【10月激売れTOP10入り!?】ルーミー&タンクの実力はライバルより上か?

 2019年10月の登録台数を見ると、小型トールワゴンのトヨタルーミーが6962台を登録して、登録車(小型/普通車)の3位になった。姉妹車のタンクも5420台を登録して5位に入っている。

 驚くべきことにノートやアクア、ヴィッツといったベストセラーコンパクトを抜いて3位、5位になったというのは凄い。

 ルーミー&タンクはフロントマスクなどが部分的に異なるものの、基本的には同じクルマだ。

 そもそもダイハツが開発したトールをトヨタにOEM供給したのがルーミー&タンク。この2車種は取り扱う販売店が異なり、ルーミーはトヨタ店とカローラ店扱い、タンクはトヨペット店とネッツ店扱いとなっている。さらにスバルにもOEM供給され、ジャスティとして販売されている。

【ルーミー四兄弟の内訳】
ルーミー=トヨタ店/カローラ店扱い
タンク=トヨペット店/ネッツ店扱い
トール=ダイハツ扱い
ジャスティ=スバル扱い

 そこで、なぜルーミー&タンクがこれほどまでに売れたのか? 売れた理由を探るとともに、2列シート5人乗りを用意するシエンタと徹底比較。

 はたしてルーミー&タンクはシエンタよりいいのか、モータージャーナリストの渡辺陽一郎氏が解説する。

文/渡辺陽一郎
写真/ベストカーWEB編集部

【画像ギャラリー】トヨタルーミー&タンク、ダイハツトール、スバルジャスティの見分けは付くのか?


ルーミーとタンクを合わせると1万2382台で1位のカローラを上まわる!

トヨタはトヨタ店/トヨペット店/カローラ店/ネッツ店という異なる販売系列で売るための「姉妹車」も用意される。ルーミーはトヨタ店とカローラ店の販売車種だ
タンクはルーミーとは顔付きが異なる。タンクはトヨペット店とネッツ店扱いの車種だ

 ルーミーとタンクはフロントマスクなどが部分的に異なるものの、基本的には同じクルマだ。そこで両車の登録台数を合計すると1万2382台に達した。

 この両車を合計した1万2382台は、2列5人乗りもラインナップするシエンタの9302台を上まわるのはもちろん、登録車の1位になったカローラの1万1190台を上まわることになり、カローラよりも1192台多い台数になる。

 ちなみにルーミー&タンクの直接のライバルは、スズキソリオだが、2019年10月の販売台数は2627台(対前年同月比77.1%)で登録車17位と伸び悩んでいる。

 ルーミー&タンクは、ダイハツから供給を受けたOEM車だ。 トヨタはトヨタ店/トヨペット店/カローラ店/ネッツ店という異なる販売系列で売るための「姉妹車」も用意される。

 ルーミーはトヨタ店とカローラ店、タンクはトヨペット店とネッツ店扱いという違いがある。

 本家のダイハツブランドでもトールを販売しており、2019年10月の登録台数は2071台であった。トールは、トヨタのルーミー&タンクに比べると大幅に少ないが、軽自動車を中心とするダイハツの小型車では、トールの録台数が最も多い。

 トールは標準グレードと、カスタムグレードの2種類ラインアップしているが、トールの標準グレードはトヨタ車でいうとタンク顔、カスタム系はルーミー顔となる。スバルにOEM供給しているジャスティはその逆で標準グレードがルーミー顔、カスタム系がタンク顔になる。

 2019年10月の登録車販売台数4位のプリウスを含めて、登録車ランキングの1~5位をトヨタが占めている。

 トップ10車には、アルファード、アクア、ヴォクシー、ヴィッツも入ったから、トヨタ以外は6位の日産ノートだけだ。

 そして2019年10月の1~5位には、比較的コンパクトな車種が多い。カローラセダン&ツーリングは3ナンバー車になったが、全長は4400mm以下だから、相変わらずボディがコンパクトなことに変わりはない。

こちらはダイハツトールの標準グレード
スバルジャスティの標準グレード

■2019年10月登録車販売台数
1位:カローラ/1万1190台(129.5%)
2位:シエンタ/9302台(94.5%)
3位:ルーミー/6962台(108.1%)
4位:プリウス/6898台(78.5%)
5位:タンク/5420台(96.2%)
6位:ノート/5263台(54.0%)
7位:アルファード/5130台(88.2%)
8位:アクア/4967台(47.7%)
9位:ヴォクシー/4394台(56.1%)
10位:ヴィッツ/4383台(73.8%)

ルーミー&タンクと2列5人乗りのシエンタを徹底比較!

全長3700mm、全幅1670mm、最小回転半径4.6mという扱いやすいサイズ
タンクのコクピット。 水平に広がるインストルメントパネルを採用して機能性とワイドな印象を表現するとともに見晴らしのよさを実現。運転席前に配置したメーターはフードを低く抑えることで視認性を確保
ファミリー層が乗るには十分なスペースを確保する。歩行者も検知対象とする「衝突回避支援ブレーキ機能」、夜間走行時に歩行者の早期発見に貢献する「オートハイビーム」などを採用した先進の衝突回避支援システム「スマートアシストIII」、フロント4個、リア4個のセンサーで障害物を検知し、接近お知らせ表示や警告音で危険を知らせる「コーナーセンサー」を「X」以外のモデルに標準装備

 ここで、販売が好調なルーミー&タンクと、最近売れているシエンタを比べてみたい。

 シエンタは全長を4300mm以下に抑えた5ナンバーサイズのコンパクトミニバンで、現行型は2015年7月に発売された。この後、2018年9月に2列シート5人乗りのファンベースを加えるマイナーチェンジを実施した。

 2019年のシエンタは、目立った改良を行っていないが、2019年8月には前年の1.6倍売れて登録車販売ランキングの1位になった。

 9月も引き続き前年の1.9倍売れて1位だ。特別仕様車のグランパーを加えたのは10月に入ってからなので、8/9月の好調には影響を与えない。

 販売店では「最近は小さなクルマに乗り替えるお客様が増えており、街中でシエンタを見かける機会が増えたこともあって、以前にも増して購入されるお客様が増えている」という。

 つまり好調に売れるトヨタ車のなかでも、ルーミー&タンクとシエンタが特に目立つ。そこで両車を機能別に比較してみよう。シエンタは2列シートのファンベースを取り上げる。

2015年7月にデビューし、2018年9月にマイチェンで2列5人乗りのファンベースを追加。5人乗り、6人乗り、7人乗りが選べる
インパネは上下で2分割し、アッパー部はシンプルでなめらかな面質で広がりを強調し、ロア部では乗員を包み込むような形状で安心感を演出。メーターパネルには4.2インチTFTカラー液晶のマルチインフォメーションディスプレイを設定
2018年9月に追加された2列5人乗りのシエンタファンベースのインテリア。2列目のシートを倒すとフラットで最大荷室長2065mmの大容量ラゲッジが現われ、26インチのマウンテンバイク2台の積載や車中泊を可能とした

 両車とも5ナンバー車だから、全幅はルーミー&タンクが1670mm、シエンタも1695mmで近いが、全長はかなり違う。

 ルーミー&タンクの標準ボディは3700mm、シエンタは560mm長い4260mmだ。

 最小回転半径もルーミー&タンクは大半のグレードが4.6mで、シエンタは5.2mになる。駐車場での小回り性能、混雑した街中での扱いやすさは、ルーミー&タンクが勝る。

 その代わり車内はシエンタが広い。後席を格納した場合、前席の背面から荷室後端までの長さは約2mに達する。

 それでもルーミー&タンクも約1.6mを確保した。ルーミー&タンクは空間効率が優れ、全長はシエンタに比べて560mm短いが、荷室長はそこまで変わらない。

 居住空間の広さは、ルーミー&タンクでも後席のスライド位置を後端まで寄せると足元空間を広く確保できる。

 身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る乗員の膝先空間は握りコブシ3つ半だ。前後方向の余裕は、全長が5mを軽く超えるセンチュリーと同等になる。

 対するシエンタは同じ測り方で握りコブシ2つ分になる。2列シートのファンベースでも、スライド機能が3列シート仕様と同じだから、窮屈ではないものの膝先空間はルーミー&タンクよりも狭くなった。

 ただし居住性は逆転する。前席は両車ともおおむね快適だが、後席の座り心地は、ルーミー&タンクに不満を感じるからだ。

 シエンタに比べると柔軟性が不足して座り心地が下がり、床と座面の間隔も乏しいから、足を前方へ投げ出す座り方になってしまう。頭上と足元の空間が広いため、窮屈な印象はないが、長時間乗車に適したシートとはいえない。

 以上のようにルーミー&タンクは、ボディサイズのわりに居住空間と荷室を広く確保したが、座り心地など質の点ではシエンタに見劣りする。

走行性能と乗り心地はシエンタよりいいか?

ルーミー&タンクのエンジンは69ps/9.4kgmの1L、直3NAエンジンと、98ps/14.3kgmを発生する1L、直3ターボエンジンの2種類

 走行性能も比べたい。エンジンはルーミー&タンクが直列3気筒1Lを搭載した。車両重量が1070kgに達するので、ノーマルエンジンは幅広い回転域でパワー不足を感じやすい。ターボは1.5Lノーマルエンジンに匹敵する性能を発揮するが、2000回転前後のノイズが気になる。

 シエンタは直列4気筒1.5Lのノーマルタイプとハイブリッドを用意した。車両重量がノーマルエンジンは1320kg、ハイブリッドは1380kgと重いから十分な性能とはいえないが、ルーミー&タンクほどのパワー不足やノイズの高まりは感じない。

 走行安定性と乗り心地も同様だ。ルーミー&タンクは後輪の接地性を維持して不安定な状態に陥るのを防ぐため、操舵した時の反応が鈍い。峠道などでは曲がりにくく感じる。乗り心地は硬めで粗さも伴う。

 シエンタは操舵に対する反応が自然な印象で、曲がりにくさや反応の鈍さは感じない。後輪の接地性も優れ、少し背の高いワゴンという感覚で運転できる。乗り心地は路上の細かなデコボコを伝えやすく、改善の余地はあるが、粗さは抑えた。このように走行性能と乗り心地はシエンタの圧勝だ。

 衝突被害軽減ブレーキ(緊急自動ブレーキ)は、両車ともに歩行者の検知を可能にしている。運転支援機能は装着されない。

シエンタは109ps/13.1kgmの1.5L、直4と、74ps/11.3kgmの1.5L、直4+61ps/17.2kgmのモーターを組み合わせるハイブリッドの2種類を用意。JC08モード燃費はガソリンが20.2km/L、ハイブリッドが28.8km/L。いずれも2WD

コスパはシエンタより上か?

■ルーミーの価格
X(1L、直3)/149万500円
X‟S″(1L、直3)/155万6500円
G(1L、直3)/171万6000円
G-T(1L、直3ターボ)/183万7000円
カスタムG(1L、直3)/187万円
カスタムG-T(1L、直3ターボ)/200万2000円
※すべて2WDの価格

■シエンタファンベース(2列シート5人乗り)の価格
ファンベースX(1.5L、直4)/180万9500円
ファンベースX(1.5L、直4ハイブリッド)/222万7500円
ファンベースG(1.5L、直4)/201万7400円
ファンベースG(1.5L、直4ハイブリッド)/238万3700円
※6人乗り7人乗りの価格は199万4300~257万9500円
※すべて2WDの価格

 価格は衝突被害軽減ブレーキ、両側スライドドアの電動機能などを備えたルーミー&タンクGが171万6000円、シエンタファンベースGが201万7400円になる。シエンタが約30万円高い。

 この価格差ならシエンタを推奨したい。ルーミー&タンクは、クルマの質という点で不満を伴うからだ。

 商品力に違いが生じた背景には、開発期間の違いがある。ルーミー&タンクは2016年11月に発売されたが、約2年間の短い期間で開発されたからだ。

 その背景には、軽自動車の爆発的な売れ行きがあった。2014年にはスズキハスラーが好調に売れてダイハツとの販売合戦に発展して、軽自動車の販売台数が急増した。

 販売会社が在庫車を届け出して台数を稼ぐ届け出済み未使用中古車も乱発され、2014年の新車市場における軽自動車比率は41%に達している(2018年は36%)。

 この状況に慌てたのが登録車を中心に扱うトヨタで、N-BOXを始めとする売れ筋の背の高い軽自動車に対抗すべく、スライドドアを備えたコンパクトカーのトヨタルーミー&タンク/ダイハツトール/スバルジャスティを大急ぎで開発した。

 その結果、商品力に不満が生じた。DNGAの新しいプラットフォームは間に合わず、パッソ&ブーンと同じタイプを使う。想定される車両重量は800~900kgだから、1トンを超えるボディを支えるには無理があった。

 エンジンもパッソ&ブーンの直列3気筒1Lを搭載することになり、パワー不足が生じた。そこでターボを装着したが、前述のノイズを十分に対策できず時間切れとなった。

 ルーミー&タンク/ダイハツトールの報道試乗会で、ダイハツの開発者が「十分にやり切れない面があった……」と肩を落としたのを今でも思い出す。業界を問わず、辛い思いをするのは、いつも現場だ。

 だから個人的には、ルーミー&タンクが好調に売れてホッと安心したことも事実だが、そんなことは読者諸兄のクルマ選びには関係ない。ルーミー&タンクはコンパクトで空間効率が優れ、便利に使えるクルマだが、長距離を移動する時などは疲労を感じることもある。

 また後席にチャイルドシートを装着するなら問題ないが、大人が長時間にわたって座ると、座り心地に不満が生じることもあるだろう。

 シエンタやライバル車となるスズキソリオなど、空間効率の優れたコンパクトな5ナンバー車と乗り比べた上で、購入の判断をされるのがよいと思う。

■ルーミー G 主要諸元
全長×全幅×全高:3700×1670×1735mm
ホイールベース:2490mm
車両重量:1070kg
駆動方式:FF
乗車定員:5名
エンジン:1L、直3DOHC
最高出力:69ps/6000rpm
最大トルク:9.4kgm/4400rpm
トランスミッション:CVT
燃費:24.6km/L(JC08モード燃費)
車両本体価格:171万6000円

■シエンタ ファンベースG 主要諸元
全長×全幅×全高:4260×1695×1675mm
ホイールベース:2750mm
車両重量:1320kg
駆動方式:FF
乗車定員:5名
エンジン種類:1.5L、直4DOHC
最高出力:109ps/6000rpm
最大トルク:13.9kgm/4400rpm
トランスミッション:CVT
燃費:20.2km/L(JC08モード燃費)
車両本体価格:201万7400円

【画像ギャラリー】トヨタルーミー&タンク、ダイハツトール、スバルジャスティの見分けは付くのか?

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ