運転中ゲリラ豪雨、水害に遭遇したら覚えておくべき5つのこと


 2017年7月には九州北部にて集中豪雨により大きな被害が発生し、8月に入ってからは関東でも局所的な豪雨が発生しております。

 JAFの調査によると、毎年車両の水没による被害は数十件発生しており、また近年多発するゲリラ豪雨によって冠水、車両故障、そこから遭難するケースも発生しているとのこと。

 本企画では「もし運転中にゲリラ豪雨が発生した時に、覚えておいたほうがよいこと」をまとめました。もしものためにぜひ一読し、心に留めておいてください。

文:ベストカーWeb編集部 監修:渡辺陽一郎 写真:Shutterstock.com


■【大前提】「冠水路には入らない」を徹底する

 自動車にとって「冠水した道路(路面が水に覆われた状態)」の一番恐ろしいポイントは、「路面の状態が視認できないところ」にあります。

 まず水深がわからない。底には深い溝があるかもしれないし、当然白線も見えず、マンホールのフタが開いているかもしれない。鉄骨が沈んでいるかもしれないし、車両止めがあるかもしれない。

 なので原則として「冠水路には極力入らない」を徹底しましょう。

 冠水する道路のポイントはアンダーパスや道路がえぐられているような地形の場所(いわゆるスリバチ状の道路)なので、そういった場所にはなるべく近寄らないようにしましょう。

 遠方からでは冠水の状態が分かりにくいことも、被害を拡大させる原因です。アンダーパスが冠水して被害に遭遇した人に話を聞くと「気付かずに進入したら、クルマが突然(冠水によって)浮き上がった」というコメントがとても多いです。浮き上がった後、水深が深い場所では、クルマは徐々に沈んでいきます。

■①やむをえず入る場合は「ゆっくりと」が鉄則

 そうはいっても、どうしても冠水路を走らなければならない状況に陥るケースもあるでしょう。その場合は「極力ゆっくり走り抜ける」を徹底しましょう。

 これはJAFが実際にテストした結果があるのですが、冠水路を走行する場合は速度を上げて一気に走り抜けるよりも、ゆっくり走ったほうがエンジン停止のリスクは小さかったのです。

 速度を上げると、車両が跳ね上げた水が吸気口からエンジン内部に入り、エンジンが停止、故障、あるいは損傷することになります。

 また前述のように路面が見えない状態だと、何が沈んでいるかわかりません。(焦る気持ちもわかりますが)ゆっくり進んだほうがはるかに安全といえます。

次ページは : ■②アイドリングストップはオフに!