【販売帝国トヨタでも失敗!!】トヨタでも売ることが難しかったクルマ 5選


 現在、全国約6000店舗におよぶディーラーを持つトヨタ。「販売のトヨタ」とまで言われ、販売力は他社を圧倒している。他社であれば、あまり人気がなく販売台数が見込めない車種でも、それなりに数を売ってしまうと評されている。

 そんな強力な販売力を誇るトヨタをもってしても、過去には売れなかった残念なモデルがあった。今回は、そんなディーラーマンが売り方に困った5台にスポットを当てて、その残念さを解説していきたい。

文/片岡英明
写真/TOYOTA

【画像ギャラリー】トヨタでも売れなかったけど、実は海外で大変身していたiQ


■iQ(販売期間:2008~2016年)

 東京モーターショーを見ればわかるように、最近はマイクロサイズのスモールカーが注目を集めている。2008年11月、大メーカーのトヨタは大胆にもこのジャンルに新型車を投入した。それが「iQ」だ。

 キャッチフレーズは「超小型ボディに卓越した性能を凝縮し、高い質感を備えたマイクロプレミアムカー」である。全長は3mを切るコンパクトさだが、全幅は1680mmと広く、全高も1500mmと高くして快適な居住空間を実現した。なんと、このサイズで4人の乗車が可能だ。当然、取り回し性も優れている。

 エンジンは1Lの直列3気筒DOHCでスタートし、10カ月後に1.3Lの直列4気筒を追加設定した。1Lエンジンでも街中を中心とした走りでは満足度が高い。1.3L モデルは一段と軽快な走りを見せ、振動も上手に抑えられている。発売前にジャーナリストなどに乗せてみると、好評を勝ち取った。

 が、フタを開けてみると販売は低調で、頼みの綱だったヨーロッパでも不人気車の烙印を押されている。日本には優れたパッケージングで、燃費のよい軽自動車があるから、価格が高く、維持費も高くなるiQには見向きもしなかったのだ。

 ヨーロッパでも、設計コンセプトは高く評価されたが、多くの人は手を出さなかった。ちょっと登場が早すぎたか!?

■カローラ ルミオン(販売期間:2007~2015年)

 日本を代表するファミリーカーのカローラは、乗り継ぐユーザーが多いためユーザー層が高齢化してきた。これを打開し、若いクルマ好きを取り込むために企画されたのが、カローラらしくないカローラ。それが箱型2ボックスの「カローラ ルミオン」で、2007年10月にデビューを飾っている。

 そのネーミングからわかるように、ルーミーで快適なキャビンをチャームポイントにした。しかも小型車枠からの脱皮を図り、全幅を1760mmまで広げている。全高も1630mmと、立体駐車場には入らない。このパッケージングは、北米での販売をメインとしていたからだ。

 エンジンは1.5Lと1.8Lの直列4気筒DOHCで、アクティブコントロール4WDは1.8Lだけの設定とした。ワイドトレッドで、1.8Lエンジンは余裕があったからスポーティな走りを披露している。

 新しいカローラの価値を訴求したが、3ナンバー車を敬遠する人は意外に多く、シートアレンジも平凡だったから販売は伸び悩んだ。この販売不振がトラウマとなり、11代目までカローラはワイド化に踏み切れなかったのである。

次ページは : ■WiLL サイファ(販売期間:2002~2005年)