※配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、ベストカーWebが取材・執筆した記事ではありません。
お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

アプラスとSBIオートサポートが業務協定契約を締結し、オートクレジット「SBIカープラス」を提供開始

配信元:PRTIMES

株式会社アプラス

 新生銀行グループの株式会社アプラス(東京本部:東京都中央区、代表取締役社長:嶋田 貴之、以下「アプラス」)と、SBIグループの自動車に関連する金融サービスや金融情報サービスを手掛けるSBIオートサポート株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:松井 真治、以下「SBIオートサポート」)は、SBIオートサポートが独自に収集保有する大量の自動車販売店データを利用した、アプラスのオートクレジットを取り扱う事業スキームの構築、展開を図るため、2022年4月20日に業務協定契約を締結いたしました。

 この業務協定は、アプラスがSBIグループ入りして最初の連携案件であり、SBIオートサポートは、アプラスが信販会社となるオートクレジット「SBIカープラス」*の加盟店開拓を2022年5月23日より開始し、このほど初の加盟店が契約完了いたしました。

 今回提供を開始したオートクレジット「SBIカープラス」は、アプラスが長年のオートクレジット事業で培ってきたノウハウやお客さまへの与信機能と、SBIオートサポートのオートクレジット加盟店開拓の実績やノウハウとの融合により、新たに展開するオートクレジットサービスです。

 アプラスとSBIオートサポートは、オートクレジット「SBIカープラス」の提供を通じ、自動車販売店さまに対しては「より質の高いサービス」を、「SBIカープラス」をご利用いただくお客さまに対しては「より満足度の高いオートクレジット」を提供してまいります。

 新生銀行グループは、中期経営計画「新生銀行グループの中期ビジョン」の個人ビジネス戦略において、「顧客中心主義の徹底による、顧客の立場に立ったサービスの提供」、「SBIグループとの連携によるフルラインナップの商品提供」を掲げており、本件はSBIグループとの価値共創により、それらを体現する取り組みです。多様化するお客さまのニーズにきめ細やかに応え、今後もお客さまに求められる金融グループであり続けるべく、両社はSBIグループの一員として「顧客中心主義」を徹底し、より良い商品やサービスの提供ができるよう努めてまいります。

* オートクレジットのご利用にあたり、自動車販売店さまはアプラスとの加盟店契約が必要となり、その際に加盟店審査があります。
以上

【株式会社アプラスについて】
 アプラスは、新生銀行グループが展開する消費者向けファイナンスにおける主要な子会社で、カード事業、ショッピングクレジット事業、ペイメント事業などを展開しております。アプラスでは、お客さまに求められる企業であり続けるため、SBIグループの一員として「顧客中心主義」の徹底を図るとともに、新生銀行グループの中期ビジョン実現に向けた基本戦略として、グループ内外の価値共創の追求、強みの深化とテクノロジーの活用による顧客利便性の高いサービスの提供、事業を通じたサステナビリティの実現に取り組むことで、さらなる成長を目指しております。

サービスサイト:https://www.aplus.co.jp

会社名:株式会社アプラス
代表者:代表取締役社長 嶋田 貴之
所在地:(東京本部)東京都中央区日本橋室町二丁目4番3号 日本橋室町野村ビル
事業内容:ショッピングクレジット事業、カード事業、ペイメント事業
設立:2009年4月  ※創業1956年10月

【SBIオートサポート株式会社について】
SBIオートサポートは、インターネットを利用した金融サービスで成長を遂げているSBIグループと、中古車業界に精通したオークション最大手USSとの合弁事業です。両者のサービス、ノウハウ、営業力等々が融合されて当社のサービスは提供されています。
サービスサイト:https://www.sbiautosupport.jp/

会社名:SBIオートサポート株式会社
代表者:代表取締役 松井 真治
所在地:東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー15F
事業内容:オートローン推進事業、自動車保険広告事業
設立:2008年7月

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

詳細はこちらのリンクよりご覧ください。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000048.000005563.html

株式会社 PR TIMES

所在地

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ