※配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、ベストカーWebが取材・執筆した記事ではありません。
お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

新型「CIVIC e:HEV」を発売~進化したスポーツe:HEVで爽快な走りを提供~

配信元:HONDA

 Hondaは、新型「CIVIC e:HEV(シビック イーエイチイーブイ)※1」を2022年7月1日(金)に発売します。開発のコンセプトは「爽快スポーツe:HEV」。シビックが持つ基本性能のよさはそのままに、進化したスポーツe:HEVによる爽快な走りを新たな提供価値として目指しました。

CIVIC e:HEV


 シビックシリーズは、1972年の発売以来、今年で50周年を迎え、世界で累計約2,700万台を販売しているグローバルモデルです。いつの時代も一歩先のニーズを捉え、常に進化をし続けており、人々に驚きを届けるクルマとして多くのお客さまからご支持いただいています。

 新型シビックe:HEVは、昨年の発売以来スポーティーな走りなどでご好評をいただいているシビックに、新開発となる2.0L直噴エンジンと進化したハイブリッドユニットを組み合わせたスポーツe:HEVを搭載したモデルです。ご好評いただいているデザインやパッケージはそのままに、スポーツe:HEVならではの爽快な走りと環境性能の両立を実現しました。

販売計画台数(月間)

300台

  • ※1e:HEV(イーエイチイーブイ)は、電動化コア技術である高効率・低燃費な2モーターハイブリッドシステムのグローバル統一呼称。“e:”には「electric(電気)をenergy(原動力)にして、みんなの笑顔と元気を力強くenergize(活気づける)していく」という意味が込められています

新型シビック e:HEVの主な特長


①スポーティーな走りを実現したダイナミクス

 
新開発となる2.0L直噴エンジン
 
 熱効率に優れたアトキンソンサイクルに加え、燃料をシリンダー内に直接噴射する直噴システムを新たに採用。燃料を無駄なく燃焼させることで、従来のe:HEV用2.0Lエンジンに対し高トルク化とエンジンモードでの走行可能領域の拡大を実現しました。
 
 これにより、低回転から高回転まで幅広い領域でエミッション(燃焼ガス中の有害物質)を抑制し、燃費や排出ガスクリーン性能、静粛性を向上させるとともに、ドライバーの操作にリニアに応える爽快な加速を実現しました。


進化したハイブリッドユニット

 PCU(パワーコントロールユニット)は、軽量化と高出力化を行い、力強い駆動を実現しました。また、IPU(インテリジェントパワーユニット)は、内蔵するリチウムイオンバッテリーに低全高の新しいセルを採用し、バッテリーモジュールの重量あたりエネルギー密度をさらに高め、パッケージ効率を向上させました。

 また電動車開発で培ったノウハウを生かし、バッテリーの耐用年数を考慮しつつ使用領域を拡大。これによりさまざまな場面でトルクのある加速を実現しました。


質の高い軽快感を目指した低重心・高剛性ボディ

 重量物であるIPUの配置を工夫したことで、車体の低重心化とボディの高剛性化を実現。ダンパーの専用設定やバネ下重量比率の低減により、一体感のあるハンドリングや、挙動にぶれのない安定感のある走りを実現しました。
 

②爽快さと上質さを感じさせるパッケージと専用デザイン

 リアシート下にIPUを配置することで、シビックならではの高い居住性と荷室容量を実現しました。また、エクステリアデザインは、フロントアッパーグリルとドアガラスまわりのサッシュのグロスブラック化に加えて、ドアミラーもブラックにすることで、上質で爽快な走りを表現しました。
 

③使い勝手を向上させる先進装備

 
e:HEV専用10.2インチデジタルグラフィックメーター
 
 加減速をわかりやすく表現するために、パワーメーターを採用。パワー(加速)については指針で表示し、百分率の目盛りを設けることでタコメーターのようなわかりやすさを実現。また、チャージ(減速)については、バーで表現しました。減速セレクター使用時は、バーの色を変更するとともに減速セレクターのポジションを表示し、選択中の減速度を把握しやすくしました。
 
 
CIVIC e:HEV
CIVIC e:HEV

INDIVIDUALモードを初搭載

 さまざまなシーンに応じて選択できるドライブモードに、パワートレインやステアリング、メーターを個別に設定できる「INDIVIDUAL(インディビジュアル)モード」を国内のHonda車として初めて※2採用。ドライバーの好みにあったセッティングでのドライブモードを提供します。
 
Honda SENSINGを標準装備

 先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」※3を標準装備。広い範囲と高い精度で対象物を検知するフロントワイドビューカメラや、ガラスや外壁など非金属も高い精度で検知する前後ソナーセンサーを採用しました。

機能一覧 サポカーS<ワイド>に該当

  • 1)衝突軽減ブレーキ<CMBS>
  • 2)誤発進抑制機能※4
  • 3)後方誤発進抑制機能※4
  • 4)近距離衝突軽減ブレーキ※4
  • 5)歩行者事故低減ステアリング
  • 6)路外逸脱抑制機能
  • 7)渋滞追従機能付アダプティブクルーズコントロール<ACC>
  • 8)車線維持支援システム<LKAS>
  • 9)トラフィックジャムアシスト(渋滞運転支援機能)
  • 10)先行車発進お知らせ機能
  • 11)標識認識機能
  • 12)オートハイビーム
  • 13)アダプティブドライビングビーム
  • ※22022年6月現在。
  • ※3Honda SENSINGは、ドライバーの運転支援機能のため、各機能の能力(認識能力・制御能力)には限界があります。各機能の能力を過信せず、つねに周囲の状況に気をつけ、安全運転をお願いします。
    詳細はホームページをご参照ください https://www.honda.co.jp/hondasensing/
  • ※4「誤発進抑制機能」、「後方誤発進抑制機能」、「近距離衝突軽減ブレーキ」を組み合わせて「踏み間違い衝突軽減システム」と呼びます

全国メーカー希望小売価格

タイプ 乗車定員 エンジン トランス
ミッション
駆動方式 消費税10%込み
e:HEV 5名 2.0L 直噴アトキンソン
サイクルエンジン
+2モーターハイブリッド
電気式
無段変速機
FF 3,940,200円

ボディカラー

プラチナホワイト・パール★1
クリスタルブラック・パール
ソニックグレー・パール★1
プレミアムクリスタルレッド・メタリック★2
プレミアムクリスタルブルー・メタリック★2

★1 38,500円(消費税10%抜き35,000円)高となります
★2 60,500円(消費税10%抜き55,000円)高となります

お客様からのお問い合わせは、 「お客様相談センター 0120-112010(いいふれあいを)」へお願い致します。

詳細はこちらのリンクよりご覧ください。
http://www.honda.co.jp/news/2022/4220630-civic.html

本田技研工業株式会社

所在地
東京都港区南青山2-1-1

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ