東横インに泊れば無料!? 静岡と山梨を富士山麓ルートで結ぶコースがお得すぎる

 週末の休みを使って山梨県へ向かうのに静岡からいい移動方法がないか調べていたところ、知り合いから「ホテルが運行している無料のバスがあるから一度乗ってみたら?」と教えてもらい乗車してみることにした。やってきたのは真新しいヒョンデ・ユニバースだった。

文/写真:東出真
編集:古川智規(バスマガジン編集部)

【画像ギャラリー】タダはやはり安かった!無料ハイデッカーで富士山周遊は至福の乗りバスタイムだ(14枚)画像ギャラリー

遠地を結ぶホテル送迎バスだが…

 8月の終わりに静岡県三島市へ向かった。三島駅北口にある東横INN富士山三島駅に宿泊し翌日を移動開始日とした。今回利用するのは東横INN富士山三島駅と山梨県の 大月市にある東横INN富士山大月駅を結ぶ無料送迎バスである。

 ただし無料といっても誰でも乗車できるというわけではなく、ホテル送迎バスなのでこのバスが結んでいる東横INN富士山三島駅か東横INN富士山大月駅に宿泊すること(前日宿泊でも当日宿泊でもOK)、または東横インの会員登録をしていることが条件である。

以前は三島-大月-甲府で走っていた無料送迎バス

 今回は前日に宿泊し、翌日週末の土曜日に利用した。フロントでチェックアウトする時にバス利用のことを聞くと「ロビーでお待ちください」とのことだった。聞くとバスがホテルに横付けできないので、運転手がこのロビーにやってきて案内してくれるようだ。出発は10時30分なので外を見ながら待つことにした。

 ちょうど三島駅を10時に出発する三島エクスプレスを見ることができた。こちらは東海バスが運行する三島と新宿を結ぶ高速バスである。

 この10時の便は沼津市を舞台にしたアニメ「ラブライブ! サンシャイン!!」のイラストがラッピングされた車両が使用されており、この便を狙って乗車する観光者も多いということなので機会があれば利用したいと思いながら待機した。

登場したのはユニバース!

 しばらくするとホテルの反対側にある駐車スペースにバスが到着し、ロビーで乗客の点呼受付が始まった。この便には私を含めて6名乗車するということだった。土曜日ということもあり、もっと乗車する人は多いのではと思っていたが、乗車する条件が意外と厳しいからなのか、それほどではないように感じた。

ヒュンダイユニバース

 運転手に案内されバスに乗車。使用しているのはヒョンデのユニバースである。高速バスの利用はそれほど頻繁ではないが、ヒョンデ車は初乗車だ。そして運行を行っているのは東横インバス、ホテルの直営ではなく東横イングループのバス会社というのも珍しい形態なのでワクワク感がつのる。

 車内は4列のシートで可動式の肘掛、ドリンクホルダーと必要にして十分な設備となっていて、コンセントは設置されていない。またシートベルトは全席が3点式で、バスではまだ珍しいタイプ、安全に対する高い意識を感じた。

次ページは : おどろきの長時間停車!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

サッカー日本代表に負けじとアツい! 創刊45周年記念号 第2弾! ベストカー12月26日号

大盛り上がりのサッカー日本代表同様に、アツい内容でお届けするのが発売中のベストカー12月26日号! 創刊45周年記念第2弾の今号は名物の「ゼロヨンテスト」特集や今年を振り返る「クルマ界2022 The総括」特集。大注目の格好いい新型プリウスを丸裸にする特集もあります!

カタログ