今も残るコンドルの血統!! UDトラックスの海外向けモデル「クーザー」とは何者か?【世界を走る日本のトラック】

 UDトラックスは、海外市場向けに「クーザー(Kuzer)」という小型トラックを展開しています。

 すでに国内では小型トラックの開発・生産から撤退しているUDトラックスですが、そんな同社が2017年に登場させた「クーザー」とは、一体どんなトラックなのか?

 インドネシアのほか、マレーシアや南アフリカでも活躍する「クーザー」の生い立ちや特徴について、詳しく見ていきましょう。

文/緒方五郎 写真/UDトラックス、VEコマーシャルビークルズ、緒方五郎

【画像ギャラリー】見れば見るほどソックリ!! UDトラックス「クーザー」とアイシャー「PRO3008」のディティールを見比べる!!(8枚)画像ギャラリー

ベース車両は先々代コンドル

UDトラックスの南アフリカ市場ラインナップ。左からクオン、クエスター、クローナー、クーザー

 「クーザー」は2017年8月、インドネシア国際オートショーで発表された小型トラックです。

 キャブは、先々代コンドルの標準幅ショートキャブ(ベッドレス)車「コンドルZ」のコンポーネントを用いながら、現行型「クオン」にも通じる形状のヘキサゴングリルや縦型4灯ヘッドライトを用いて、フロントフェイスを一新させています。

 インテリアも先々代コンドルがべースですが、運転席からセンター部にかけてのダッシュボードの形状やメーターパネル、スイッチ配置などを一新しており、「クローナー」に似た雰囲気になっています。

 エンジンは、3.76L直列4気筒OHC16バルブ・電子制御コモンレール燃料噴射装置付直噴ディーゼル・ターボインタークーラー付の「GH4E」型。最高出力150ps・最大トルク490Nmは、インドネシア(事実上日本車がライバル)でクラス最強となるものです。なおトランスミッションは6速マニュアルのみ。一方でテレマティクスにも対応しています。

 シャシーは高張力鋼製のラダーフレーム、サスペンションは前輪・後輪ともリーフリジッドで2WDのみ、ホイールベースは3350mmと3850mmの2種というシンプルな車型展開になっています。制動装置は空気ブレーキシステムで、四輪ともドラムブレーキです。

 中型用幅2,100mmキャブにフルエアブレーキと、小トラというより中型トラックに近い感じですが、実際、車両重量約3.2t・最大積載量約5tもろもろ合わせて車両総重量(GVW)8.5tという中型なみの車格となっています。

 インドネシアの場合、このGVW8.5tクラスは、小型トラックの最上位車型がカバーするセグメントで、「クーザー」は、そこをピンポイントで狙ったトラックというわけです。

 今年4月から、インドネシアの排ガス規制がEuro-2からEuro-4へ強化されました。6月時点でクーザー(現行型はEuro-3レベル)のモデルチェンジはアナウンスされていませんが、現地報道ではEuro-4に対応することが伝えられています。

輸出国は右ハンドル国に集中

 インドネシアに続いて、南アフリカ共和国とマレーシアでも「クーザー」を導入しています。

 マレーシア向けはインドネシアとほぼ同仕様ですが、南ア向けはGVW8.9t・ホイールベース3850mm・Euro-2適合・ABS装着車のみと、仕様が少し変わっています。

 ちなみに、インドネシアでのUD車ラインナップは「クーザー」と大型の「クエスター」の2モデル、マレーシアでは「クーザー」「クエスター」と中型の「クローナー」の3モデルを展開しています。

 南アでは「クーザー」「クローナー」「クエスター」に加えて、「クオン」も展開しており、UD本家よりラインナップがひとモデル多い4モデルを設定するという、世界で唯一の市場となっています。

 「クーザー」の輸出国は、量販が期待できるはずの小トラにしては少なく、事実上右ハンドル国に集中しており、「クエスター」「クローナー」ほど販路は拡がっていません。やはり、大中型トラック中心のメーカーゆえなのでしょう。

次ページは : インドのアイシャーの姉妹車とは?

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ