【ロードスター、N-BOX…】日産にはマネできないクルマたち


プリウスのようなハイブリッドカーは生まれるのか

トヨタ プリウス

 日産にはe-POWERがあるから不要だと思われるかもしれないが、プリウスのような超高効率のハイブリッドシステムは、今でも日産が欲しいと思っている技術であろう。

 現行型プリウスの燃費は37.2km/L(JC08モード)、日産ノートは34.0km/L(JC08モード)と、プリウスよりも車格が下なのに燃費性能が届いていない。

 現行型ノートは2012年登場とすでに9年目に突入しており、そろそろモデルチェンジがなされるタイミングだ。果たして、次期型e-POWERでは効率をどれだけ上げられるのか、注目である。

売れる軽スーパーハイトワゴンは日産で開発されるのか

 日産にもデイズルークスという車種が一応はある。

 しかし、2014年に発売開始した現行デイズルークスは、三菱との共同開発(NMKV)であり、日産の開発が存分にかかったクルマではなかった。

 2019年1月に登場した日産側が設計開発を担当した新型デイズ/デイズハイウェイスターは、静粛性が高く、走りの質感もあり、そこらの軽自動車たちを駆逐した勢いであった。

 しかし、その後わずか半年ほどで登場したホンダのN-WGNはその上を達成しており、軽自動車の開発力では、日産はホンダに負けている。

軽自動車王者 N-BOX

 数年後には、日産の息のかかったデイズルークスが登場予定だという。経験値の少ない軽自動車開発で、日産がどこまで王者N-BOXに迫れるのか? 

 今後、大変に面白い戦いになっていくだろう。

次ページは : まとめ

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

集中BIG特集「ホットハッチ世界大戦」。カラー14ページでド~ンと!  季節は初夏。「ホット」なハッチで熱く走ろう!実用性と走りの楽しさを兼ね備えたクルマ、ホットハッチ。マルチな性能だっていかんなく発揮します。そんなホットハッチを取り上げる…

カタログ