1970年代青春オヤジ大歓喜!!? 今年生産終了「ヨンフォア」が復活するってマジなのか!!!?

1970年代青春オヤジ大歓喜!!? 「ヨンフォア」復活ってマジ!!!?

 クォーン、突き抜ける高回転パワーとサウンドがたまらない直列4気筒。昭和から現在まで多くのライダーを魅了し続けてきたが、悲しみの生産終了が相次いでいる。

 なかでもホンダCB400SFの生産終了は一際大きな衝撃をもって受け止められたが、なんと「次期モデル存在」との報が飛び込んできた!!! 予想CGも併せて詳しくお伝え!!!

※本稿は2022年8月のものです
文:ベストカー編集部、写真/HONDA、KAWASAKI、YAMAHA、SUZUKI、予想CG/ベストカー編集部、SRD
初出:『ベストカー』2022年9月10日号

【画像ギャラリー】オヤジ世代のバイクブームはここから始まった! 「中型4発の系譜」をギャラリーでチェック!(9枚)画像ギャラリー

■50周年の節目、世界を舞台に「CB新生」か?

 スロットルを開ければ二次曲線的にパワーが湧き出し、扱いやすさと爽快さを兼備する直列4気筒。

 実質的な世界初の直4量産バイクである1969年のCB750フォア以来、根強い人気を誇ってきた。しかし排ガス規制の強化で消滅モデルが急増している。

 なかでも衝撃的だったのがホンダCB400SFの生産終了だ。

 1992年のデビューから幾度となくクラス販売首位を獲得した超メジャー車が2022年10月末をもって終売を迎えることになった。

CB400SF(HONDA・価格:88万4400円~)…クラス唯一の直4を積む長寿モデル。基本設計は1980年代で、規制対応は困難だった模様だ。10月末までの生産分はすでに完売

 ライダーから多数の惜しむ声が上がるなか、ナント「CB400SFに次期モデルがある」との情報が入ってきた。

 その姿形は不明だが、エンジンは従来と同様にDOHCヘッドの水冷直4で間違いないという。

 メイン市場は、カワサキZ900RSほか日本製4気筒がブームとなっている中国と予想。

 ここにホンダが500クラスの新開発4気筒モデルを投入するらしい。その400cc版が日本向けに発売されるというシナリオだ。

次期CB400(HONDA ※予想CG)…CB400SFの後継として発売が噂される次期400cc直4モデル。デザインに関する情報はまったくないが、本誌では“ヨンフォア”スタイルを予想してみた。現行CB400SFよりさらにレトロな雰囲気で、世界的なネオクラシック人気にも合致する!

 従来型は国内専用で、規制対応してもコスト回収が困難だった。しかし次期型でグローバル展開することでスケールメリットが生まれるのだ。

 発売時期は2024年以降と予想。2023年は空白期間となるが、ホンダではモンキー(50cc)が2017年に生産終了し、翌年グローバルモデルとして復活した例もある。

 そして2024年は「ヨンヒャクCB」の元祖であるCB400フォアの誕生50周年にあたり、「新時代CB」の幕開けにもふさわしい。

 CGのようにデザインも踏襲すれば、オヤジが歓喜すること必至だ!

【画像ギャラリー】オヤジ世代のバイクブームはここから始まった! 「中型4発の系譜」をギャラリーでチェック!(9枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

サッカー日本代表に負けじとアツい! 創刊45周年記念号 第2弾! ベストカー12月26日号

大盛り上がりのサッカー日本代表同様に、アツい内容でお届けするのが発売中のベストカー12月26日号! 創刊45周年記念第2弾の今号は名物の「ゼロヨンテスト」特集や今年を振り返る「クルマ界2022 The総括」特集。大注目の格好いい新型プリウスを丸裸にする特集もあります!

カタログ