【楽しく走って無駄な出費は抑える!!】 アナタのその乗り方…年▲万円損してるかも!?


燃料代に保険代…そもそもクルマを買うにはなにかとお金がかかるけれど、『ベストカーweb』読者の皆さんにはすこしでも「損しない」お金の使い方をしてほしいではないか!
でも「ギスギス・ケチケチ」なんて、それじゃちーとも『ベストカーweb』らしくない。目指すは「楽しく走って賢く節約できる」カーライフのススメ!今回は9つ+αをご紹介!

※本記事は2017年3月時点のものです。
文:ベストカー編集部
写真:shutterstock.com、ベストカー編集部
初出:ベストカー2017年3月26日号


■アクセルの踏み方次第で年間2万円が無駄になる!?

同じ距離を走るのでもガソリン代は安いほうが嬉しいものだし、同じガソリン代を払うにしてもより遠くに行けるほうがやはり嬉しいもの。仮にガソリン1Lが120円、年間の走行距離を1万kmだとすると、燃費が15km/Lではガソリン代が約8万円かかるのに対し、燃費が20km/Lではガソリン代は約6万円に圧縮できる。

それを念頭に置いたうえで、一般道では無駄なペダル操作をなくすことが燃費向上の大きなカギとなる。例えば、前方の交差点の信号が赤となり、停止しなくてはならない場合にアクセルを踏むような運転は御法度だ。前方が赤信号なのに漫然と加速し、直前でブレーキを踏む。これはガソリンの大きな無駄遣いだといえるだろう。

バックミラーで後続車との車間距離を確認し、もし広いようならアクセルを戻しつつ、アクセルを全閉にしてなおかつ1500回転ほどのエンジン回転数で作動する燃料カットを使いながら減速し、最低限のブレーキ操作で停止するのが最も効率的。後続車が走行している場合は緩い加速をしながら最低限の速度をキープしておけば、後続車を苛立たせるようなこともないはずだ。

2割は燃費が変わる!! アイドリングストップの上手な利用法

アイドリングストップが付いているクルマの場合、市街地走行での燃費向上に極めて有効。市街地走行のみだと、アイドリングストップの有無でおおむね2割は燃費が変わってくる。過去にベストカーで行ったハスラーのテストでは、アイドルストップオンからオフにすることで燃費が14%低下したことが判明している。

停止後にブレーキペダルを踏み足すことでアイドリングストップが始まるトヨタ車やマツダ車の場合は、渋滞中などにみられる「ギリギリ、止まりそうで止まらない」といったケースで、エンジンが止まってまたすぐにかかるような不要なアイドリングストップの発生を防ぎやすくなる。

さらにアイドリングストップに有効なのが冬場のヒーター。というのもヒーターが効き始める水温のほうが、アイドリングストップが可能になる水温よりも高いからだ。エンジンをかけてすぐにヒーターを使おうとすると、完全にヒーターが効き始めるまではアイドリングストップしなくなる。

そこで冬場のエンジンスタートは、充分な防寒対策として上着を着たまま、エンジンが温まるまではヒーターを使わないようにすることで燃費向上が狙える。移動距離が10km未満のような短距離移動の場合、これだけで5%ほど燃費が変わり、ハイブリッド車やスペースの広いミニバンだと10%近く燃費が向上することもある。

市街地走行だとアイドリングストップがオンになっているか、なっていないかで給油量に大きな差が出てくる。燃費向上のために積極的に使っていきたい
市街地走行だとアイドリングストップがオンになっているか、なっていないかで給油量に大きな差が出てくる。燃費向上のために積極的に使っていきたい

次ページは : ■高速道路では80〜90km/hがベスト!

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ