※配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、ベストカーWebが取材・執筆した記事ではありません。
お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

「Team HRC」が鈴鹿8時間耐久ロードレース 第43回大会で優勝

配信元:HONDA

 「2022 FIM※1世界耐久選手権“コカ·コーラ” 鈴鹿8時間耐久ロードレース 第43回大会(以下、鈴鹿8耐)」が、8月7日(日)に三重県・鈴鹿サーキットで開催され、「Team HRC(長島 哲太、高橋巧、イケル・レクオーナ組)」が優勝しました。Hondaにとって、2014年以来8年ぶり通算28回目となる鈴鹿8耐の優勝となります。

 優勝したTeam HRCは、2018年にHondaのワークスチーム※2として10年ぶりに鈴鹿8耐に復帰し、2018年は2位、2019年には3位と2年連続で表彰台を獲得しました。

 金曜日の計時予選ではトップタイムをマークし、危なげなくトップ10進出を決めると、土曜日のトップ10トライアルは、計時予選に変更になったものの、長島哲太選手が記録した2分4秒934でポールポジションを獲得しました。

 決勝レースでは、スタートライダーを高橋巧選手がつとめ、スタート直後こそはトップを奪われたものの10周目にはトップを奪還しました。その後は長島哲太選手、イケル・レクオーナ選手も、終始安定した走りで2位との差を堅持しました。そして19時32分には214周を走り、先頭でチェッカーフラッグを受け、Team HRCはポールトゥーウィンでの優勝になりました。

 ライダーの高橋巧選手は通算4勝目、長島哲太選手、イケル・レクオーナ選手は初めての鈴鹿8耐優勝になります。

  • ※1FIMとは、Fédération Internationale de Motocyclisme(国際モーターサイクリズム連盟)の略称
  • ※2ワークスチームとは、マシンを製造しているメーカーが運営しているチーム

詳細はこちらのリンクよりご覧ください。
http://www.honda.co.jp/news/2022/2220807.html

本田技研工業株式会社

所在地
東京都港区南青山2-1-1

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ