ・急発進・急ハンドルを避ける(67.2%)」「歩行者や自転車の動きに注意する(63.3%)」「窓が曇らないようにエアコン・デフロスターなどを使用する(62.4%)」という回答が6割以上を超える結果となりました。

Q.雨天時に運転する際、いつもより気をつけていることはありますか?当てはまるものをすべてお選びください。(複数回答)

 

 最後に、「雨天時に運転する際に役立つグッズや、おすすめのアイテム」を自由回答で質問したところ、「ガラスやミラーの撥水・曇り止め・油膜取りのスプレー」が上位に挙がりました。雨天時は水滴やガラスの曇りなどの影響で視界が悪くなりやすいことから、事前にしっかりと対策している人が多いことがわかりました。

調査結果より

 6月27日(月)に気象庁より関東甲信地方、東海地方、九州南部の梅雨明けが発表されました。関東甲信は過去最も早く、東海と九州南部は過去2番目に早い梅雨明けとなりましたが、一方で7月2週目以降の予報では曇りや雨の日が多く、「戻り梅雨」が懸念されています。※1

 首都高速道路株式会社によると、雨天時に発生した交通事故件数は総交通事故件数の22.4%(2020年度)を占め、天候別での1時間当たり交通事故件数においても、雨天時は雨天時以外の約5倍の割合で交通事故が発生しているという統計が発表されています。※2

 本調査でも、梅雨時期前に実施するメンテナンス内容として「ワイパーブレード・ワイパーゴムのチェックや交換」「ウォッシャー液の補充」が上位に挙がっていたとおり、雨天の多い梅雨時期は特に「視界の確保」が重要であることがわかります。

 また2017年に国土交通省が実施した「自動車の点検・整備に関するアンケート調査」では、自身が運転する車に関して『日常点検整備』を実施している人の50%以上が実施している点検内容として以下が挙げられています。※3

・タイヤの空気圧を点検する、エアゲージがないときは、接地部のたわみ具合で点検する(64.5%)
・タイヤに亀裂や損傷がないか、釘が刺さったり、石がかみこんだりしてないかを確認する、また
 異常に摩擦してないかを点検する(55.5%)
・ウィンド・ウォッシャ液量を点検する(54.3%)
・タイヤの溝の深さを点検する(53.9%)
・エンジンのかかり具合、異音がないかを点検する(53.8%)

 これらの内容は本調査の「梅雨時期前に実施するメンテナンス内容」の上位結果とも重なっており、梅雨時期や雨天時にはもちろんのこと、日常的に自身が運転する車の点検、メンテナンスを意識して行っているドライバーが特に注意しているメンテナンスのポイントであることが窺えます。

※1 出典:日本気象協会「tenki.jp」
https://tenki.jp/forecaster/s_ono/2022/06/27/18076.html
※2 出典:首都高ドライバーズサイト
     https://www.shutoko.jp/use/safety/driver/rain/
※3 出典:国土交通省「自動車の点検・整備に関するアンケート調査」(2017年)
     https://www.mlit.go.jp/monitor/H28-kadai01/22.pdf

調査概要

・調査期間:2022年5月22日(日)~5月27日(金)
・調査対象:「ズバット 車買取比較」「ズバット 引越し比較」「保険スクエアbang! 自動車保険」の
 過去利用者
・有効回答数:2,928件
・男女比率:男性2,314人(79.0%)、女性594人(20.3%)、無回答20人(0.7%)
・年代比率:10代3人・20代 43人・30代 160人・40代 556人・50代 1,093人・60代742人
  70代295人・80代36人
・平均年齢:55.8歳

■「ズバット 車買取比較」概要

「ズバット 車買取比較」は全国的に有名な車買取業者から地域密着型の車買取業者まで、282社(2022年6月時点)の車買取業者が参加している、日本最大級の規模を誇る車買取比較サイトです。簡単な情報入力だけで最大10社の車買取業者に一括で査定を依頼することが可能です。また、中古車オークションでの取引データをもとに中古車の査定相場を独自に算出。車種ごとに査定相場を確認することができます。
日本全国どこからでも気軽に一括査定の依頼が可能、かつ査定を依頼できる車買取業者の数が多いため、高価買取の可能性が高まります。
URL:https://www.zba.jp/car-kaitori/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

詳細はこちらのリンクよりご覧ください。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000347.000002830.html

株式会社 PR TIMES

所在地

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ