【ロシアトラック大集合】ADA搭載スーパーグレード公道試乗!! |フルロード VoL.39 本日(12/10)発売

 自動車雑誌ナンバーワンのベストカーが自信をもってお送りするトラック情報誌! 

 世界のトラック2020では、ロシアを含む北ヨーロッパとその他の地域のトラック会社を特集する。老舗メーカーが導入した新たなトレーラについて詳しく紹介する。開催中止になったを誌上にてIAA2020を開催!! 出品を予定していた数々の最新鋭車両を掲載。

※IAA・・・国際モーターショー(Internationale Automobil Ausstellung)。奇数年は乗用車ショーがフランクフルトにて開催。偶数年では、商用車ショーをハノーバーにて開催。今回は新型コロナウイルスの感染拡大のため、中止になった。


世界のトラック2020 その他の国々編

ロシア国内に本社を持つカマ自動車工場、自動車工場ウラルなどが登場する

 カマ自動車工場(KamAZ)は、ロシア大型車市場でシェア45%のトップメーカーで、ソビエト連邦時代の1969年、タタールスタンに創設された。

 当時ソ連は大型トラックが不足していたため、当初より大量生産能力が与えられ、第1号車ラインオフは1976年に行われた。1977年に本格操業され、最初の生産モデルGVW15tキャブオーバー「KamAZ・5320」が開発された。

 1988年にはワークスラリーチームを結成してモータースポーツ活動を開始、ダカールラリーの上位常連である。

 2000年以降、欧米・中国のサプライヤーとの提携が相次いだが、2017年に第4世代大型モデル「KamAZ・5490NEO」、第5世代大型モデル「KamAZ・54901」も発表、2021年から供給開始する。

 カマ自動車、自動車工場ウラルなどのロシア自動車企業などを中心に特集「世界のトラック2020」をお送りする。

ADA搭載スーパーグレードを公道で試す!

三菱ふそう スーパーグレードを公道試乗!!

 国内で初めて運転自動化レベル2の高度運転支援機能「アクティブ・ドライブ・アシスト」(ADA)を搭載した大型トラック、三菱ふそうトラック・バスの「スーパーグレード」に公道上で試乗する機会を得た。

 ADAはダイムラー・トラックグループ(現ダイムラー・トラックAG)のメルセデス・ベンツとフレイトライナー、三菱ふそうの3社が共同で開発した高度運転支援(部分自動運転)システムである。

 スーパーグレードには2019年10月発表のモデルから、最新世代の衝突被害軽減ブレーキなどともに搭載された。

 今回、先進安全装備が充実する「プロ・ライン」仕様のスーパーグレードに試乗した。ADAを搭載したスーパーグレードの実力はいかに?

「多軸トレーラのパイオニア」に新たなトレーラ導入

「多軸トレーラのパイオニア」こと中山運輸機工に導入したコンビネーショントレーラをレポートする

 大型プレス機の運搬・据え付けを得意とする滋賀県大津市の中山運輸機工はこのほど、スカニアS650、およびドイツの特殊車両メーカー・ゴールドホファー社のコンビネーショントレーラを導入し、運用を開始した。

 中山運輸機工は1971年に設立。かつてオランダの特殊トレーラメーカー・ノーテブーム社の多軸トレーラーを国内でいち早く導入し、「多軸トレーラのパイオニア」といわれる。

 近年は大型プレス機をはじめとする重量物の据え付けに特化しており、国内の大手プレスメーカー各社を顧客としている。

 ここにきてコンビネーショントレーラを導入するなど重量物輸送の強化を図っており、業界で注目を集めている。2020年秋に同社が行った国内最大級の大型プレス機輸送と併せてレポートする。

書籍情報

フルロード VoL.39 表紙

雑誌名:ベストカーのトラックマガジンfullload(フルロード) VOL.39
講談社ビーシー/講談社刊

発売日:2020年 12月 10日
定価 :1,200円(税別)

判型 :A4判 
ページ数:96ページ

ISBN-10 : 4-065222591
ISBN-13 : 978-4-065222591

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】早くも情報入手! 2022年の新車大特集 |ベストカー2月10日号

 早くも2022年に出る新車情報を捕捉! 「ベストカー」2月10日号が、本日発売。  前号では2021年の新車スクープカレンダーをお届けしましたが、今号では早くも2022年に登場予定の多くの新型車の情報をお届けします。年始号恒例の翌年の新車…

カタログ