100年の歴史と101年目からの未来 記憶に刻まれるマツダ車たち 22選


 前身である東洋コルク工業株式会社の設立(1920年・大正9年)から数えて2020年の今年、創業100周年を数えるマツダ。歴史あるメーカーの多くがそうであるように、ここに至るまでの道のりは決して平坦ではなかった。だがそうした100年の積み重ねのなかで、不思議な魅力を放つ、語りたくなるようなモデルを多く輩出してきたのもマツダ車の特徴のひとつ。ここではその一部を紹介していこう。

【画像ギャラリー】全22台! マツダの歴史を彩る名車たちをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年3月のものです
文:永田恵一/写真:ベストカー編集部/撮影:森山俊雄(RX-8)
初出:『ベストカー』 2020年4月10日号


■R360クーペ(1960年)

 それまでオート3輪が中心だったマツダはこのクルマで四輪乗用車に参入。空冷V2をリアに搭載し、リアシートは広くない代わりに軽量化に注力していた。

戦後の日本車で初めて「クーペ」を車名で名乗ったRRモデルだった。当時の価格は30万円で、スバル360よりも安価に設定されていた

■コスモスポーツ(1967年)

 世界初のロータリーエンジン(以下RE)を搭載した市販車。独NSU社とのREのライセンス契約から市販化までの道のりはNHK『プロジェクトX』でも取り上げられたように苦悩の連続だった。

初のロータリーモデルでFR2ドアクーペ。この10A型ロータリーはファミリアやサバンナも搭載した

次ページは : ■ファミリアロータリークーペ(1968年)

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ