コレが日本のバガーレースだ!? 働くバイクの「チャンプ・オブ・ザ・ボックス」開催 ハコ付きカブ激走

コレが日本のバガーレースだ!? 働くバイクの「チャンプ・オブ・ザ・ボックス」開催 ハコ付きカブ激走

写真/Photo Project PHOTO-ON 山田太一氏

 去る2024年6月9日、富士スピードウェイにて日本初のバガーレースが実現した。長瀬智也氏など著名人の活躍、アメリカの「キング・オブ・ザ・バガーズ」さながらの大迫力の走りは、大きな話題と注目を集めている。

 その同日、はるか西の近畿スポーツランドにて、もうひとつのバガーレース(?)が開催されていたことは知る人ぞ知る。その名も「チャンプ・オブ・ザ・ボックス」。カブにボックスを積載した「働くバイク」が競い合う熾烈な戦いはまさに純日本製キング・オブ・ザ・バガーズ。その様子を紹介したい。

 
文/西田 宗一郎 Webikeプラス
 

「ハコ付きバイク」の祭典は偶然本物のバガーデビューと同日に

 奈良県生駒市のペイントショップ「はっぴぃえんどプロジェクト」代表がアメリカで大人気の「キング・オブ・ザ・バガーズ」のニュースを目にして、ハコ付きバイクが走るのは面白い! と今年初めて開催されたのが「チャンプ・オブ・ザ・ボックス」。キング・オブ・ザ・バガーズはハーレーやインディアンのクルーザーモデルにバッグを搭載した巨大な「バガー」が全力で競い合う迫力のレースだが、日本の「バガー」といえばリアボックスを積載したビジネスバイクだろう! というわけで、「ルーツ・ザ・原チャリ」特別開催会「働くバイクで8時間耐久」レースのスプリント枠として開催が決定した。

 そんなチャンプ・オブ・ボックス、初開催された2024年6月9日は、偶然にも富士スピードウェイにてバガーレーサーが日本初参戦した「MAX10」と同日。代表曰く「完全に偶然で……(笑)」とのことだが、運命のいたずらというべきタイミングの良さだ。この初戦では5台のカブがそれぞれ「バガースタイルに敬意を表した」スタイルでエントリー。まるでバットフェアリングのような旭風防や、ホームセンターボックスで仕上げられたカブたちが活躍し、会場を沸かせたのだ。

 

バガーSP_035_2024-06-14 11-43-46

参戦車両はバガーレースに敬意を表し、ボックスとフェアリングの装備が義務付けられる。

 

バガーSP_010_2024-06-14 11-43-44

第1回の今回は5台がエントリー。排気量はバラバラで、思い思いの「バガー」スタイルを仕上げた。

 

バガーSP_052_2024-06-14 11-43-50

本家ばり(?)のフロントアップを見せるマシンも。会場は大盛り上がりだ。

 

バガースタイルに敬意を表した5台のカブたち

 

バガーSP_044_2024-06-14 11-43-50

#1 内田選手 ス-パ-カブ50​ メ-カ-不明風防 メ-カ-不明BOX

 

 

バガーSP_027_2024-06-14 11-43-50

#23 小菅選手(左)C110  メ-カ-不明風防+自作タレ SHOEIリヤBOX 中国製サイドBOX

 

 

バガーSP_021_2024-06-14 11-43-48

#26 杉谷選手 プレスカブ50​ ホンダ純正風防 メ-カ-不明BOX

 

 

バガーSP_042_2024-06-14 11-43-46

#35 中村選手 カブ90 旭風防 リス工業BOX

 

 

バガーSP_019_2024-06-14 11-43-44

#77 西村選手 CT110  汎用ウインドスクリ-ン アイリスオ-ヤマBOX

 

 この笑みがこぼれるレースを企画した「はっぴいえんどプロジェクト」は、1991年から50cc限定のレース「ルーツ・ザ・原チャリ」を開催。「古いバイクを走らせたり、仲間でワイワイやることを趣旨とする人達を最優先します」というレースの趣旨通り、集まるバイクは50ccの空冷旧車ならほとんどOKというレギュレーションで、マニアックなミニバイク愛好家たちで大いに盛り上がり、今年で33年目を迎えた。

 

8h_041_2024-06-14 11-43-38

「運動会風のミニバイクレース」と銘打たれた50cc限定の「ルーツ・ザ・原チャリ」6/9には「働くバイクで8時間耐久」が開催された。

 

8h_276_2024-06-14 11-43-42

「速さを求めず 年令、性別、体重、マシンの差を気にせず、古いバイクを走らせたり、仲間でワイワイやることを趣旨とする人達を最優先」というコンセプトに全国からミニバイクファンが集う。

 

8h_1715_2024-06-14 11-43-40

「働くバイク耐久」は鈴鹿8耐に合わせた時間で開催され、ヘッドライトを転倒し夜間走行も!なかなか見られない光景だ。

 

 
 
 

次ページは : 次回は8月に開催決定! 出前機装備もエントリー歓迎

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!