新型スイフトスポーツ VS 欧州スポーツハッチ徹底比較!! 圧勝か? 惨敗か?

 2017年9月に発売した新型スイフトスポーツは、100万円台の価格とスポーティな走りを両立し、高い評価を集めている。

 では、輸入車のホットハッチモデルと比べてどうなのか?

 フォルクスワーゲン(VW)ポロGTI、アルファロメオ ミト、アバルト595、プジョー208GTi、ルノールーテシアR.S.、ミニクーパーの6モデルとコストパフォーマンスを含めた総合的な魅力で比較する。

 文:松田秀士/写真:編集部、VW、FCA
ベストカー2017年11月10日号


欧州テイスト、スイスポは王道ポロGTIを上回る

 新型スイフトスポーツの開発や熟成はニュルブルクリンクをはじめとして、主に欧州で行われている。

 なるほどと思わせるのが、専用開発したコンチネンタルタイヤの採用や、新型スイフト比で25%剛性アップしたリアのトーションビームサスペンションなど。そのほかにもスイフトスポーツからは、欧州的な走りへのこだわりが感じられる。

 欧州テイスト満載といえるわけだが、そんなスイフトスポーツの実力は本場の欧州コンパクトスポーツと比べるとどうなのか? 

 183万6000円~という価格の安さも魅力のスイフトスポーツを、輸入車ライバルと比べてみた。

 まずは、フォルクスワーゲン(VW)ポロGTIを引っ張り出した。VWはドイツのスズキと言ってもいいような大衆車メーカー。VWとスズキのポロGTIとスイフトスポーツはガチンコのライバルだ。

 ところが、スイフトスポーツが新型になったことで大きな差が生まれた。ワイドトレッド化したことで3ナンバーサイズとなってしまったのに対して、ポロGTIは5ナンバーのままだ。次期モデルではポロGTIも3ナンバー化することが予想されるが、日本では5ナンバーにメリットがある。

 では、走りはどうか? 個人的に、ポロGTIの走りは「少し古典的になってきたな」と感じている。新型スイフトスポーツのほうがボディ剛性も高く、ステアリングを操舵した時の微小舵域がしっかりとしている。

 しかし、ポロGTIに搭載される1.8Lターボのパフォーマンスは圧倒的に上だ。ただ、300万円+αの価格でドーンと出せば、これくらい当たり前か!? この勝負、スイフトスポーツの勝ち。

ホットハッチの王道モデル、VW ポロGTI(327万9000円〜)
ホットハッチの王道モデル、VW ポロGTI(327万9000円〜)

アルファ&アバルト 対イタリア勢でどうか?

 次に、アルファロメオミトとはどうか? 

 一番気になるのが、マルチエアと称する1.4Lターボエンジン。パワーは135psで、スイフトスポーツと似たレベルにあるが、トルクが19.4kgmと低い。な~んだ、と思うかもしれないが、実はコレはアルファのD.N.Aシステム。

 Dのダイナミックモードをセットすれば23.5kgmのトルクを発生し、俄然力強い。NとAはエコ燃費モードだ。使い分けを考えているのはイタリアンっぽくなくて賢いぞ。しかし、ハンドリングはスイフトスポーツに軍配が上がる。

 次も同じイタリアン、アバルト595と比べてみる。ベースはフィアット500で、これをアバルトがチューニングしている。1.4Lターボは145ps/18.4kgm。しかし、こちらもSPORTスイッチを押すことで最大21.4kgmのトルクを発生する。

 フィアット500がベースゆえコンパクトで取り回しが楽だが、意外に1110kgと車重はそこそこある。市街地をキビキビ走るには5速MTモデルは最適。しかし走行性能は、低速から高速まで安定性の高いスイフトスポーツの敵ではないと思う。

2017年に改良新型登場のアバルト595(293万7600円〜)
2017年に改良新型登場のアバルト595(293万7600円〜)

プジョー&ルノー勢が1番の好敵手

 続いて、プジョー208GTiとルノールーテシアR.S.。はっきり言って、価格差を考えなければこの2台が一番のライバルかもしれない。

 まず208GTiは極端に小さなステアリングとその独特なドライビングポジションに魅かれる。エンジンは1.6Lターボで208ps/30.6kgmを発生し、スイフトスポーツと同じ6MTしか設定がなく、走りの硬派度は似たようなもの。

 ルノールーテシアR.S.もエンジンは1.6Lターボ。パワーとトルクは200ps/24.5kgmだ。

 スイフトスポーツも含めてこの3台に共通するのは、トルク重視のターボエンジンと、サスペンションにお金をかけすぎずに高いハンドリングを達成していること。

 よりレーサーチックなのはルーテシアR.S.だが、長距離移動も考慮すると208GTiとスイフトスポーツの2台が魅力的。う~ん、この2台の実力は互角か? しかし、やはり最後は価格で、スイフトスポーツを推したいと思う。

6MTを採用するプジョー208GTi(322万円〜)
6MTを採用するプジョー208GTi(322万円〜)
2ペダルのDCTを採用するルーテシアR.S.(284万円〜)
2ペダルのDCTを採用するルーテシアR.S.(284万円〜)

MINIにも優勢! 価格と走りを高次元で両立したスイスポの価値

1.5L直3ターボ搭載のミニクーパーS(342万円)
1.5L直3ターボ搭載のミニクーパー(272万円)

 そして最後が、このコンパクトクラスの王道ともいえるMINIクーパーだ。エンジンは1.5Lターボで136ps/22.4kgmを発揮。スイフトスポーツと近い。

 しかし、MINIを購入する人はMINIでなくてはダメで、他モデルに目もくれない。ゴーカート的な敏捷性の高いハンドリングなのに、静粛性と乗り心地がよかったりと、走りは意外にスイフトスポーツとも共通する部分がある。しかし個性ではスイフトスポーツは負ける。

 さて締めよう。こうやって欧州勢と比較するとハッキリする。この価格でこの個性と性能を達成しているスイフトスポーツはエライ!!

初の3ナンバー&ターボエンジン化を果たしたスイフトスポーツ、183万6000円〜という価格は欧州勢に対しても高いコストパフォーマンスを誇る
スイフトスポーツの183万6000円〜という価格は欧州勢に対しても高いコストパフォーマンスを誇る

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ