FF化後も3世代で進化したレビン/トレノの最強モデルはどれ?  

5バルブやスーパーチャージャー搭載!! FF化後も3世代で進化したレビン/トレノの最強モデルは?

 最後のFRとしてブームになるほどの人気を集めたAE86型のカローラレビン/スプリンタートレノ。

そのAE86の後継車となるFFレイアウトに変更されたAE92型以降のレビン/トレノは、FRのAE86ほどの多数のファンは集めなかったものの、走りの性能では圧倒的に勝るFFのライトウェイトスポーツとして3世代に渡って進化していった。

 FF車となったレビン/トレノのAE92型ではパワフルなスーパーチャージャーエンジンがラインナップされ、AE101型では5バルブエンジンを搭載。そして、AE111型ではさらなる走りのパフォーマンスアップが図られ登場した。

 そんな5代目から7代目までのFF化後のレビン/トレノとは。そしてそのなかでも最強モデルはどれだったのか?

文/片岡英明  写真/TOYOTA、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】もはや伝説のライトウェイトスポーツ!! 歴代のレビン/トレノを写真でチェック!!


■レビン/トレノはFRのライトウェイトスポーツから始まった!

 1クラス下の軽量コンパクトなボディに、パワフルなパワーユニットを搭載し、飛びぬけて速いクルマに仕立てたのがライトウェイトスポーツだ。その代表が、カローラレビンと兄弟車のスプリンタートレノである。

 この駿馬が誕生したのは1972年3月だ。2代目の20系カローラとスプリンターの2ドアクーペをベースに、切れ味鋭い1588ccの2T-G型直列4気筒DOHCエンジンを積み、サスペンションをハードに締め上げた。リベット留めのFRP製オーバーフェンダーも走り屋たちの憧れとなっている。

1972年にデビューしたTE27型初代カローラレビン。セリカ1600GT(ダルマセリカ)の2T-Gエンジンを軽量コンパクトなカローラに積みたい! という発想からTE27レビンは開発された

 1974年春、ベース車がモデルチェンジしたのを機に、カローラレビンとスプリンタートレノも第2世代に移行していった。レビンは2ドアハードトップ、トレノはクーペフォルムと、大きな差別化を図っている。

 そして1979年春に3代目にバトンタッチした。ボディタイプはハッチゲート付きの3ドアクーペだ。2代目まではソレックス・キャブを2連装していた。が、排ガス規制を乗り切るために3代目のレビンとトレノは電子制御燃料噴射装置のEFIを装着する。

1979年に登場したTE71型カローラレビン。レビン/トレノのボディは3ドアハッチバックのみだが2ドアハードトップのカローラ1600GTも人気の存在だった

 そして排ガス対策が一段落した1980年代になると、トヨタは積極的にパワーユニットを新世代に切り換えた。レビンとトレノが積んでいたDOHC 2バルブの2T-G型エンジンも3世代で使命を終えている。

 新世代の1.6Lツインカムを搭載した記念すべき最初の搭載車は、1983年5月に登場したAE86型レビンとトレノだ。ファミリー系モデルは駆動方式をFFに転換したが、走りの愉しさを第一に考えるレビンとトレノは後輪駆動のFRを守り通した。

1983年にフルモデルチェンジしたAE86型カローラレビン。シャシーとサスペンションは先代のTE71がベースの古い設計になっている

 ボディタイプは、3ドアのハッチバッククーペと2ドアのノッチバッククーペが用意されている。トレノはポップアップ式のリトラクタブル・ヘッドライトだ。

 心臓は、レーザーαツインカム16バルブと呼ばれた4A-GEU型直列4気筒DOHC4バルブで、総排気量は1587ccである。燃料供給は最新の電子制御燃料噴射装置EFI-Dを採用した。吸気側にT-VISを配した4A-GEU型エンジンは、クラス最強スペックだ。7000回転まで気持ちよく回り、レスポンスも鋭い。

 トランスミッションはクロスした5速MTと電子制御4速ATが用意された。

 サスペンションは、フロントが改良型のストラット、リアはラテラルロッド付き4リンクのリジッドアクスルだ。連載漫画の主人公がトレノに乗り、峠道で痛快な走りを見せたことから、その実力は過大に評価された面もある。だが、FRならではの振り回すドライビングは理屈抜きに楽しかった。

 ドライビングテクニックを磨くには最適なスポーツモデルだったが、限界域での挙動に不安定なところがある。何度かスリリングな場面に遭遇したが、チューニングパーツが豊富に用意されていたから自分好みのライトウェイトスポーツに仕立てることができた。

 また、レストアしたAE86は、最新の技術を用いてチューニングしているから、不安なく攻めの走りを楽しむことが可能だ。

■AE92型5代目レビン/トレノ初のFF化モデル

 1987年5月に登場した次の世代のAE92から、レビンとトレノはFFのスポーツクーペに生まれ変わった。ボディタイプは2ドアクーペだけとなり、プアマンズ・ソアラのようなポジションに落ち着いている。

 エンジンは横置きにマウントされ、前輪を駆動した。改良された4A-GEU型直列4気筒DOHC4バルブに加え、スーパーチャージャーで武装した4A-G ZE型DOHC4バルブが登場したことが新しい。1989年夏にエンジンにメスを入れ、パワーアップしたが、スーパーチャージャー仕様を含め、高回転まで気持ちよく回るように改善されている。

1987年に登場のAE92型カローラレビンGT-Z。スーパーチャージャーの4A-GZEはAE92より先にAW11型MR2に搭載されていた

 サスペンションは、4輪ともストラット/コイルの4輪独立懸架だ。シャシーが新しくなったこともあり、素直でコントロールしやすいハンドリングを手に入れている。全体にマイルドな性格になったから、荒々しいAE86を懐かしむファンも多かった。だが、素性のよさに加え、速さもピカイチだ。

 実力が高いことはグループAレースなどでチャンピオンに輝いたことからもわかる。

次ページは : ■AE101型6代目レビン/トレノ 4A-Gエンジンが5バルブへと進化

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ