メルセデスF1が作り上げた人工呼吸器が凄すぎる!! 通常2年を「100時間」で完成 

 日本でも自動車業界が新型コロナウイルスへの支援として、持ち前の技術や設備を用いる取り組みが行わている。

 これからも官民問わない取り組みが行われていくのだが、日本よりひと足早く”緊急事態”となったヨーロッパではすでに多くの支援が始まっている。

 なかでもF1の各チームが取り組んだ人工呼吸器開発プロジェクトは非常に大きな話題を呼んだ。今回はドイツ在住のジャーナリストにメルセデスがどのような取り組みをしたのかをまとめてもらった。

 ドイツではどのような支援が自動車業界を通じて行わているのだろうか?

超突貫開発でもクオリティ高し!! メルセデス製の美しい人工呼吸器の姿はこちらから

文:Midori Ikenouchi/写真:Daimler, Mercedes AMG F1 Team


■全メーカーが稼働停止のドイツ国内の現状だが……

 世界中に蔓延し、猛威を振るう新型コロナウイルスへの感染拡大防止の為、ドイツ政府は外出自粛要請を日本よりも3週間前に発令し、一部の特定管理エリア以外はすべての自動車製造ラインを休止しているメルセデス・ベンツ。

 ドイツ政府は自動車メーカーへの稼働停止は強制していないが、すべての自動車メーカーが社員の健康・安全確保の為に独自に製造ラインを休止しているのが現状だ。

メルセデスF1チームが開発した人工呼吸器の一部。こちらは酸素流量や、酸素濃度を調整するコントローラーとなる

 世界中の感染患者が爆発的に増え、医療現場での物資や医療機器不足が深刻化しているなか、イギリスに本拠地を置くメルセデス・AMG ペトロナスF1チームでは、最先端のF1技術を駆使し、異業種ながら迅速に医療業界へ手を差し伸べた事が話題を呼んでいる。

 3月18日からイギリスのメルセデス・AMGペトロナスのF1ファクトリーでは、ユニバーシティカレッジ ロンドン(UCL)の工学エンジニアと、ユニバーシティカレッジ ロンドン病院(UCLH)の臨床医が、F1チームのハイパフォーマンスパワートレインのエンジニアらとともに、持続的起動陽圧装置(CPAP)の開発から製造に乗り出した。

CPAP(シーパップ)と呼ばれる持続的起動陽圧治療を施すための機器をメルセデスが開発し納品した。CPAPでは呼吸困難の患者に対して鼻や口から圧力をかけた空気を肺に送り込むもので、気管挿管を必要としない治療法となる

 Covid-19感染患者が自発呼吸だけで酸素吸入が困難な場合、この装置を装着することにより呼吸を補助する役割を果たし、重篤患者の命を救い続けているのだ。

■なんと100時間でプロトタイプを完成させる

 メルセデスのF1エンジンファクトリーが、ロンドン大学と共同で記録的な速さで開発した、持続的起動陽圧装置は、最初のミーティングから第一試作品の完成までに費やした時間は、なんと100時間未満。

 通常それらの工程には2年もの年月が必要と言われているだけに、驚異的な短時間で完成させた事になる。すでに100台のデバイスが臨床試験のためにUCLHに提供され、英国政府は今後最大1万台の呼吸補助装置を発注。

器具の一部の製作工程。これほど細かいネジ穴を刻めるのはF1の緻密なパワーユニットを作るファクトリーならではの技術となる

 その内の1000台は、ノーサンプトンシャーのブリックスワークスにあるメルセデス・AMGペトロナスF1チームのハイパフォーマンスパワートレインのテクノロジーセンターで製造されているという。

 通常はF1のピストンとターボチャージャーを作成している40台の機械は、作業をしやすいようにファクトリーの中を配置転換し、UCLおよびメルセデス・AMGのエンジニアらが24時間体制で大量生産を行えるよう、迅速に社内体制も整えられている。

口と鼻を覆うマスクや湿度を維持するフィルターなどもあわせて開発されている

 今回はメルセデス・AMGの取り組みを紹介したが、イギリスに本拠地を置くアストン・マーティン レッドブル、BWT レーシングポイント、ハース、マクラーレン、ルノー、ROKiTウィリアムズの7つのF1チームとテクノロジー企業が協力して医療機器などの開発に取り組んでいる。

 その名も『プロジェクトピットレーン』と称し、イギリス政府のサポート要請に応えるべく、持続的起動陽圧装置の設計から開発・プロトタイプの製造、試験、組み立てまでの製造作業を担っている。

 日頃のF1レースではライバルとして戦う立場であるが『プロジェクトピットレーン』では、F1で培われた高スキルとスポーツマンシップで結束し、多くの重篤患者の命を救い続けており、今後も英国全土の病院に迅速に供給されるという。

今回メルセデスF1チームが開発した器具の使用イメージ。マスクなども含めて非常に多くの器具か供給されている

 UCL機械工学部のティム・ベーカー教授は「F1の技術からの助けを受けるという特殊なシチュエーションではありますが、UCL機械工学部とF1のハイパワーパワートレインのエンジニアの密室な関係によって出来上がったコラボレーションです」と述べた。

 アンディ・コーウェル メルセデス・AMGペトロナスF1のハイパフォーマンスパワートレイン マネージングディレクターは「プロジェクトピットレーンとして、F1ファミリーの数多くのスタッフがこのプロジェクトに共感し、高機能の持続的起動陽圧装置を可能な限り早急に作り上げ、人命救助に携われる事を誇りに思います」と述べている。

医療機器もその安全性と、いかなる故障もしてはならないという信頼の両立が必要であり、日々医療現場からのフィードバックを生かして技術者が戦い続けている。一朝一夕で完成させられるものではないのだ。臨時的措置とはいえ医療機器開発の技術にメルセデスが太刀打ちできたのは、一件無駄にも思えるモータースポーツが極限を追い求めてきたからに他ならない

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ