※配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、ベストカーWebが取材・執筆した記事ではありません。
お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

「Team HRC」のティム・ガイザー選手がMXGPで2年ぶり4度目のチャンピオン獲得

配信元:HONDA

 2022 FIM※1モトクロス世界選手権の最高峰クラスMXGP(450ccクラス)において、株式会社ホンダ・レーシング(HRC)の契約ライダーで、ワークスチーム※2「Team HRC」のティム・ガイザー選手(スロベニア 25歳)が、2年ぶり4度目のチャンピオンを獲得しました。

  • ※1FIMとは、Fédération Internationale de Motocyclisme(国際モーターサイクリズム連盟)の略称
  • ※2ワークスチームとは、マシンを製造しているメーカーが運営しているチーム。HondaではHRCが運営するチーム
ティム・ガイザー選手とチームスタッフ

 

ティム・ガイザー選手とチームスタッフ
ティム・ガイザー選手とCRF450RW

 

ティム・ガイザー選手とCRF450RW
 
 今シーズンのモトクロス世界選手権は2月にイギリスで開幕し、Team HRCのティム・ガイザー選手は、Hondaのワークスマシン「CRF450RW」を駆り参戦しています。

 これまで第15戦 スウェーデン大会の終了時点で、全30レース中13レースでの優勝と、2回の3大会連続を含む8大会で総合優勝を獲得しており、その結果、ランキング2位とのポイント差を115として、チャンピオンに王手をかけていました。

 8月14日(日)に開催された第16戦フィンランド大会では、レース1を6位、レース2を7位でフィニッシュし、その結果、ランキング2位の選手とのポイント差により、残り2大会(4レース)を残し、今シーズンのチャンピオンが決定しました。

 ティム・ガイザー選手は、2015年にMX2(250ccクラス)の世界チャンピオンを獲得。翌2016年には、最高峰のMXGPにステップアップして、ルーキーイヤーでチャンピオンを獲得しました。今回、ティム・ガイザー選手自身にとっては、通算5度目のモトクロス世界選手権でのチャンピオン獲得となりました。

Team HRC ティム・ガイザー

 「ベストな走りではありませんでしたが、チャンピオン獲得という今日の目標を達成できました。(MX2クラス、MXGPクラスあわせ)世界タイトルを5回も獲得できたことが信じられず、まだ実感できていません。
 
 レース会場、そして日本からサポートしてくれたTeam HRCのみんなに感謝しています。恋人や世界中のファンにも感謝を送りたいです。たくさんのファンが会場で応援してくれてうれしかったですし、感謝してもしきれません。今日は特別な日になりました。5回目の世界タイトルを獲得できてうれしいです」

本田技研工業株式会社 執行職 コーポレートコミュニケーション統括部長
兼 株式会社ホンダ・レーシング(HRC)代表取締役社長 渡辺康治

 「ティム・ガイザー選手チャンピン獲得おめでとう。今シーズンは大きなけがもなく、3大会連続で完全優勝(1大会で開催される2レースともに優勝)する圧倒的な強さと、確実に上位でポイントを積み上げる安定感を見せ、見事にタイトルを奪還してくれました。
 
 昨年の悔しさをバネに、ライダーとしてさらに成長した彼を誇りに思っています。最後になりましたが、彼のチャンピオン獲得に携わったチームスタッフ、そしてレース活動を支えてくださった多くのスポンサー様と、モトクロスファンの皆様に心から感謝いたします」

ティム・ガイザー選手のプロフィール

生年月日:1996年9月8日(25歳)
出身地:スロベニア
主な戦績:
2009年   85cc ヨーロッパ選手権チャンピオン
2012年   125cc ヨーロッパ選手権チャンピオン
             125cc ジュニア世界選手権チャンピオン
             世界選手権 MX2デビュー
2013年   世界選手権 MX2ランキング20位
2014年   世界選手権 MX2ランキング5位
2015年   世界選手権 MX2チャンピオン
2016年   世界選手権 MXGPチャンピオン
2017年   世界選手権 MXGP 5位
2018年   世界選手権 MXGP 4位
2019年   世界選手権 MXGPチャンピオン
2020年   世界選手権 MXGPチャンピオン
2021年   世界選手権 MXGP 3位
2022年   世界選手権 MXGPチャンピオン

Honda CRF450RWの概要

エンジン形式:水冷・4ストローク・OHC・449.7cm3単気筒
フレーム形式:アルミ製ツインチューブ
タイヤ:前:21インチ 後:19インチ

詳細はこちらのリンクよりご覧ください。
http://www.honda.co.jp/news/2022/c220815.html

本田技研工業株式会社

所在地
東京都港区南青山2-1-1

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ