インプレッサ、フォレスターは何位? スバル 北米・欧州で売れてる車 ベスト5


日米とは違う車種が首位に!! スバル欧州販売 ベスト5

■1位:フォレスター/1万3650台

 日本1位のインプレッサ、米国1位のアウトバックを上回り、欧州で“最も売れてるスバル車”はフォレスターだ。1万3650台は米国での販売台数より少なく、日本での台数と比べても約7割。

 ところが意外や意外、グローバルで最も売れているスバル車は、このフォレスター。米国1位のアウトバックより「世界各地で満遍なく売れている」(スバル広報部)ことで、“世界で最も売れているスバル車”となっているのだ。

■2位:XV/1万833台

 XVは欧州でも安定した人気で2位。日欧米すべての地域で、ベスト3以内にランクインだ。欧州でのインプレッサ(5ドア)の販売台数と比べると、実に10倍超の売れゆき。

 近い将来、世界的にはインプレッサよりXV(クロストレック)の名がメジャーになる日も近い!?

■3位:アウトバック/7084台

 米国で1位のアウトバックは欧州3位。日本では年間7834台売れているので、台数的にはほぼ同数。

 スバル車全体では欧州より日本の販売台数が多いことを考えると、アウトバックは、日本より欧州での支持が高いことがうかがえる。こちらもディーゼルエンジン車をラインナップしている。

■4位:レヴォーグ/2898台

 当初、国内専用車というイメージが強かったレヴォーグながら、実は欧州でも販売されていて4位にランクイン。

 台数を見ると、日本では「アウトバックよりレヴォーグ」、欧州では「レヴォーグよりアウトバック」という、日欧の“傾向”がよくわかる。

■5位:インプレッサ/1040台

 欧州では4ドアセダンの販売はなく、こちらは5ドアのみの販売台数。同車格は、VWゴルフなどがひしめく定番クラスなだけにライバルも強豪。

 逆に言えば、クロスオーバー化したXVが人気を得ていることで、スバルの「強み」がハッキリわかる結果と見ることもできる。

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ