R32スカイラインGT-Rは何がすごかったのか 名車の誕生の瞬間


伝説が生まれたレースとR32GT-R

全日本ツーリングカー選手権に参戦したR32GT-R

 1990年、全日本ツーリングカー選手権のグループAに参戦したR32GT-Rは、衝撃的なデビューを果たします。

 当時、国内外のツーリングカーレースで世界最強と言われていたライバルのフォード・シエラRS500をなんとレースの1/4を終えた時点ですべて周回遅れとし、R32GT-Rは圧勝でレースを終えたのです。

 その後のレースでも、圧倒的な速さでフォード・シエラを駆逐し、蓋を開けてみると全日本ツーリング選手権が終わるまで、無敗の29連勝というGT-Rは新たな伝説を刻むことに成功しました。

R32GT-Rのデザインの魅力

 R32GT-RはR32スカイラインの最上級グレードという位置付けです。そのため、ベースモデルのスカイラインと比べると、大きく張り出したブリスターフェンダーや大型のフロントグリル、16インチの鍛造アルミホイールなど、明らかに只者ではない雰囲気が伝わってきます。

 スカイラインのアイデンティティでもある丸目のテールランプは、個性の強いものであるはずなのに、R32GT-Rの筋肉質なボディとの相性が抜群で、なぜか引き込まれてしまう魅力を持っています。

次ページは : R32GT-Rはあくまでも普通自動車がベースだった